【ミステリ】キャットフード|化け猫仲間が企画したのは、人肉缶詰⁉正体がばれたら、大事な人間が食べられてしまう…化け猫ウィリーの戦いが始まった!前代未聞の、キャット推理バトル!

作者名:森川 智喜   講談社文庫

極上のキャットフードを作りたい――化けネコ・プルートは人肉ミンチの生産に乗り出した。コテージに見せかけた人間カンヅメ工場に誘(おび)き寄せられた四人の若者。が、その中に人間に化けた黒ネコ・ウィリーが混ざっていた。化けネコどうしの殺傷はご法度。一体どいつがネコなんだ!? 食われたくないなら、頭を絞れ!

可愛くって残酷!

世界観をいかしたミステリが好きな方、必見です。

スポンサーリンク

メルヘンだけど、残酷度:★★★★

猫たちの推理合戦という設定はメルヘンチックですが…。

人肉で猫缶作ろうとするなんて、本当は怖いグリム童話みたいな(汗)

発想が怖いわ!

化け猫社会の法律も、猫の飼い主以外は殺してもいいとか…まぁ恐ろしい。

プルートを中心とした化け猫たちが望む、極上の人肉缶詰には、

新鮮な人間の肉が必要。

試験運用のために、コテージに見せかけた工場に、4人の若者をおびき寄せたはいいものの、

うちの一人の正体は、たまたま混じっていた、なんと同じく化け猫のウィリー。

人間に化けて、グループに溶け込んで遊ぶのが、マイブームだったんですな…

迷惑だけど、可愛い。

ただ、後の3人のなかに、黒猫ウィリーをよく可愛がってくれる女の子がいたから、

事態は複雑に。

彼女を殺されたくないウィリーは、あらゆる手段で‟化け猫バレ”を防いでくるので、

同族殺しができないプルートたちは、缶詰を作れない!

かくして、人間3人が全く気が付かないうちに、

化け猫たちの、推理バトルが開幕したのでした。

実際に人間が缶詰にされるかどうかは、読んで確かめてみてください。

化け猫の頭脳に、感心しちゃう度:★★★★★

主人公ウィリーの賢さにびっくり。

迎え撃つ缶詰工場サイドの猫たちも、奮闘。

私よりも、みんな全然頭がいいなぁと思いながら、読んでいました(汗)

私が島に呼ばれたら、きっとあっという間に猫に缶詰にされてしまう…怖っ!

工場社長プルート&部下ズと、ウィリーの騙し合い合戦は白熱しますが、

途中から、プルートがある助っ人を呼んできて、事態が一気に動きます。

罠を何とかくぐりぬけようとするウィリーですが、この助っ人が手強い。

あと、性格ぶっとびすぎ。

そして最後の最後には、意外なキャラが活躍します。

テンポのいい推理バトル度:★★★★★

文庫本で250ページに満たない長さ。

短いながらも、騙し合いがトントン進むので、がっつり推理小説読んだ感があります。

無駄なく作りこまれた、ミステリの良作!

賢くって恐ろしいけど、やっぱり可愛い化け猫たちが、

猫好きのハートを射止めます。

同じ人物が登場する、またまたメルヘンかつ面白いミステリが何作か出ているので、

世界観が好きになった人にはうれしいですね。

化け猫に狙われたくないけど…やっぱり猫は可愛い♥

猫好きにはたまらないミステリ!

キャットフード (講談社文庫) [ 森川 智喜 ]
楽天ブックス
¥ 583(2021/06/27 15:05時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました