【SF】パラークシの記憶|「ハローサマー、グッドバイ」の子孫たちが、またもや種族の危機に!罪の記憶が遺伝するため、犯罪が起こらないはずの世界で、殺人事件が……SF×ミステリ×恋愛!惑星のすべての謎が明らかになる続編…運命の恋物語が、完結する⁉

作者名:マイクル・コーニイ   河出文庫

冬の再訪も近い不穏な時代、村長の甥ハーディは、伝説の女性ブラウンアイズと同じ瞳の色の少女チャームと出会う。記憶遺伝子を持つこの星の人間は、罪の記憶が遺伝することを恐れ、犯罪はまず起きない。だが少年と少女は、背中を刺された男の死体を発見する…名作『ハローサマー、グッドバイ』の待望の続編。真相が今語られる

ついに、惑星の謎が明らかに

前作より、SFミステリはパワーアップ!もちろん恋愛もばっちり!

スポンサーリンク

斬新な設定度:★★★★★

前作「ハローサマー・グッドバイ」から、何世代もたった時代の物語です。

今作では、多くの新しい設定が増えています。

いちばん変わっているのは、

住民が‟記憶遺伝子”を持ち、先祖の知識と記憶を受け継いで生まれてくること。

この先祖の記憶をもって生まれる、というのが非常に大事なことで、

まれに生まれる記憶を持たない人々は、他者から馬鹿にされてしまう羽目に。

また、内陸と海辺で、男と女で別れて暮らしています。

主人公は、内陸の男の集落で暮らし、

ヒロインは、海辺の女の集落で暮らす、といった具合に。

(住民同士の差別意識は変わらず。相変わらず人間トラブルが多そう…。)

あと、地球人が登場!

地球人、他の惑星に調査に行ってるみたいです。

前作と変わらないのは、来る大凍結への恐怖ですね。

危機を脱した、ドローヴとブラウンアイズは、伝説になっています。

ただ、この2人がどう大凍結を切り抜けたかは、伝わっていないみたい。

今作も、どう生き残ろうか、人々はパニックに!

変わらぬ問題児度:★★★

「ハローサマー」では、なかなか嫌な人間が出てきましたが、

今回も、強烈なのが!

困ったちゃんとしか言いようのないのが、ちらほらいます…。

イライラしましたけど、途中から、こいつはこういうやつなんだ…と諦め(?)ながら読んでいました(笑)

ヒロインは、変わらず賢明で可愛いんですけどねぇ。

ブラウンアイズより、元気で気が強い子。

主人公は、ドローヴに近いかな?ガッツも見せますよ。

今回の表紙イラストも、素敵です。

やはり、イメージぴったり!

ヒロインが可憐で芯が強いのは相変わらずですが、

今作は、そのほかにも魅力的な女性たちが登場します。

SFミステリとして面白い度:★★★★

自分の記憶が子どもに引き継がれるから、基本的に殺人なんて起きないはずなんです。

しかし、まさかの殺人事件が!

主人公はある事情から苦境に立たされ、ヒロインや母が支えます。

迫る大凍結を、どう切り抜けるのかも問題だし、

地球人ともトラブルが。

そして、ついに明かされるロリンの謎と、謎の種族キキホワホワとは?

うーん、謎が多いですね。

とにかく、最初から最後まで波乱尽くしで、ハラハラします!

殺人事件の真相に驚き、惑星の真実にさらに驚きます!

そして、またもやロリンにびっくり!

ぜひ、「ハローサマー、グッドバイ」と合わせて読んでみてください。

パラークシの記憶 (河出文庫) [ マイケル・コニイ ]
楽天ブックス
¥ 1,045(2021/06/26 20:17時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました