【SF】銀河核へ(上・下)|まるでスターウォーズのような世界観!人型じゃない種族も、異星出身の人間も、みんな魅力的!宇宙船ウェイフェアラー号に乗り込んだローズマリーを待っていたのは、予想を超える大冒険で…個人出版からヒットした、異例の傑作SF!

作者名:ベッキー・チェンバーズ   創元SF文庫

故郷を失った地球人類は銀河共同体の末席に加わり、弱小ながら繁栄を享受していた。超光速航行用の“トンネル”建設作業船〈ウェイフェアラー〉に突如舞い込んだ、「銀河系中心部への新航路開拓」という大仕事。かくして多種族混成クルーの長く賑やかな航海が始まる……。個人出版からヒューゴー賞受賞シリーズになった傑作スペースオペラ!

宇宙船〈ウェイフェアラー〉のゆくところトラブルあり。一年以上に及ぶ長い航海で訪れる様々な天体と、そこで出会う異星種族たち――訳あって火星を逃げ出してきた新人乗組員ローズマリーにとっては、すべてが驚きの連続だ。彼女たちはいくつもの危機を乗り越え、未知の種族トレミが支配する銀河系中心部をめざす。そこに待ち受けるのは? 

危険いっぱいの銀河は、旅立ちたくなる魅力にも満ちている!

個性的なクルーとの旅に、ついていきたい!

スポンサーリンク

異星人の文化が気になる度:★★★★★

宇宙で超光速航行用トンネルを建設するのが仕事で、

おのおののスキルを持った個性的な乗組員たちがいる「ウェイフェアラー号」に、

何やら訳ありの女性・ローズマリーが新入りとして加わるところから、

物語は始まります。

この作品、何といっても特徴的なのが、異星人たちと、独自の文化。

異星人の家族の考え方とか、独自のコミュニケーション方法とか、

とても丁寧に描かれています。

人間でも、出身地によって事情が全然違うんです。

地球を失ってから、移民船暮らしをしたり他の惑星に移住したりしたから、

おのおの個性的なんですよ。

そして、人間型じゃない種族もクルーにいます。

爬虫類みたいなエイアンドリスク人のシシックス、

両生類と昆虫が混ざったようなグラム人のドクター・シェフ、

神経ウイルスで天才化したシアナット人のオーハン。

彼らが、また魅力的なんです!

自分の種族に誇りを持ちつつ、地球人にも気を使い、新人のローズマリーのことも心配してくれる。

どの種族もそれぞれの歴史があり、いろいろ抱えてはいますが、

それを乗り越えて平和になろうと願っています。

このほかにも、まだまだ種族が出ますよ~。

クルー同士の絆度:★★★★

1人気難しい学者肌のクルーがいますが、基本的にみんな仲良し。

賑やかな機械技師キジ―と、小人のようなコンピューター技師ジェンクスは親友。

ジェンクスはAIのラヴィ―を深く想っていて、

シシックスと船長アシュビーも深い友情で結ばれています。

そこに新人のローズマリーが加わり、

仕事でトラブルに巻き込まれるたびに、関係が変化して深まって…

家族のように仲がいいクルーたちに、だんだん愛着がわいてくる作品です。

超光速航行用トンネル建設が仕事で、宇宙を仕事で巡る際に巻き込まれる事件を描く、

SF冒険アクション小説ですが、

クルーたちの絆と、銀河にも存在する種族問題を扱った作品でもあるのが、特徴的。

難しそうだけれど、映画化したらすごい迫力だろうなぁ…。

各自の見せ場に注目度:★★★

大仕事には、危険がつきもの。

クルーたちは、何度も修羅場に巻き込まれます。

とにかく、事件がいっぱい起きるので、あとはもう読んで確かめていただくしか(汗)

しかし、おのおのスキルと勇気を駆使して、乗り越えるのです。

普段、能天気でお調子者でも、やるときやるのがかっこいい!

みんな、覚悟を決めて宇宙で働いているんだなというのが、伝わってきます。

この作品は個人出版から人気が出て、大手出版社から刊行されなおしたという変わった経歴があります。

本国では、順調に続編が出ているらしいです。

早く、続編こないかなぁ。

愛あり、友情あり、冒険あり

未知の宇宙を、もっと知りたくなります。

銀河核へ 上 (創元SF文庫) [ ベッキー・チェンバーズ ]
楽天ブックス
¥ 1,144(2021/07/15 10:11時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました