【ホラー】ずうのめ人形|ホラー大賞「ぼぎわんが、来る」の比嘉姉妹シリーズ2作目。謎の投稿小説に登場する‟ずうのめ人形”…原稿を読んだ人間から、感染するかのように襲われていく!小説に隠された、恐ろしい真実とは…さらには比嘉姉妹との因縁も?怖面白い人気シリーズ、2作目はミステリとしても傑作!

作者名:澤村 伊智(いち)   角川ホラー文庫

不審死を遂げたライターが遺した謎の原稿。オカルト雑誌で働く藤間は後輩の岩田からそれを託され、作中の都市伝説「ずうのめ人形」に心惹かれていく。そんな中「早く原稿を読み終えてくれ」と催促してきた岩田が、変死体となって発見される。その直後から、藤間の周辺に現れるようになった喪服の人形。一連の事件と原稿との関連を疑った藤間は、先輩ライターの野崎と彼の婚約者である霊能者・比嘉真琴に助けを求めるが―!?

後半、驚きの真実と戦慄の結末が…ミステリとしても秀逸!

「ぼぎわんが、来る」に続く、恐怖の第2弾!

スポンサーリンク

変わらず怖い度:★★★★

都市伝説やオカルト話を扱う雑誌で、ある怪談の記事を書いたライターが、

両目をくりぬかれた状態で発見されます。いきなり怖っ。

その現場から、ある投稿小説の存在が明らかに。

それは、複雑な家庭環境で学校でもいじめにあう、ホラー好きな少女が、

「ずうのめ人形」という怪異に遭遇するという、実話風の作品。

この小説を読んだ青年・藤間の前に、作品に出てくるずうのめ人形が現れ、

目撃するたびに、どんどん近づいてくる…。いや~な展開。

先に読んだ人間も殺されており、人形に追いつかれた時が最期らしく、

追い詰められた藤間は、知り合いのライター・野崎に助けを求めます。

そして比嘉妹・真琴が出陣!というのが、おおまかなあらすじ。

ホラー大賞を受賞した前作「ぼぎわんが、来る」につづく、比嘉姉妹シリーズ第2弾です。

「ぼぎわん」と比べてどうかというと…

変わらず怖いし、面白い!

「ぼぎわん」は昔から存在する恐ろしい存在でしたが、

今回の「ずうのめ人形」は、最初は都市伝説として語られていた模様。

そのせいか、作中には都市伝説に絡んだ話や、実際のホラー作品がそのまま出てきたりします。

作者の、ホラーへの愛が伝わってくる作品でした。

この「ずうのめ人形」、よくある話を聞いた人の所へ来る呪い、という感じなのですが、

それにしては奇妙な点があり、さらには比嘉姉妹との因縁も明らかになるのです。

人形が、ゆっくり殺しにやってくるって、やっぱり怖い…。

真琴と野崎が活躍度:★★★

投稿原稿の内容と、現在が交互に語られ、第3章からは現在の怪異との対決になります。

原稿の中で描かれる、いじめにあう孤独なホラー好き少女のパートも、

ずうのめ人形に迫られる中、必死に謎を解こうとする現在のパートも、

どっちも怖くて、ハラハラです。

今作でも、妹・真琴と、婚約者のライター・野崎のコンビが、怪異を解明しようと奮闘。

今回の敵「ずうのめ人形」は、話を聞いた人のところに現れ、

だんだん距離を詰めてきて、最終的に殺されます。

しかも、こいつには、何とも迷惑な性質が……う~む、ぼぎわんに負けていません。

昔から存在する古きもので、ひたすらしつこく狙った獲物を狩ろうとする、ぼぎわん。

都市伝説という「広がり」事態が恐怖で、無差別的怖さがある、ずうのめ人形。

いやいや、どっちも激しくお断りしたいです(汗)

今回の敵は非常に厄介な相手で、正体も対抗策も分からない。

手掛かりは、投稿された原稿だけ…これも誰が送ってきたのか分からない。

生き延びるためには、この謎を解くことが必要であり、

ミステリ小説としても面白かったです。

これは騙される度:★★★★★

第2章の終わりでも、えっ?となりましたが、

第3章のクライマックスに、騙された―!ってなりました。

いや、読んでいて、全然気が付かなかった。

そして、元凶に対する、あまりにも容赦のない結末に、震撼…!

「ぼぎわん」では、ぼぎわんの恐ろしさがまず印象に残り、

人間のエゴも描かれていたなぁという感じでしたが、

「ずうのめ」では、ずうのめ人形の恐ろしさよりも、

人間の醜さが目立つくらいだったかもしれません…。

「ぼぎわん」が好きか、「ずうのめ」が好きか、ぜひ読み比べていただきたいです!

3作目「などらきの首」は短編集ですが、どのエピソードもクオリティが高いですし、

4作目「ししりばの家」では、また新たな戦慄が…。

初めてホラーで、シリーズ全部集めようと思った作品です。

怖さでも面白さでも、本当におすすめ!

緻密なプロットで迫る、恐怖と驚愕!

ぜひ、「ぼぎわん」と読み比べてみてください。

ずうのめ人形(1) (角川ホラー文庫) [ 澤村伊智 ]
楽天ブックス
¥ 836(2021/07/09 11:38時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました