【ミステリ】巴里マカロンの謎|11年ぶりの新刊!小市民が帰ってきた!目を離したすきに増えたマカロンや、激辛揚げドーナツの行方など、小鳩君と小佐内さんのスイーツ&トラブルにまた会える…。またしても小佐内さんが拉致されたりと、とんでも事件に事欠かない2人は、大人しくしていられる?

作者名:米澤 穂信   創元推理文庫

「わたしたちはこれから、新しくオープンしたお店に行ってマカロンを食べます」その店のティー&マカロンセットで注文できるマカロンは三種類。しかし小佐内さんの皿には、あるはずのない四つめのマカロンが乗っていた。誰がなぜ四つめのマカロンを置いたのか?小鳩君は早速思考を巡らし始める…心穏やかで無害で易きに流れる小市民を目指す、あのふたりが帰ってきました!

この2人を、待っていました!自称小市民の、スイーツライフと事件帖!

4つの短編は、各話表紙絵付きという嬉しさです。

スポンサーリンク

素晴らしき日常の謎度:★★★★

「春期限定いちごタルト事件」「夏期限定トロピカルパフェ事件」

「秋期限定栗きんとん事件(上・下)」ときて、

11年ぶりに出た新刊は「冬期限定」かと思いきや、4つの短編からなる短編集。

あれっと思ったけれど、完結してしまうのは寂しいので、むしろ嬉しい!

互恵関係をガンガン利用していた頃の2人の、日常の謎が4つ収録されています。

最初の話は表題作「巴里マカロンの謎」。

名古屋に新店舗がオープンした人気店の、

期間限定マカロンを全種類食べるために、小鳩君を呼んだ小佐内さん。

3つのマカロンが載ったセットを注文し、さぁイートインで堪能しようと思ったら、

手を洗おうと離席した間に、なぜかマカロンが4つに増えている!

1つのマカロンに込められたドラマと、小佐内さんのスイーツ愛が際立つ作品でした。

相変わらず、可愛いのに可愛くないミステリ!

2つ目の「紐育チーズケーキの謎」は、縁あって中学校の文化祭に、

チーズケーキを食べに行くことになった2人が、

事件に遭遇し、何と小佐内さんが拉致されてしまうエピソードです。

小鳩君のリアクションに思わず笑ってしまう、伏線が秀逸で、

何とも2人‟らしい”展開に。

3つ目の「伯林あげぱんの謎」は新聞部が舞台で、堂島健吾登場!

新しく開いたパン屋さんの、ドイツ風の揚げパンを4人分用意して、

1つだけのマスタード入り当たりパンを食べた部員が記事を書くはずだったのに、

誰も辛そうじゃない?

はて、辛い揚げパンはいずこに…

ついつい謎解きを始めてしまった小鳩君が暴いた真相とは。

そういうことかい!と思わず言ってしまった、コミカルで好きなエピソードです。

最後の「花府シュークリームの謎」では、

小佐内さんの行動力と小鳩君の推理が冴える!

冤罪で停学になったと訴える少女の、疑惑を晴らすために活躍。

そして、頑張った小佐内さんを迎えるラストに、思わずニヤニヤしてしまう…!

2人のテンションを堪能度:★★★★

このシリーズの醍醐味、それは2人の何とも言えない互恵関係かと。

不都合な場面から逃げるために、お互いを利用してもよし、という同盟関係で、

確かに読んでいて、付き合い方がドライでシビアです。

しかし、その反面、誰よりもお互いを理解しているのが分かって、

う~ん、たまらない距離感!

そんな小鳩君と小佐内さんのコンビが繰り広げる、

完全には微笑ましくならない、本性を匂わせる思わせぶりな会話を、

本作でも堪能出来て、満足の短編集でした。

小佐内さんのスイーツ談義と、不可解な事件も、変わらず面白い!

久しぶりに新刊が出た勢いで、続刊が早めに出ることを願ってやみません…。

ファンに嬉しい短編集度:★★★★★

いちごタルト・トロピカルパフェ・栗きんとんは、

各話ごとに独立した謎が出てきたけれど、繋がりはあるので短編集ではなく、

本作みたいな形で楽しめるのは嬉しいです(一応繋がりはあるので、連作短編なのですが)。

そして、何とも贅沢なことに、各話にイラスト付き!

片山若子さんの装丁イラストが、毎回楽しみだったので、これは嬉しい。

「伯林あげぱんの謎」では、初の堂島君のイラストも見られるし、他の3つも素敵です。

2人の校内の姿も、放課後の行動も楽しめて…。

何なら、こういう短編集あと何冊か出してほしいです、本当に。

シリーズ読んだ人は、もうぜひぜひ読んでください!

小市民なはずの2人は、学校でもお店でも謎に出くわし、ついつい…。

美味しそうなスイーツよりも気になる2人の、謎解きが止まらない!

巴里マカロンの謎 (創元推理文庫) [ 米澤 穂信 ]
楽天ブックス
¥ 682(2021/09/11 19:43時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました