【エンタメ】ドミノ|契約書待ちの緊迫のオフィス、下剤を盛られた子役、推理バトル中の大学生、泥沼カップル、警察OBの俳句仲間たち、来日中の映画監督。東京駅で、27人+1匹の運命が交差するとき、大事件が勃発する。恩田作品随一のスピード感にあふれる、エンタメ小説。なんと今年、第2弾「ドミノin上海」が!

作者名:恩田 陸   角川文庫

一億円の契約書を待つ、締切直前のオフィス。オーディション中、下剤を盛られた子役の少女。推理力を競い合う大学生。別れを画策する青年実業家。待ち合わせ場所に行き着けない老人。老人の句会仲間の警察OBたち。真夏の東京駅、二七人と一匹の登場人物はそれぞれに、何かが起こる瞬間を待っていた。迫りくるタイムリミット、もつれ合う人々、見知らぬ者同士がすれ違うその一瞬、運命のドミノが次々と倒れてゆく! 抱腹絶倒、スピード感溢れるパニックコメディの大傑作!

終始ハイテンションの、パニックエンタメ!

コメディタッチで描かれるドタバタ劇は、まさにドミノ倒しのごとく!

スポンサーリンク

27人+1匹、みんな主人公度:★★★★★

東京駅に、それぞれ集まった、目的やトラブルを抱えた人たち。

本作で描かれるその人数、なんと27人!(あと1匹)

名前と役割がちゃんと与えられている登場人物が、かなり多い作品ですが、

おざなりにされている感じはなく、1人1人が、こういう人間なんだと、

しっかりと描かれています。

おのおのの視点が細かく分かれて、つぎつぎ語られていきますが、

あっちのトラブルがこっちに飛び火し、

会いたい人に会えず、ちょっと出かけただけなのに事件に巻き込まれ、

警察沙汰の大騒動に、あれ?いつの間にか巻き込まれている!

とんでもない計画を実行に移そうという、怪しい人物が集まるわ、

東京駅に、追加と言わんばかりにトラブルメーカーが到着するわ…。

事態は、どんどんカオスな状況に。

スピーディーにハイテンションに進む物語は、どんどん加速して、

気が付いたら読み終わっていました。

個性爆発度:★★★

1人1人のパートは短いですが、その人のキャラクターがしっかり描かれています。

というか、みんなキャラが濃いので、いちいち印象に残るというか(汗)

なので、大人数が出てくる作品でも、

この人誰だったっけ?と、あまり読み返さずに進めるかと。

オーディションで下剤を盛られた子役の女の子や、

推理バトルで、次期ミステリ連合会の幹事長ポストを狙う大学生たち、

ペット捜索に出る、来日中のホラー映画監督、

集合場所を間違え、なかなか俳句友達に会えないおじいさん、

迷った俳句友達を探す、警察官OBのたくましい面子、

どろどろの修羅場を繰り広げる、3人の男女など。

みんな迷走していますが、いちばんぶっ飛んでいて笑えたのは、

会社のノルマ達成の、危機的状況を乗り越えようとする、

生命保険会社の社員たち!

千葉からもトラブルを呼び寄せ、東京駅でありえない事態を引き起こします。

女性社員が、強い。強すぎる(笑)

うまい具合に回っていく度:★★★★

登場する面子の中には、深刻なトラブルを抱えている人たちも。

彼らのトラブルも、解決どころか暴走しだして、

暴走したまま、他の事件と絡んじゃって…。

収束できるのかな?というくらい、わちゃわちゃしますが、

これが、上手い具合に回っていくんです。

クライマックスは、ハラハラしつつも、笑いが止まらない!

大人数の視点で進む恩田作品は、「消滅(上・下)」がありますが、

こちらはもっと緊迫の雰囲気。

「ドミノ」の、スピード感とテンションが気に入った方は、

ハヤカワ文庫の「ロミオとロミオは永遠に(上・下)」も、

ぶっ飛び設定とハイテンションで楽しめると思います。

こちらは、シリアスとアクションもあり。

幻想的ではない、不穏な謎に満ちてもいない、

エンタメに特化した恩田作品も、おすすめです。

ドミノ (角川文庫) [ 恩田 陸 ]
楽天ブックス
¥ 704(2021/05/09 21:41時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました