【ミステリ】五十坂(いさか)家の百年|ある日突然、手を取り合い崖から飛び降りた、双子の老姉妹。2人が隠し続けた、金貸し一族の陰惨な歴史…少女の欲望が引き起こした、過去の悲劇とは?なぜ、屋敷の床下から四体の遺骨が見つかることになったのか、じわじわ暴かれる秘密に戦慄するミステリ!

作者名:斉木 香津(かづ)   中公文庫

その朝、双子の老姉妹が手に手をとり、崖から飛んだ。疎遠だった子らが葬儀に集い、やがて武家屋敷の床下に隠された四体の遺骨を見つけ出す。これは誰?いつからここに?金貸し一族の淫靡で切ない歴史と、“乙女”のゆがんだ欲望を描き出した、背徳のミステリー。

生活苦と「少女趣味」が家族を追い詰めていく?

生き残るために起きた、惨劇の歴史とは…?

スポンサーリンク

いわくありの一族度:★★★★

五十坂家は、やり口の悪質さから「人喰い」と呼ばれた、

高利貸しの男が築いた一族です。

その由来ゆえ、地元では嫌われていました。

しかし、人食いの子どもにも孫にも商才はなく、

五十坂家は衰退の一途をたどることに。

子孫の公一郎と璃理子の兄妹の代には、それほど余裕はなく…。

この2人の代では、時代の流れでますます大変になるのですが、

色々なことが引き金になり、「五十坂家の恐ろしい秘密」が出来てしまうのです!

現代パートと、公一郎たちの過去パートが、交互に語られ、

じわじわと物事がおかしくなっていくさまが描かれて…怖い。

物語は、みんなで床下から白骨死体を掘り出しているシーンから始まります。ひいっ。

これが序章で、すぐに本編が始まり、

そちらもおばあちゃん2人が崖から飛び降り自殺をして、

家族がびっくりするという、いきなりすごい展開から。

この飛び降りた2人が、公一郎の娘に当たります。

五十坂家の双子の老姉妹が、崖から飛び降り死んだことで、

娘や孫たちが、その理由を考えだし、

徐々に秘密が暴かれることに。

現代に生きる孫娘・由羽の視点と、双子の片割れの息子・双葉の視点、

過去パートは主に公一郎と、叔母・璃理子の当時の視点で、語られます。

どのパートも、とにかく息苦しい。

何というか、この一族、ちゃんと幸せな人いるのかしら?と心配になるくらい、

どの人も、上手く生きられない問題を抱えています。

まぁ、それも、公一郎と璃理子の視点で語られる、とんでもない家族の過去に比べれば、

まだ全然マシなんですけどね…。

不気味さが漂う表紙の雰囲気を裏切らない、濃厚で陰惨な物語でした。

どろどろのサスペンスが読みたい人は、ぜひぜひ!

いびつな少女趣味度:★★★★★

私は、現在のパートよりも、過去のパートの方が、

ぐいぐい引き込まれて読みました。

というのも、璃理子が、すさまじい性格の人物だったから。

この小説を読んで、いちばん印象に残るのは、この璃理子だと思います。

何がすごいって、もはや少女趣味の権化!

いつまでも、清らかな乙女として生きるために、手段を選びません。

ずる賢く狡猾で、最初は自分勝手な子だなぁくらいに思っていたのですが、

読み進めるにつれて、そんなに生易しいものではなかった!と愕然。

ひ、ひくわ~(汗)

彼女の欲望というか執念に振り回される家族。彼らに一体何が起こったのか…。

もう気になって気になって!

どろどろサスペンスって、好んで選ばないんですけど、

たまに読むと止まらないんですよね。イヤミスと同じく。

他の一族の人間も、なかなかすごいことしているんですけど、

インパクトでは、璃理子さんトップです。

どの世代も大問題度:★★★

一族の、隠された歴史が、少しずつ明らかになっていくのですが、

公一郎・璃理子から始まり、祖父母の代も子どもの代も、孫の代も、

ヘビーな問題に悩まされる血筋です。

璃理子が凄まじいと書きましたが、彼女だけじゃないんです本当に。

悩みが多いのはいいとして、鬱屈具合がなかなかのレベル…。

このお家には、ちょっと関わりたくないかも。

どの家庭にも、大問題は発生するものでしょうが、

この一族に起きたことは、あまりに血なまぐさく歪んでいて…。

屋敷の床下からは、四体もの白骨死体が見つかっちゃいますからね。恐ろしや。

何があったら、そんなことになるのか…

気になった方は、ぜひ読んで確かめてみてください。

人間のエゴが恐ろしい…。

歪みが矯正されず、欲望が止まらなくなったとき、惨劇が!

五十坂家の百年 (中公文庫) [ 斉木 香津 ]
楽天ブックス
¥ 704(2021/08/17 14:00時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました