【エンタメ】鴨川ホルモー|「ホルモー」とは何ぞや?京の町で繰り広げられるのは、4大学の熱き戦い!謎のサークルに招かれた新入生たちは、誰一人予想していなかった、異色すぎる大学生活へ…恋も友情も闘いも暴走気味の、ハイテンションエンタメ!

作者名:万城目(まきめ) 学   角川文庫

このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)でした。このごろ都にはやるもの、協定、合戦、片思い。祗園祭の宵山に、待ち構えるは、いざ「ホルモー」。「ホルモン」ではない、是れ「ホルモー」。戦いのときは訪れて、大路小路にときの声。恋に、戦に、チョンマゲに、若者たちは闊歩して、魑魅魍魎は跋扈する。京都の街に巻き起こる、疾風怒濤の狂乱絵巻。都大路に鳴り響く、伝説誕生のファンファーレ。前代未聞の娯楽大作、碁盤の目をした夢芝居。「鴨川ホルモー」ここにあり!!

大学生たちのコメディかと思ったら、何とも意外な話に!

ファンタジーでも、アクションでもあります。映画も面白い!

スポンサーリンク

謎のサークル度:★★★★★

大雑把に言うと、勧誘された新入生たちが、サークルの正体を知らされてびっくり。

驚きながらも、練習を重ね、4大学対抗戦に臨む!という話です。

この戦いが「ホルモー」。

あるものを使って戦うのですが、珍妙な掛け声やらを覚えなければならず、

なかなか体育会系のサークルです。

京都の有名大学4校に、それぞれホルモーのチームがあるのですが、

これがなかなか伝統的というか…。

主人公が所属するのは、京都大学青龍会。

他校は、京都産業大学玄武組・立命館大学白虎隊・龍谷大学フェニックス。

この4校が、四条烏丸交差点で一堂に会するのは、なんだか熱い…。

あと、後輩への代替わりの儀式が、笑うしかない!

異色の青春度:★★★★

訳の分からないサークルに、主人公が入るのは何故か?

一目惚れしたからです。(ある女性の美しい‟鼻”に)

大学生同士の恋愛と、いさかいと、ちょっと変な友情とがもろもろ絡み合って、

主人公の代のホルモーは、異色の展開に!

京都の町で、謎の若者たちが謎の行動をしているんだから、近隣住民は一体どう思っていたのか(笑)

何とも変わった青春を送ることになる学生たちですが、

こんなサークルがあるなら、私はぜひとも入りたいです!

すれちがい度:★★★

ホルモー戦が、物語の主軸なんですが、

登場人物のすれちがいで起きる、てんやわんやも大事な要素に。

喧嘩してトラブルになるから、50年ぶりに、

「ホルモー特例第17条」が発令されてしまうのです。

例年通りに、ホルモーをやっていれば、体育会系サークルの試合と言えないこともなかったのに…。

ホルモーの内容が明かせないから(知らないで読んだ方が、面白いと思います)、

詳しくは言えないけれど…

そんなに危なくないんじゃ?と思っていたものが、ふいに怖い一面を見せてきて、

クライマックスでは緊迫の状況になります!

映画では、CGで迫力の映像に!

変わった学校生活、謎の部活動。

そういったものが好きな人に、おすすめです。

もちろん、京都好きにも。

鴨川ホルモー (角川文庫) [ 万城目 学 ]
楽天ブックス
¥ 616(2021/06/26 11:25時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました