【ミステリ】みんな邪魔|少女時代に熱中した漫画を、愛し続ける6人の女性たち。しかし優雅な集まりは、やがてメンバーたちの嘘と罠にまみれ…ついに殺人事件が!彼女たちに生じる歪みが招く、混乱・諍い・金銭トラブル、そして衝撃的な結末!平凡な女の暴走が怖いイヤミスは、しかし読むのが止まらない…。

作者名:真梨 幸子   幻冬舎文庫

少女漫画『青い瞳のジャンヌ』をこよなく愛する“青い六人会”。噂話と妄想を楽しむ中年女性たちだったが、あるメンバーの失踪を機に正体を露にし始める。飛び交う嘘、姑息な罠、そして起こった惨殺事件―。辛い現実から目を背け、ヒロインを夢見る彼女たち。その熱狂が加速する時、新たな犠牲者が…。殺人鬼より怖い平凡な女たちの暴走ミステリ。

いや~なミステリといえば、この人。

恐ろしくっておぞましい、女性の暴走を描き切る!

スポンサーリンク

すさまじく不安定度:★★★★★

真梨さんの本は面白いんですけど、

読むほど読者の精神を不安定にさせる、パワーがあります。

「殺人鬼フジコの衝動」とか「孤虫症」とかも、すごかった…。

気分が落ち込んでいるときには、気を付けて読んだ方がいいかも(汗)

登場人物の、精神の均衡が崩れていく描写が、本当にぞ~っとするもので、

生理的に嫌悪感を抱くシーンが多いので、

何というか、負のパワーに引きずり込まれて、

不安定な登場人物に振り回されるんです…。

面白いから、うわ~!ひいっ!とか思いながらも、止まらないところが、また恐ろしい。

本作も、家庭やお金の問題を抱えた女性たちが、

どんどん暴走していく様子がもう…!

昭和に連載されて、日本中の少女たちを熱狂させたにもかかわらず、

納得の最終回を迎えることなく終わってしまった、少女漫画「青い瞳のジャンヌ」。

40~50代になった現在でも、まだまだジャンヌが好きで、

ファンクラブの頂点に立つ幹事スタッフ6人組「青い六人会」のメンバーが、

各章の主人公として、おのおのの物語を語っていきます。

メンバーは、エミリー・シルビア・ガブリエル・ミレーユ・ジゼル・マルグリットと、

会特有のネームで呼び合い、優雅で上品な集まりにこだわり、

とにかくジャンヌについて語り合う。

少女時代にはまっていた漫画に、年を取ってから再びハマる、というのは普通なんですが、

辛い日常からの逃げ道なのもあるのか、ハマり方が尋常ではない…。

みんなの人気者で、いちばん若く美しいガブリエル以外の、

抱える闇の深さがとんでもないのです。

DV夫や、借金、子どもなど家庭の問題…。

ジャンヌの世界とはかけ離れた、けれども多くの人が苦しむ現代の悩み。

6人のメンバーのうちの何人かが問題を起こし始め、各自の不安が絡み合い、

みんなが混乱しだし、どうしようもない暴走状態に陥っていく描写が、

鬼気迫っていて、怖いけれども止まらないです。

特に、エミリーとシルビア、ミレーユの章のインパクトがすごい。

あるメンバーが入会したことにより、一気に恐怖の展開を突き進む、

まさに暴走ミステリでした!

抱える問題度:★★★

「青い六人会」のメンバーは、みんな問題を抱えています。

夫のDVや、借金、子どもの受験失敗と引きこもり、親の介護問題、などなど。

不安で苦しい日常から抜け出す手段は、大好だった漫画…

ここまでは分かるんですけど、どうやらハマっていた少女漫画には、

当時とんでもない問題が持ち上がっていたようで。

少女時代に、バイブルだった漫画に問題があり、

多感な時期に強いショックを受け、そのことに折り合いをつけられずに、

再び辛いときにのめり込んで、さらに…。

不安定の連鎖が止まらないですね…(汗)

騙されるミステリ度:★★★★

とにかく、女性たちの混乱した心理に振り回され、

そこについつい目が行ってしまうのですが、

伏線が張られ、ラストに一気に謎が解ける、巧妙なミステリです。

この作品の登場人物たちは、もともとエキセントリックな性格みたいですが、

一歩間違えば、普通の人もこうなってしまうかも…

なんて考えてさせてしまうところが、また怖い作品です。

イヤミス好きには、たまらない作品。

夜中にこっそり一気読みして、とことんゾ~っとしてもいいかも…?

みんな邪魔 (幻冬舎文庫) [ 真梨幸子 ]
楽天ブックス
¥ 838(2021/05/06 06:38時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました