【青春・ミステリ】少女|湊かなえの初期傑作!転校生が語った親友の自殺。「死」の瞬間を見たいと強く願った、2人の少女。それぞれの計画が予想外の結末をもたらす、衝撃的な夏休みの事件!不安定な年齢の暴走と渇望を描き切った、残酷なだけではない異色の青春物語です。

作者名:湊 かなえ   双葉文庫

親友の自殺を目撃したことがあるという転校生の告白を、ある種の自慢のように感じた由紀は、自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った。自殺を考えたことのある敦子は、死体を見たら死を悟ることができ、強い自分になれるのではないかと考える。ふたりとも相手には告げずに、それぞれ老人ホームと小児科病棟へボランティアに行く──死の瞬間に立ち合うために。高校2年の少女たちの衝撃的な夏休みを描く長編ミステリー。

傷を抱えた、2人の少女は、思い思いの行動にでる。

「告白」もすごかったけれど、こちらも、なかなか…。

思いがけない読後感を残す、衝撃的な作品!

スポンサーリンク

少女のリアル描写度:★★★

主人公の少女・敦子と由紀は、小さいころからの親友同士ですが、

最近はお互いの事情ゆえに、距離を感じてしまっています。

そんなとき、最近仲良くなった転入生の紫織に聞かされた、親友の死の話。

それは実際に自分が、自殺の現場を見つけてしまったという、衝撃的な体験。

しかしそれを語る彼女は、辛そうだけれど、何だか悲劇的な優越感に浸っているように、

由紀には感じられるのでした。

家庭で辛いことがあった由紀は、自己陶酔に浸っているような発言に強い反発を抱き、

死を知るために、誰かが死ぬ瞬間を見たいと考えるように。

部活で挫折を味わい、性格が少し変わってしまった敦子は、死の話に反応した由紀を見て、

死について知りたい、と思うようになります。

こうして、傷を抱えた少女2人は、あわよくば死を目撃しようとボランティア活動をすることに。

由紀は、小児科のボランティアで、2人の少年と親しくなり、

敦子は、老人ホームで、ある男性と知り合います。

この出会いが、のちのちとんでもない事態を招くことに。

2人の語りが、交互に進んでいくほどに、

彼女たちの、‟本当の顔”が見えてきて…。

少女の、心理描写がリアルで、ぐいぐい物語に引き込まれます。

最初は、鬱々とひねくれた視点で語られ、どんどん不安になるのですが、

終章で、こんな気分になるなんて!

騙される仕掛け度:★★★★

不安定な青春を描いた作品ですが、ミステリとしても面白いです。

最初の仕掛けしかり、登場人物の意外な繋がりしかり…。

う~ん、やられた!という感じ。あれは伏線だったのね…!

映画化された「告白」は、衝撃的な作品でしたが、

本作も、「ああ、告白の作者の作品だなぁ。」と思うくらいのインパクトがありました。

騙された!で油断していたら、さらに…!

ボリューム的には、「告白」と同じくらいで、そんなに長くないんですけど、

まぁ、相変わらず、内容の凝縮がすごいこと!心に残る物語でした。

息苦しくって、不穏さにハラハラして、現実の残酷さに圧倒されつつも、

読むのが止まらず、最後は意外な感覚に迎えられる…そんな作品。

「望郷」「リバース」「Nのために」などなど、つぎつぎ作品を発表している湊さんですが、

私は「告白」から入ったせいか、思春期の登場人物の描写がすごいイメージが強く、

この「少女」を呼んだときは、‟きたきた、若さゆえのこの息苦しさと暴走感きた~”

とか思ってしまいました(笑)

女の子ってすごい生き物度:★★★★★

2人の少女の、いろいろな一面が出てきます。

冷静な由紀と、素直な敦子は、まるでタイプの違う女の子ですが、

その心の傷と不安定さは、2人とも共通で、やはりどこか似た者同士に思えます。

傷つきやすく、不安定で、正直になれず、弱みを他人に見せられなくて、

でも本人たちなりに、真剣に頑張っていて…。

…と思っていたら、お、女の子ってタフだな!

と、思わず笑いつつも、ちょっと怖いかもなんて考えてしまうシーンも。

一筋縄ではいかない存在を描いた、異色の青春小説でした。

因果応報の恐ろしさ!

意外な結末と読後感を、楽しめる作品です。

少女 (双葉文庫) [ 湊かなえ ]
楽天ブックス
¥ 680(2021/08/07 11:26時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました