【ミステリ】さよなら妖精|異国から来た少女マーヤは、日本で学び、楽しみ、帰っていく…緊張状態の祖国へと。彼女が去った後、残された友人の、最後で最大の謎解きが始まる!米澤穂信のターニングポイントとなった、傑作ボーイ・ミーツ・ガールミステリ!

作者名:米澤 穂信   創元推理文庫

一九九一年四月。雨宿りをする一人の少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国からはるばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。彼女と過ごす、謎に満ちた日常。そして彼女が帰国したとき、おれたちの最大の謎解きが始まる。覗き込んでくる目、カールがかった黒髪、白い首筋、『哲学的意味がありますか?』、そして紫陽花。謎を解く鍵は記憶の中に――。忘れ難い余韻をもたらす、出会いと祈りの物語。著者の出世作となった清新なボーイ・ミーツ・ガール・ミステリ。

日本人とは違う見方をするマーヤに、ハッとさせられる…。

美しく切なく胸が苦しくなる…

う~ん、とにかくネタバレなしで読んでほしい作品です!

スポンサーリンク

ヒロインの魅力度:★★★★★

主人公の男子高校生・守屋と、同級生のクールな女子・太刀洗が出会ったのは、

日本人にはあまりなじみのない、ユーゴスラヴィアから来た少女・マーヤ。

父親が日本で仕事をする2か月の間、

世話になるはずだった人物がすでに死んでしまっていて、

途方に暮れていたところ。

彼女は2人の協力で、同級生で旅館の娘・いずるのところに、

居候することになります。

そして、守屋たちは、マーヤの日本文化探索に関わることになるのですが、

このマーヤ、とにかく好奇心旺盛な勉強家!

日本語はペラペラで、更なる知識を吸収しようと精力的に活動します。

そして、謎や疑問は、決して放置しない。

彼女と関わることで、何気ないものに込められている、

文化的歴史的背景を見直し、

日常の謎に遭遇することになる、守屋たち。

マーヤのパワーと魅力に感化されて、少しずつ変わっていき…。

この小説の読後、考えてしまうのは、まずマーヤのこと。

眩しいくらい生命力と好奇心に溢れていて、誰よりもよく考えていて、

「キメラの国」に帰る少女。

今まで読んできた本の中でも、かなり印象に残るヒロインでした。

日本ならではの謎度:★★★★

マーヤがいた2か月の間に遭遇する謎は、まさに日常の謎で、

普通に考えれば、真相を聞いても、ああなるほどね…という感じかもしれません。

ですが、マーヤから謎が提起されると、

たちまち、何だかドキドキする出来事が起きたよう。

「哲学的意味がありますか?」と、つねに問いかける彼女の眼には、

日本のありきたりの日常は、どんな不思議に変化するのか。

途絶えることなく、続いてきた文化があるありがたさを知り、

まだまだある、実は知らないことを楽しめる青春ミステリです。

改めて世界を知る度:★★★

ユーゴスラヴィア…はっきり言って、当時全然知らなかった(汗)

名前聞いたことあるけれども、ヨーロッパのどこかだっけ、くらいの…。

6つの国からなる共和国連合だったそうですが…

多くの民族・国家が仲良くするのって、

やっぱり難しかったんですね。

物語の舞台は、1991年で、ユーゴスラヴィアで大きな動きがあった年。

非常にデリケートな状況を抱える国から来たマーヤが、

自分たちの未来のために、自分にできることを必死でやろうとする姿に、

とても考えさせられました。

話題になった「王とサーカス」は、

同級生・太刀洗真智が10年後の海外で遭遇する事件を描いた作品で、

ベルーフシリーズとして、続いています。

どっちから読んでも、面白い!

日常に、突如飛び込んできた、鮮烈な存在。

忘れられない出会いを描いた、何とも言えない余韻を残す傑作!

さよなら妖精 (創元推理文庫) [ 米澤穂信 ]
楽天ブックス
¥ 817(2021/06/02 13:33時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました