【ホラー・ミステリ】暗黒の羊|「強欲な羊」に魅入られたなら、続けてこちらもどうぞ…。今回語られるのは、白い羊にまぎれた真っ黒な羊をめぐる5つの恐怖!SNSの過激投稿での暴走、女子高生の闇、恐るべき妄想…暗黒の毛皮を隠して暮らす羊の、因果の物語!

作者名:三輪 和音   創元推理文庫

轢き逃げや通り魔事件の動画をSNSにアップしたことから死の女神と崇められ、過激な動画の投稿がやめられなくなり、事故現場を追い求める女。仲間外れの黒い羊になることを恐れ、仲間の死を願う女子高校生など、年齢も育ちも違う羊たちの運命が交錯し、そして絡み合う。その影に蠢くのは、羊目の女なのか。かつて真行寺姉妹が殺し合ったという、いわくつきの洋館で、羊目の女に殺したい人間の名前を三度唱えると……。『強欲な羊』の恐怖ふたたび。

どろどろの恐怖、再び!

ここにも、あそこにも、暗黒の羊が隠れてる…見破れる?

スポンサーリンク

やっぱり嫌な予感しかしない!度:★★★★

前作「強欲な羊」の話は、5つ全てが、ひたすら心臓に悪いホラー&ミステリでしたが、

今作「暗黒の羊」も、案の定というか期待を裏切らないというか!

人間の恐ろしさ・身勝手さ・欲深さがたっぷりの、連作短編となっています。

1つ目の「炎上する羊」は、のんびりした雰囲気の可愛らしい女性が、

たまたま遭遇した事故や事件の動画をアップしたら、死の女神とあがめられ、

どんどん過激な投稿にのめり込んでしまう話。

5つの話の中で、何だか‟いちばんありそう”で、ヒヤヒヤしました。

2つ目の「暗黒の羊」では、お年頃の女の子たちの、

残酷さと弱さとしたたかさが、浮き彫りに。

いきなり、すごい事態になるなぁと思ったら、他の話の伏線というか、

リンクして楽しむ部分があり、細かいところもチェックしながら読んでいくと、

その後がより楽しめます。

3つ目の「病んだ羊、あるいは狡猾な羊」は、勘のいい人なら、

誰が危ない人間なのか気づくかも。

病んだ雰囲気満載のサスペンスなのは、この話でしたね…。

4つ目の「不寛容な羊」は、あらら、こんな繋がりが!と驚く展開に。

語り手の、どう考えても好感度が低い男と、怪しい小屋の住民たち。

激しい吹雪の中での会話は、異常性を増していきます。

恐ろしい結末ながらも、個人的にはちょっとすっきりしたかも…。

5つ目の「因果な羊」は、まさに何の因果か!というくらい、

それぞれの話がリンクして、意外な全体像が明らかに

リンクを楽しむ度:★★★★★

正直言って個人的には、「強欲な羊」の方が好き…。

今回の「暗黒の羊」は、登場人物の暴走&人でなしっぷりが凄まじく、

このいっそ、すがすがしいくらい問題がある人間性と、

各話の人物たちの、リンクを楽しみました。

リンクと言っても、今作の他の話とだけでなく、前作との繋がりもあるので、

やはり「強欲な羊」から読んだ方がいいです!

2つ目の話で、ああ同じ人物の名前が出たなぁと思ったら、

4つ目・5つ目で一気に、恐怖の相関図が明らかに!

‟羊目の女”に関わったら、逃げ切れないということだろうか…。

人間の邪悪さ度:★★★

前作では、すべての元凶ともいえる恐ろしい‟羊目さん”や、

狡猾で思い通りに人を動かす女、恨みを忘れられず病んでいく女などの、

怖い人間が出てきました。

今作は、他人の気持ちを全く考えない人間が、じゃんじゃんいるような気が(汗)

際立って性格が悪い人が出てきます。

しかし恐ろしいのは、その人間が暗黒の羊とは限らないこと…!

さらに恐ろしいのは、読みだすと止まらないし、後味の悪さが癖になること…!

もし3作目が出たら、買っちゃうだろうなこれ。

いや~な怖~い話なのに、ついつい読んでしまう。

身の回りに、暗黒の羊がいませんように!

暗黒の羊 (創元推理文庫) [ 美輪 和音 ]
楽天ブックス
¥ 858(2021/06/17 20:06時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました