【SF】物体E|秘密の研究基地で進められていたのは、宇宙人と謎の装置の研究!職員がロボットのように生きることを強要される職場…そこで芽生えた恋が、すべてを崩壊させる!

作者名:マック・ロジャーズ脚本→ナット・キャシディ小説化  ハヤカワ文庫SF

あなたに初めて会ったとき、それがわたしの人生が終わった瞬間だった――わたしはダグ。11年前の夜、巨大なクルミのような形をした小型宇宙船が、町の海沿いにあった海軍基地に墜落した。それはやがて〈物体E〉と呼ばれるようになり、研究所に姿を変えた基地で秘密裏に研究されていた。わたしはそこの警備主任だった。そしてあの日、わたしの部下として新人警備員のあなたが配属されてきた……驚愕のSFサスペンス!

当たり前の幸せを、2人の状況が許さない!

とにかく、ずっとハラハラしたい人におすすめです。

スポンサーリンク

心臓に悪い度:★★★★★

新人の年下男性に、主人公ダグが一目惚れをすることから、物語はスタートします。

これだけなら問題ないはずなのに、2人の職場は、宇宙からの謎の物体を研究する秘密基地。

元軍人たちが働き、秘密保持と冷静な行動が何よりも優先され、

職員同士の恋愛には恐ろしい処分が!

嫌だなぁ、こんな職場…。

しかし、2人はどうにも止まれません。

状況を変えるために、一世一代の賭けに出ますが、それは許されざる行動で…

2人のことはバレてしまうのか?

うまくしがらみから、逃げられるのか?と、

もうずっとハラハラハラハラ…心臓に悪いったら!

ダグの葛藤と、不安と恐怖が、

読者に乗り移ってくるようで、ああ読むのが止まらない…。

SFと恋愛、というとマイクル・コーニイの「ハローサマー、グッドバイ」を読みましたが、

あの作品はキュンキュン、こちらはハラハラかつドロドロで、

全く違う恋愛劇になっています。

どっちも面白いのだけは、共通していますが…。

女には、いろいろな顔がある度:★★★

ダグは本来クールでタフで、まさに女軍人といったところ。

それなのに、あれよあれよと恋の罠に。

鉄壁のガードを持つ大人の女でも、突然熱い一面が出てくるものですね。

ダグは本当にクールなので、恋に燃える姿は何だか愛しくなってくるくらいです。

普通の職場で働いていたら、人生の春だね良かったね!なのですが…

そうならないのが可哀そうです。

まぁ、途中から「そこまでやるか?」と思わんでもないですが(汗)

基本的な能力が高く、肝が据わっている人物が、

ひとたび暴走すると、大変なことになるのが、よ~く分かる作品でした。

ちなみに他の女性陣も、なかなか個性的です。

正体不明度:★★★

物体Eには、苔が生えた生死不明の宇宙人モスと、

動き出すと人間に害を及ぼす装置ハープが存在します。

モスは生きているのか?

ハープは何のために存在するのか?

といった謎は、最後に明かされるのですが、これがまた意外。

真実によって予想外の結末が訪れます。

結末は好き嫌いが分かれるかもしれませんが、私は好きです。

ダグって、結局すごい性格だなぁ…。

謎の宇宙物質×暴走した恋=収拾がつかない大パニック!

物体E (ハヤカワ文庫SF) [ ナット・キャシディ ]
楽天ブックス
¥ 1,408(2021/06/27 15:49時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました