【エンタメ・パニック】ファントム・ピークス|行方不明だった妻の骨が、見つかった…用心深かった彼女に何が?悲しみに暮れる夫をあざ笑うかのように、山ではつぎつぎ行方不明者が!そして明らかになる山に潜む‟何か”の、予想外すぎる正体とは!一気読み必至の、パニックエンターテイメントの傑作!

作者名:北林 一光   角川文庫

長野県安曇野。半年前に山で行方不明となった妻の頭蓋骨が見つかった。三井周平は悲嘆に暮れながらも、遭難場所から遠く離れた場所で発見されたことに疑問を持つ。あれほど用心深かった妻に何があったのか?数週間後、沢で写真を撮っていた女子大生が行方不明に。捜索を行う周平たちをあざ笑うかのように第三の事件が起こる。山には、一体何が潜んでいるのか!?稀有の才能が遺した、超一級のパニック・エンタテインメント。第12回松本清張賞最終候補作。

「あれ」は、こんなに恐ろしい存在だったのか…。

どうしようもなく追いつめられる人間たちの、決死の戦い!

スポンサーリンク

一級のサスペンス度:★★★★★

主人公は、夫婦ともに遅めな結婚をし、

東京から長野の山間部に移り住んできた男性・周平。

知的で、穏やかな中年男性です。

しかし、夫婦で静かに幸せに暮らしていたのに、

最愛の妻が、山で突如行方不明になり、半年後に骨が見つかりました。

慎重な妻に、一体何があったのか。

しかも、事件はこれだけでは終わらず、さらに行方不明者が出たのです。

周平と、農学部野生動物研究会の助手・凛子は、

山で起きている異変の正体を知ろうと、独自に調査。

その後も起きる事件で、ついに‟山に何がいるのか”が明らかになるのですが、

これは予想できなかったー!

正体が分かったあとは、怒涛の展開。

うわ、うわ、うわ~…となる恐ろしい対決。怖い怖い怖い!

なぜこんな事態になってしまったのか、という謎の真相も、

よく考えられていて面白いです!

魅力的な登場人物、無駄なく詰め込まれた内容と、緊迫の戦い、

徐々に緊張感が増していく構成、予想外かつ説得力のある恐ろしい真相。

超一級のエンタメパニック小説という紹介文も納得で、夢中で読んでしまいました。

こんな小説とは思わなかった度:★★★★

山に入った人が、つぎつぎ行方不明になる小説と紹介されていたので、

未知の生命体とか、そういう系の話かな?と思って読み進めたら、

意外な展開でした。

ウイルス?新種?猛獣?宇宙生命体?殺人鬼?

…この中に答えはあるのかないのか、ぜひ、確かめてみてください。

いずれにしても、「えっ怖い…」と、生々しい惨劇シーンに、戦慄せざるを得ません…。

その後の謎の真相が、全くありえなくはない話に思えて、また怖い!

とにかく、「山に入った人間が死んでしまう小説らしい」くらいの認識で読み始め、

おお~!と驚いてほしいです。

人間なんて…度:★★★

人間には、銃をはじめとして色々な武器があって、

大人数でかかれば、たいていは何とかなる、という考えがちょっとはありますよね。

…浅はかだったかも!と思いなおす小説です。

予想以上の危機に見舞われた人間なんて…(泣)

前半は、不気味な‟山にいる何か”に怯え、ひたすら胸騒ぎがし、

後半は、人々のパニックと、何とか対処しようとする人間の命がけの戦いに、

ハラハラしっぱなしです!

角川文庫から出版されている、山を舞台にした2作目「サイレント・ブラッド」も読みましたが、

こちらは父の過去の謎を解こうとするサスペンス・ミステリとなっていて、

だいぶ印象が異なる作品でした。

個人的には「ファントム・ピークス」が好きですが、こちらもなかなかの読み応えです。

3作目「シャッター・マウンテン」は未読ですが、これも面白そう。

ただ、作者さんが亡くなられているんですな(泣)

「ファントム・ピークス」を読み返すたびに、悲しい~。

山歩きには、くれぐれも注意しましょう…。

山での未曽有の危機を、臨場感たっぷりで描いた傑作です!

ファントム・ピークス (角川文庫) [ 北林 一光 ]
楽天ブックス
¥ 748(2021/04/03 10:07時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました