【ミステリ・歴史】クロコダイル路地|小説の女王、渾身の大作!挿絵付きの豪華保存版。フランス革命で傷を負った、貴族の従者・大商人の嫡男・貧しい市井の兄妹。運命を狂わされた若者たちの、痛みと復讐を描く、壮大な歴史ミステリ!緊迫の状況と、追い詰められる心理の描写は、圧巻です。「開かせていただき光栄です」のメンバーも出演。

作者名:皆川 博子   講談社文庫

運命が運び、連れ戻すところに、われわれは従おう―。1789年、フランス革命によって階級制度は崩壊し、ピエール(貴族)、ローラン(商人)、コレット(平民)の運命は変転する。三人は、革命期の不条理によって負った「傷」への代償として、復讐を試みるが。小説の女王が描く壮大で企みに満ちた歴史ミステリー。

復讐を試みる、革命で傷ついた若者たち。

傷ついた繊細な心に住まう、クロコダイルが象徴するものとは?

フランスとイギリスを舞台に描かれる、壮大な歴史ミステリ!

スポンサーリンク

ずっしりボリューム度:★★★★★

長いです。1000ページ超え。持つと重い(笑)

大作ぞろいの皆川作品の中でも、特に大作。

それでも、ぐいぐい読んでしまうのが、恐ろしいです!面白いんだもの!

貴族の嫡男・フランソワの従者で、物静かな青年・ピエール。

裕福な商人の跡取り息子だけれど、神経質で繊細なローラン。

家族のために、日雇いの仕事に励む少年・ジャン=マリ。

ジャン=マリの4つ年下の妹・コレット。

この4人をメインに、物語は進み、彼らの語りが交互に繰り返されます。

前半、早くも不穏な空気が垂れ込めており、まもなくフランス革命が勃発。

若者たちは、それぞれの苦境に立たされます。

革命は恐ろしいし、その後の混乱も恐ろしい!

相変わらず、緻密に歴史的事件の細部が描かれていて、皆川作品読むたびに思うけれど、

この時代に生まれなくてよかった~(汗)

それぐらい迫力の、革命前後の描写。怖い。

ずっとフランスではなく、この作品、後半部分はイギリスが舞台に。

前半のフランス革命の部分は、とにかく緊迫した状況で、

語り手たちも、生きるか死ぬかの瀬戸際状態がつづきます。

ハラハラハラハラ…気づいたら半分読んでた!って、なりました。

後半部分は、主要人物がイギリスに移動。地元の新たな登場人物が増えます。

その中には、本格ミステリ大賞受賞作「開かせていただき光栄です」に出ている、あの人たちが!

「開かせていただき光栄です」と、続編の「アルモニカ・ディアボリカ」を読んだ人は、

より楽しめるかと。

そして、イギリスでひとまず落ち着いた面々ですが、

フランス革命で負った心の傷は、そう簡単には癒えず、やがてある人物が復讐劇を…!

前半は歴史小説、後半はミステリという色合いが強いです。

妖しい雰囲気の、挿絵が作品にぴったりで素敵!

精神状態の描写度:★★★★

語り手のパートが特に多いのが、裕福な商人の息子・ローラン。

商会で見たクロコダイルに、強い興味と執着を覚えます。

もともと繊細で感受性が強いタイプらしく、

ワニが自分にとって、何か象徴的な物になった模様。

彼の不安定な心には、つねにワニがいます。

「クロコダイル路地」というのは、

何だか、彼の迷路でもがいている精神状態が表れているのかな?と思ってしまいました。

まぁ、こんな目にあったら、そりゃ不安定になるわな…という経験をしているので、

その点を考えると、結構踏ん張っているような気もします(汗)

‟復讐”に関しては、確かにそれも復讐だろうとは思いましたが、

もっと復讐すべき立場の人間も、いる気が…。

ここは、読んだ人で意見が分かれそう。

あらゆる物事・感情が錯綜して、一筋縄ではいかない作品なのです。

多彩な登場人物度:★★★★

大作かつ歴史ものゆえに、登場人物が結構多いです。

そして、魅力的な人物たくさん!

フランス革命のパートには、

貴族の従者ピエール、商人ローラン、平民コレットと兄ジャン=マリ、

エルヴェ助祭、商会の人間、共和軍、王党軍、議員、市井の人々などなど。

イギリスのパートでは、

「開かせていただき光栄です」のメンバーやその家族、貧しい兄弟と友達なども登場。

個人的には、善良なジャン=マリと、イギリス人のなかなか賢い女の子メイが好きです。

そばにいると面倒だけれど(ひどい)、ローランも嫌いじゃないなぁ。

読んだ後に、誰が好きか誰が正しいと感じるか…

余韻に浸りながら考えるのも醍醐味かも。

歴史小説と、本格ミステリの融合は、さすがの皆川さんです。

‟すごいの読んだな~”と思わせる、重厚な傑作!

クロコダイル路地 (講談社文庫) [ 皆川 博子 ]
楽天ブックス
¥ 2,035(2021/04/08 06:32時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました