【ミステリ】真実の10メートル手前|「王とサーカス」で、ジャーナリストとしての自分を問われながら、真相を追い求めた太刀洗万智。彼女が関わった、6つの事件…その真の姿と、変わらぬ姿勢を描く、珠玉のミステリ短編集です。「さよなら妖精」の読者におすすめのエピソードもあり。

作者名:米澤 穂信   創元推理文庫

高校生の心中事件。二人が死んだ場所の名をとって、それは恋累心中と呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、フリージャーナリストの太刀洗と合流して取材を開始するが、徐々に事件の有り様に違和感を覚え始める。太刀洗はなにを考えているのか? 滑稽な悲劇、あるいはグロテスクな妄執――己の身に痛みを引き受けながら、それらを直視するジャーナリスト、太刀洗万智の活動記録。「綱渡りの成功例」など粒揃いの六編、第155回直木賞候補作。

太刀洗万智の鋭い推理で、明らかになる、事件の残酷な真の姿。

「知って伝える」ことの困難と、それに立ち向かう姿が、胸に迫る短編集です。

スポンサーリンク

痛みを残す、容赦のない傑作度:★★★★★

長編「王とサーカス」では、驚き、かつ胸が苦しくなる事件の真相と、

ジャーナリストとして伝えることの難しさ、危険性が描かれていました。

この点は、短編と言えど、変わらず。

ときに容赦のない残酷な事件の真相と、

変わらぬ太刀洗万智の姿勢と苦悩が、どの作品にもしっかりと描かれています。

表題作「真実の10メートル手前」は、

会社が倒産、詐欺師扱いされた女性が失踪し、わずかな手がかりから彼女を探し出そうとする話。

ラスト、まさに真実の10メートル手前で、太刀洗が思うこととは…。

極端な考え方の男性の語りで始まる、人身事故現場で起きた出来事の話「正義漢」。

20ページ程度の短い話ですが、ひねりが効いていて、読み応えあり。

高校生の心中事件の真実が暴かれる「恋累心中」は、最も痛々しい話です。

純粋な若者の悲劇、と世間の耳目を集めた事件ですが、

取材をすると、奇妙な点がいくつか見つかり…。

謎を追求していった結果、明らかになるのは、あまりにもやりきれない残酷な真実。

太刀洗の推理が冴え、ラストシーンの彼女らしさが、印象に残ります。

孤独死した老人のことで悩む中学生の前に、太刀洗が現れる「名を刻む死」。

身勝手な人間と、真面目で思いやりがあるゆえに悩む人間が描かれ、

何とも‟らしい”方法で悩みから解放しようとする太刀洗の、

最後の一言がきいている作品です。

幼女殺害事件を、ある人物が太刀洗とともに追うことになる「ナイフを失われた思い出の中に」。

この話は、推理が始まるまで、

文章にこんな意味があったとは、全然気が付きませんでした。

事件の真相とともに、2人のやり取りも気になる作品。

土砂崩れから生還した老夫婦に、太刀洗がある質問をする「綱渡りの成功例」。

読み終わった後に、上手いタイトルだったなぁ、と思わせる話でした。

最後も、終わりなき戦いを続ける太刀洗らしいもの。

以上6編、どれも気が抜けないというか、胸にどすっとくる作品ばかりです。

報道の危険性に戦慄…度:★★★

驚くべき事件の真相と、細かい不審点を見逃さない太刀洗の推理力、

そして、事件を伝えることの難しさが、このシリーズの見どころ。

6編どの話にも、事実が捻じ曲げられてしまったり、

不用意な報道が、取り返しのつかない事態を招いてしまったりする、

その危険性が描かれており、緊張感があります。

個人でも簡単に、情報を発信できる時代に生きている危うさを、

このシリーズを読むたびに、考えさせられるというか…。

読者も、報道に対する見方が、何というかシャキッとする作品だと思います。

嬉しい驚きも!度:★★★★

主人公・太刀洗万智が、最初に登場するのは、

初期の作品である、ボーイミーツガールミステリの傑作「さよなら妖精」。

この作品では女子高生で、メインの2人をサポートする、切れ者の同級生、

という感じのポジション。

2015年発表の「王とサーカス」で、フリーのジャーナリストとして、

事件の真相を導き出す主人公として活躍しました。

「王とサーカス」では、「さよなら妖精」はほとんど関係ありませんでしたが、

本作では、2つの短編に、「さよなら妖精」の関係者が出てきます。

読んでいて気づいたとき、ああ!彼だ!と、すごいテンションがあがりました。

「王とサーカス」と本作を合わせて、ベルーフシリーズと呼ぶらしく、

シリーズというからには、これからも太刀洗万智の活躍が描かれていくはず。

その中で、「さよなら妖精」の関係者が、また出てきたら嬉しい限りです。

思わず、さあ!と気合を入れて読んでしまう、甘さのないミステリ短編。

まさに孤高のジャーナリスト・太刀洗万智の「活動記録」である本です。

真実の10メートル手前 (創元推理文庫) [ 米澤穂信 ]
楽天ブックス
¥ 748(2021/08/14 08:07時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました