【エンタメ】黄昏旅団|ろくでなしの落伍者グンは、ある出会いをきっかけに、怪しい団体に引き込まれた一家を助けることに。その方法は、彼らの‟道”を歩くこと!‟歩く者”たちの、壮大かつ奇々怪々な旅路。真藤順丈テイストの、驚きに満ちた異色のロードノベルです。

作者名:真藤 順丈   文春文庫

人生の大半を路上で過ごしてきた、ろくでなしの青年・グン。妻・娘とともに施設に入所した桧山優作が、幼い息子だけを置き去りにしたのは何故なのか。心象風景=“道”を歩いたグンは、驚愕の真実に突き当たる…。古より存在する「歩く者」たちと、世界の壮大な意味。圧巻のラストへと導かれる異次元ロードノベル。

独特な語り口も癖になる?

意外過ぎる場所を歩く、真藤順丈の超個性派ロードノベル!

スポンサーリンク

異色のロードノベル度:★★★★★

ロードノベルは数あれど、本作は、移動する場所が何とも変わっています。

主人公は、ろくでなしの落ちこぼれ青年・グン。

路上でその日暮らしをしていましたが、

次第に他の落伍者たちと交流を持つようになり、

その中で、両親と姉から離れて暮らしている8歳の男の子・マナブと出会います。

両親と姉は、貧困者の救済をうたっている団体「蒼穹の家」のコミューンに、

世間と縁を切り、入所したらしいのですが、

なぜか幼いマナブは、親戚に預けられ置いてけぼりに。

家族に会いたいと願うマナブのために、

仲間のタイゼンと、彼の知り合いの謎の女性・アイラアイラとともに、

グンは、どこか怪しい団体の調査に出かけます。

そこでグンは、「他人が歩いてきた道」を歩く冒険に出る羽目になり、

「歩く者」の一人として、他者を救う手助けをすることに…!

「他人が歩いてきた道を歩く」とは何ぞや?という感じですが、

グンとともに⁇を味わいながら、読み進めていくと楽しいです。

独特の語り口度:★★★★

主人公はグンですが、文章は三人称的。

「~です。」「~なのでした。」といった、

丁寧で滑らかな、ですます調で、そこだけは少しおとぎ話チック。

上品な語り口なのに、たまに毒舌を吐く感じの文章が、

何だか個性的で楽しめました。

物語が進むにつれて、割と重い展開にもなるのですが、

意外とスイスイ読めてしまうのは、文章の力なのかもしれません。

W受賞作「宝島」も、沖縄の方言うちなーぐちが使われていましたが、

斬新で面白い文章を書くのが、すごく上手い作家さんです。

ダメダメ登場人物の魅力度:★★★

トラブルに巻き込まれていそうな家族を救わんとするのは、

路上でダラダラ過ごし、現状を変えようとする気もなさそうな、タイゼンとグン。

タイゼンは普段は、酒と大麻で奇行が目立ち、

グンは就職しようとせずに、流れ流れ路上のグループに加わった青年です。

この2人、命がけの旅をしている最中でも、残念な掛け合いが止まらず、

シリアスな話のはずなのに、ところどころ笑えます。

グンの情けなさは、主人公として大丈夫?と言いたくなるくらい。

しかし、根はそんなに悪くなさそうだし、タイゼンも時には頼りになり、

何だか嫌いになれない2人組。

序盤ダメダメな2人の物語が、

後半、まさかこんなに壮大で感動的なことになるなんて…と驚き、

クライマックスには、このコンビがすっかり好きになっている…そんな物語でした。

随所に驚きが用意されている、退屈しないエンタメ小説。

独創的な作品が読みたい人に、おすすめです。

黄昏旅団 (文春文庫) [ 真藤 順丈 ]
楽天ブックス
¥ 880(2021/05/22 14:17時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました