【ミステリ】名探偵に薔薇を|「虚構推理」作者の長編デビュー作!証拠を残さない完璧な毒薬「小人地獄」をめぐる2つの事件。凄惨かつ奇妙な事件に招かれたのは、憂いの女性名探偵。彼女を待つ、前代未聞の事態とは?考え抜かれた二部構成に唸る、衝撃的な傑作推理小説です。

作者名:城平 京   創元推理文庫

怪文書『メルヘン小人地獄』がマスコミ各社に届いた。その創作童話ではハンナ、ニコラス、フローラが順々に殺される。やがて、メルヘンをなぞったように血祭りにあげられた死体が発見され、現場には「ハンナはつるそう」の文字が……。不敵な犯人に立ち向かう、名探偵の推理は如何に? 第八回鮎川哲也賞最終候補作、文庫オリジナル刊行。

第1部で唸り、第2部でさらなる衝撃を受ける!

「虚構推理」の作者が描く、過酷な使命を持った名探偵の物語!

スポンサーリンク

恐ろしいメルヘン度:★★★★

始まりは、マスコミ各社に「メルヘン小人地獄」という題名の、

メルヘンなおとぎ話ながら、残酷で気味が悪い原稿が送られてきたこと。

毒薬を作るために、小人を殺した博士が死んだあと、

小人たちは3人の人間を殺害し、溜飲を下げ、めでたしめでたし(?)。

物語の中で殺される3人は、凄惨な殺され方をするのですが、

なんと現実で、女性が同じ殺され方をするのです。

この「メルヘン小人地獄」の内容が、本当に不気味!

しかも、ある科学者が33年前に赤ん坊の死体を使って、

証拠が残らない完璧な毒薬「小人地獄」を実際に完成させていたから、

ええ~という展開。

もはや、現実まで、恐ろしいおとぎ話めいてきます。

殺された女性の娘・藤田鈴花の家庭教師をしている大学院生・三橋青年は、

2人目も殺されたことを知り、「名探偵」を呼ぶ決意をします。

この名探偵・瀬川みゆきは、第1部で快刀乱麻を断つ推理をみせ、

第2部では、その重い宿命が明らかに!

第2部でこう来たか!度:★★★★★

第1部では、「小人地獄」に関わっていた人間が、

立て続けに、童話になぞらえて殺され、

その真相を探偵・瀬川が、鮮やかに暴くといった内容。

第2部では、1部で狙われた家・藤田家に残されていた毒薬「小人地獄」が使われ、

現在は鈴花の父・克人の部下になっていた三橋とともに、

お茶に招かれた後輩・山中が毒殺されてしまいます。

しかし不可解なことに、ほんの少量ならば無味無臭で検出もされない「小人地獄」が、

大量に混ぜられていたので、お茶は嚥下できないくらい苦く、

遺体から検出されてしまっているのです。

正しく使えば、なんの証拠も残さない毒薬があったのに、

なぜ犯人は、最も下手な使い方をしたのか?

なぜごく普通の女子大生が、殺されてしまったのか?

この、第1部と第2部で、「小人地獄」という恐るべき毒薬を使ったミステリを、

全く違う切り口で楽しませるのがすごい!

不可解極まりない事件に、再び呼ばれた瀬川が挑むのですが、

何回騙されるねん!というくらい、作者は読者を翻弄してきます。

名探偵の苦しみ度:★★★★

今まで読んだミステリの中で、間違いなく上位に入る、

‟悩み苦しむ名探偵”が活躍するミステリでした。

第2部の後半で、瀬川の過去と、背負っているものの大きさが明らかになるのですが、

……おっもい!

第2部では、名探偵なのに事件を解決しても、あまりうれしそうではなく、

若い女性なのに世捨て人のような雰囲気を持っている瀬川の、

その生き方の理由も、見どころです。

名探偵として生きるのは、いばらの道のようで…。

「完璧な毒薬」を、2段構えで上手く使ったミステリ!

鮮やかな推理と、名探偵の苦しみが、読みごたえありの傑作です!

名探偵に薔薇を (創元推理文庫) [ 城平京 ]
楽天ブックス
¥ 836(2021/04/14 14:47時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました