【ミステリ】黄昏の百合の骨|「麦の海に沈む果実」で学園を去った理瀬。留学していた彼女は、祖母の遺言に導かれ、百合の匂いに満ちた洋館に住むことになったが…。美しい叔母2人が暮らす屋敷は、なぜ‟魔女の家”などと呼ばれているのか?由来を探るうちに、周囲で不吉な出来事が起こり、ついには死者が!

作者名:恩田 陸   講談社文庫

強烈な百合の匂いに包まれた洋館で祖母が転落死した。奇妙な遺言に導かれてやってきた高校生の理瀬を迎えたのは、優雅に暮らす美貌の叔母二人。因縁に満ちた屋敷で何があったのか。「魔女の家」と呼ばれる由来を探るうち、周囲で毒殺や失踪など不吉な事件が起こる。将来への焦りを感じながら理瀬は―。

自分を取り戻した理瀬は、今後について悩み焦る。

そんな時降りかかってきたのは、身内の真の姿を暴きかねない事件で…。

むせかえる百合の香りに、隠された真実とは?

スポンサーリンク

現実のサスペンス度:★★★★

謎の稀覯本ををめぐるミステリを描く、

「三月は深き紅の淵を」からスタートしたシリーズの作品です。

本のタイトルそのものの稀覯本に関連する、4つの短編からなる「三月は深き紅の淵を」。

閉鎖的な全寮制の学園で起きる事件を描く、「麦の海に沈む果実」。

学園で理瀬と親しくなった少女と関係する「黒と茶の幻想(上・下)」。

そして、「麦の海に沈む果実」と同じく、理瀬が主人公の本作、という流れ。

本作から入っても、全くついていけないわけではないけれど、

「麦の海に沈む果実」は読んでおいた方が、断然楽しめます。

「麦の海に沈む果実」は、優美で幻想的で、日常とは隔絶された学園が舞台。

生徒の間で不気味な伝説があるわ、つぎつぎ死者や失踪者が出るわで、

独特の、耽美でどこか現実離れした雰囲気がありました。

そして本作、高校生になった理瀬が登場する「黄昏の百合の骨」は、

優雅で妖しい空気は感じるものの、「麦の海に沈む果実」と比べると、

現実のサスペンスミステリ、という感じ。

異国情緒のある観光地としても人気な、素敵な住宅街で、

普通の高校に通うようになった理瀬が、友達とお茶したり、

自転車に乗せてもらったりするシーンがあり、

前作の、現実離れ感が薄れているのです。

しかし、理瀬は変わらず理瀬で、

前作の色々あるメンバーも、回想シーンで登場するし、

百合の香りに満ちた妖しい洋館で暮らす、美しいけれども訳ありそうな叔母さんもいるし、

何というか、やはりどこか耽美で、魅力的な雰囲気は健在。

この雰囲気の中で起きる事件は、今回も謎に満ち、おどろおどろしく…。

つい一気読みしてしまいました。

油断ならない人間関係度:★★★★★

昔から欠かさず百合を飾っていた、理瀬が幼少期に暮らした洋館。

ずっと住んでいた祖母が、少し前に転落死してしまいます。

祖母の謎めいた遺言状に導かれ、イギリスに留学していた理瀬は、

日本の高校に転入し、再び洋館で暮らすことに。

祖母と住んでいた、美しい叔母2人は、謎の言動を見せますし、

帰ってきた従兄弟の2人も、何やら考えていることがありそう。

同年代の子からは、気になる噂を聞いてしまうし、

近所では、不可解な出来事が続いて…

相変わらず、理瀬の身の回りはきな臭いみたいです。

そして、ついに死者や失踪者が出てしまい、

屋敷に隠された秘密が明らかになるとき、理瀬に危険が

美しく‟特別”な少女・理瀬の身の回りにいる人々は、

みんな本当の顔を見せていないようで…

誰もが疑わしいサスペンスフルな作品でした。

意外な真相度:★★★

祖母は、本当に心不全を起こし、階段から転落死したのか?

彼女が、遺言で理瀬を呼び戻した理由は?

一見対照的だけど、実は似ているような叔母姉妹は、何を考えているのか?

従兄弟とともに探す、あるものの正体とは?

謎がいっぱいの本作ですが、気になるのはやはり、

作中生じる事件の、死を招いた犯人です。

疑わしい人間が多いので、当てられたらすごい!私は分かりませんでした…。

理瀬の今後が、気になって仕方がない!

引き込まれる独特の雰囲気の、美しく妖しいミステリシリーズです。

黄昏の百合の骨 (講談社文庫) [ 恩田 陸 ]
楽天ブックス
¥ 836(2021/04/13 04:50時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました