【エンタメ・SF・青春】100億人のヨリコさん|家賃1300円(⁉)の大学寮に移った青年を迎えたのは、独特でたくましすぎる先輩と危険いっぱいの建物、そして血まみれで天井に張り付く依子さん!抱腹絶倒の寮生活と、超絶SF展開!依子さん問題を解決しないと、世界が滅ぶ?圧巻の青春SFホラーエンタメ!

作者名:似鳥 鶏   光文社文庫

貧乏極まり行き場を失くした小磯は、学生課で寮費千三百円という怪しげな「富穰寮」を紹介される。大学キャンパスの奥の奥。そこでは、変人の寮生たちが奇妙な自給生活を繰り広げていた。しかも部屋には、夜な夜なヨリコさんという「血まみれの女」が現れるという。ヨリコさんの正体を解き明かそうとする小磯は、やがて世界の存続をかけた戦いに巻き込まれていく!

世界を救うため、変人寮生たちが立ち上がる!

青春でエンタメでホラーでSF!

ごった煮の鍋のごとくカオスな傑作!

スポンサーリンク

寮生活に爆笑度:★★★★★

貧しい大学生・小磯は新入生のために新しい寮を出なければならず、

生活のために、伝説的にやばい寮と言われる、富穰寮に移る羽目になります。

そして、そこでのとんでもない暮らしに愕然とすることに!

勝手に寮の年号を定め、ブービートラップのごとく穴が開いている廊下を歩き、

池にはピラルク、外をガラパゴスゾウガメが歩き、

なぜか小学生の女の子と母(大学生ではない)が住んでいる。

‟透け感”たっぷりの壁を叩き、壁ドン通信で連絡を取る。

緑色のパンツダケを栽培し、銘酒死体洗いで乾杯し、

就寝中は結構な確率で、窓や天井に血まみれの女性・依子さんが出現し、

常識が通用しない変人たちが、特に気にせず生活している。

……奇々怪々すぎて、もはやどこから突っ込んだらいいものか(笑)

最初は、この富穰寮の生活描写が面白すぎて(小磯くんの突っ込み語りが素晴らしい)、

半分くらいは、ずっと笑いながら読んでいました!

森見登美彦さんとか、万城目学さんとかの、

コミカルな文章が好きな人は、絶対笑えると思います。

それ真面目に検証しちゃうんだ⁉度:★★★★

最初は、とんでも学生生活中心ですが、

この寮に適応しちゃうだけあって、小磯青年もなかなかの変わり者。

依子さん遭遇率が、なぜか抜群に高い彼は、

「いかに怪奇現象とはいえ、こんな存在を研究もせずにスルーしてよいものか」などと考え、

先輩たちと一緒に、依子さんの謎を探ることに。

怪奇現象だから、重力とか法則とか気にせんでも(汗)

研究気質の学生が、突っ込み少なめメンバーで真剣に考えだしちゃうと、

こんなことになるのか…。

SF的思考と理系知識を用いて、仮説は立てたものの、

その後すぐに、依子さん問題は、予想外の展開を迎え、

なんと寮生は、世界存亡をかけた戦いに臨むことになるのです!

どんな展開⁉という感じですが、この辺はもう楽しむしかない!

青春コメディからのホラーからのSFからのエンタメという、

てんこ盛りの、ある意味贅沢な作品になっています。

思いがけないSF度:★★★★

物語後半は、本当に超展開です。

まさか、こんな壮大な作品だったとは…。

個人的には、世界の危機を救うため、変人が立ち上がるという話は好物なので、

かなり好きな作品です。

変人寮生たちの、おのおのの見せ場があって、なかなか熱い!

パンツダケは食べていいのか?とか、

銘酒死体洗い(限りなく消毒用エタノール)は飲んでいいのか?とか、

腋の下で、パンを発酵させることができるのか?とか、

なぜ壁に解読した学生が発狂する数式が書いてあるのか?とか、

これって、すでに犯罪行為ではないのか?とか、もう気にしちゃだめ。

小磯君の突っ込みが面白いから、それでいいのです。

心躍っちゃう珍妙な青春物語(冒険あり)!

他ではあまり読めない作品になっております~!

100億人のヨリコさん (光文社文庫) [ 似鳥鶏 ]
楽天ブックス
¥ 726(2021/07/09 22:28時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました