【ミステリ・青春】アイスクリン強し|江戸あやかし物語「しゃばけ」シリーズ作者が、今度は明治時代を描く!文明開化で激しく変化する世の中で、若者たちは走る走る!西洋菓子店の若き店主と‟若様組”の巡査たちは、つぎつぎ事件に遭遇し…行動力と鋭い推理、甘いお菓子で切り抜ける?

作者名:畠中 恵 講談社文庫

お江戸が東京へと変わり、ビスキット、アイスクリン、チヨコレイトなど西洋菓子が次々お目見え。築地の居留地で孤児として育った皆川真次郎は、念願の西洋菓子屋・風琴屋を開いた。今日もまた、甘いお菓子目当てに元幕臣の警官たち「若様組」がやってきて、あれやこれやの騒動が…。キュートな文明開化物語。

素敵なお菓子と、魅力的な登場人物たち!

ただし、キュートなだけの物語ではなく…

時代の変遷に四苦八苦する、若者たちの生き様に注目!

スポンサーリンク

歴史の勉強になる度:★★★★

舞台は明治23年、江戸が明治に変わり、世の中は文明開化一色。

年号が変わり、わずかの間にあまりにも世の中が変わって、

時流に乗って栄える人物もあれば、今までの特権を失い没落する家もある、激動の時代です。

主人公は、念願だった西洋菓子屋「風琴屋」を開いた青年・皆川真次郎(愛称:ミナ)。

彼は、両親を亡くしてから、訳あって、外国人居留地で育ったため、

外国語が得意で、西洋の料理や菓子作りが得意。

彼はお菓子作りの腕は素晴らしいようですし、なかなか聡明なのですが、

世の中は、まだ気軽に庶民が西洋菓子を買ったりせず、お店の運営は苦労の連続です。

そのお菓子目当てでよく来るのが、元幕臣で世が世なら裕福な旗本の跡取りだったはずの、

巡査たち。自称「若様組」。

と、ここまで舞台とメインの登場人物について書いてみただけでも、

明治時代になって、人々の事情がだいぶ変わっているのが感じられます。

本作を読んでいくと、新時代に移り変わり、

どのような人物が成功したのか、なぜやんごとない家柄の人間が没落せざるを得なかったのか、

近代的になる町の片隅でどんな事態が起きたのか、

海外との交流が進んだことで生じた新しい問題とは何なのか、

この時代の経営者や若者は、何を考えどう生きようとしたのか…

といったことが分かり、色々と勉強になる!

楽しみながら、歴史を少し学べる…お得かもしれません。

タイトルが秀逸度:★★★★★

5つの短編からなり、各タイトルにはスイーツの名前が。

このタイトルのつけ方が、読み終わった後、なるほど!という秀逸なつけ方。

第1話「チヨコレイト甘し」では、ミナと若様組が、旧松平藩のトラブルに巻き込まれます。

新時代に新しいお菓子の店を開こうとするミナ、巡査という仕事で生きようとする若様たちと、

お家再興の可能性にしがみつく元藩士の姿が対照的。

そしてこの話、甘いのはチヨコレイトではなく…でも納得のタイトルなのです。

第2話「シウクリーム危うし」は、1話で華やかな居留地の洋館を見た後からの、貧民街の話!

穏やかな青春ミステリではないと気づかされます。

タイトルの本当の意味に、ハッとしました!

第3話「アイスクリン強し」では、いい加減な記事を書いた新聞社に乗り込むのですが、

そこでとんだ騒動が。

解決の糸口になるのは、武力ではなく…。

傍迷惑な騒動に巻き込まれつつも、生き生きとした面々と、

時代の流れを考えさせるミステリが面白い表題作でした。

第4話「ゼリケーキ儚し」は一転、コレラ感染の危機という深刻な話。

格差問題や若様組のままならない立場に加えて、女性ならではの問題も浮上しますが、

ヒロインの魅力が満載で、ニヤリとする場面も。

第5話の「ワッフルス熱し」は、最後の話だから!と言わんばかりの、

若様組の暴れ…活躍っぷりが描かれて、ほのぼのとして好きです。

とにかく、どの話のお菓子も美味しそうで、これは夜中に読むと危険かも(笑)

魅力満載のキャラクター度:★★★

口では文句を言っても、何だかんだで面倒見がいいお人好しのミナ。

飄々として、ミナをよくからかいつつも、頼りになる若様組の中心・長瀬。

成金の貿易商の娘で、2人とは幼友達。可愛くて気が強い令嬢・沙羅。

この3人がメインですが、沙羅の父親や若様組のメンバーも、いい性格してらっしゃる!

とくに好きなのが、若様組の中でも、目立って美男子である園山です。

美男子で剣の達人なのに、何かとキレて暴走しやすく、

どの話でも、気を使われまくってるのがツボにはまりました。もはやギャグ要員(笑)

世知辛いなぁ…という内容も多々描かれるのですが、

作品全体としては、爽やかでほのぼのとした雰囲気があり、

それは美味しそうなお菓子と、生き生きした若者たちのおかげだと思います。

個人的に夏にアイスクリームから連想して、たまに読み返したくなる作品。

読むと、頑張ろうかな…という気持ちになる作品です。

お菓子食べたくなるから、午後に読むのがおすすめ(笑)

アイスクリン強し (講談社文庫) [ 畠中 恵 ]
楽天ブックス
¥ 607(2021/07/11 11:56時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました