【SF】ゲームの王国(上・下)|カンボジア、恐怖の独裁政治の時代に生まれた、2人の天才。嘘を見破る少女と、神童の少年の、人生をかけたゲームの行方は?上巻は緊迫の歴史小説、下巻は圧巻のSF小説!日本SF大賞&山本周五郎賞W受賞、新鋭の傑作長編です。

作者名:小川 哲   ハヤカワ文庫JA

サロト・サル――後にポル・ポトと呼ばれたクメール・ルージュ首魁の隠し子、ソリヤ。貧村ロベーブレソンに生まれた、天賦の「識(ヴィンニャン)」を持つ神童のムイタック。運命と偶然に導かれたふたりは、軍靴と砲声に震える1975年のカンボジア、バタンバンで邂逅した。秘密警察、恐怖政治、テロ、強制労働、虐殺――百万人以上の生命を奪い去ったあらゆる不条理の物語は、少女と少年を見つめながら粛々と進行する……まるでゲームのように。

「君を殺す」――復讐の誓いと訣別から半世紀。政治家となったソリヤは、理想とする〈ゲームの王国〉を実現すべく最高権力を目指す。一方のムイタックは渇望を遂げるため、脳波を用いたゲーム《チャンドゥク》の開発を進めていた。過去の物語に呪縛されながら、光ある未来を乞い願って彷徨うソリヤとムイタックがゲームの終わりに手にしたものとは……。 第38回日本SF大賞&第31回山本周五郎賞受賞作品

カンボジアの恐ろしい歴史と、翻弄された人々のドラマに圧倒される!

ムイタックが開発した驚異のゲームとは?

歴史と最新科学が融合した、不思議な物語に引き込まれます。

スポンサーリンク

歴史の不条理を描く度:★★★★

物語は、サロト・サル…のちにポル・ポトと呼ばれる人物が、

高校教師をしながら、腐敗した政府への革命を企てている時代から始まります。

サロト・サルの隠し子の可能性がある少女・ソリヤは、

たまたま彼女を引き取った、優しい両親に大事に育てられましたが、

秘密警察のせいで、両親も頼りにできる大人も失ってしまい、

辛い少女時代を送ることに。

ソリヤは、人の嘘を見やぶる、天才的な頭脳を持つ少女で、

その頭脳を用いて、何とか生き延びていきます。

もう1人の主人公が、貧村で生まれた神童・ムイタック。

頭の良さで浮いてしまいますが、兄と村で平和に育ちます。

しかし、彼の村も、革命からの恐怖政治に翻弄され…。

2人とも、過酷な運命を余儀なくされますが、

他にもたくさん出てくる登場人物たちも、軒並みとんでもない目に!

この時代、読めば読むほど、無茶苦茶な独裁のせいで、

人々が、地獄のような日々を送らされていたのが分かります。

読んでて本当に、ゾ~っとしました…。

上巻は、主人公の少年少女時代の、ポル・ポト政権下での生存サバイバルが描かれていて、

そのあまりの凄惨さに圧倒される、緊迫の歴史小説。

カンボジアの歴史な、全然詳しくありませんでしたが、

読んでいれば大体わかるように書かれているので、大丈夫でした。

下巻では時が進み、政治家と大学教授に成長した2人の、

過去の決着と、未来のための戦い:ゲームが描かれており、

近未来的なシーンが増え、一気にSF感が増します。

登場人物の入退場が激しく、何が起きるか分からないから、

もうハラハラハラハラ…。

ドキドキして読みながら、歴史・脳科学・宗教・文化の勉強になるという作品。

2人の天才に翻弄される度:★★★★★

やっと独裁政治が終わったと思ったら、革命を起こしたポル・ポトたちによって、

更なる恐怖統治が行われる、という恐ろしい時代。

知識人とバレたら処刑され、皆が平等に財産を没収され、

朝から晩まで集団農場で、監視し合いながら働かされる日々。

多くの登場人物が、語り手として登場しますが、

ただひたすら無茶苦茶な統治に翻弄され、気力を失うばかり。

その状況下で、頭脳と観察眼で、身の回りの人間をかばいながら、

生存しているのが2人の天才、ソリヤとムイタックです。

この2人、上巻で出会い、ゲームで交流するのですが、違う道を行くことに。

下巻で、お互いに地位と力を得た2人が、

どんな方法で、過去の決着をつけるのか…というのが、作品のテーマの1つ。

ずば抜けて頭がよく、心の内を他者にほとんど見せないので、

なかなか読者も、2人の真意や目的が分からず、クライマックスまで目が離せません。

歴史とSFと不思議と…度:★★★

当時の人々の考え方や、歴史的事実の詳細な描写があり、

かつ近未来SFの電脳ゲームや、脳科学の問題なども描かれています。

そしてさらに、何とも現実離れした変人も登場!

当たりすぎる輪ゴム予言青年や、

修行により、泥の声を聴き、泥を操る男や、

13年まったく喋らなかったのち、美声で人を惑わすようになる、

しかし言ってることは意味不明な男、などなど。

妄想なのか、本当に魔術的な力があるのか、いまいちよく分からない、

不思議メンバーが出てきます。

彼らによって、人知を超えた何かも関与しているかのような、

おとぎ話のような雰囲気まで合わさっており、

何とも言えない魅力が…。

1人1人のドラマが印象的な、重厚な歴史小説パートと、

人間の脳の機能を追求し、ゲームとして表現するSFパート。

どちらも、読み応えたっぷりです。

ゲームの王国 上 (ハヤカワ文庫JA) [ 小川 哲 ]
楽天ブックス
¥ 924(2021/04/17 06:05時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました