【ホラー・幻想】奇譚を売る店|「また買ってしまった…。」古書に憑かれた人間に、忍び寄る怪異!今はなき脳病院案内・悪趣味な探偵小説・幻で終わった映画の企画書・奇妙な大河ロマン本などなど…手に入れた「私」に予想外の悪夢が待つ、妖しい魅力の連作短編集!

作者名:芦部 拓   光文社文庫

「また買ってしまった」。何かに導かれたかのように古書店に入り、毎回、本を手にして店を出てしまう「私」。その古書との出会いによって「私」は目眩く悪夢へと引きずり込まれ、現実と虚構を行き来しながら、背筋を寒からしめる奇妙な体験をしていく……。古書蒐集に憑かれた人間の淫靡な愉悦と悲哀と業に迫り、幻想怪奇の魅力を横溢させた、全6編の悪魔的連作短編集!

6編すべてに、驚きの結末が待っている…。

本好きにはたまらない、悪魔的な魅力!

スポンサーリンク

古書と怪奇への愛を感じる度:★★★★★

文筆業についている‟私”が古書店で、ある本を‟また買ってしまった”ことから始まる、

6つの奇妙な物語です。

今はもうない、昔の西洋建築の立派な精神病院の、

詳細な紹介が載った「帝都脳病院入院案内」。

手に入れた‟私”は魅了され、病院のジオラマを手作りするのですが、

次第におかしなものが見え始め…。

名もなき三流作家の、荒唐無稽で悪趣味な、

エログロナンセンスともいえる探偵物語「這い寄る影」。

苦笑いをしながら読むような小説なのに、なぜか‟私”は気になってしょうがない。そして…。

謎を残して終わってしまった、

探偵少年の活躍を描く漫画「こちらX探偵局/怪人幽鬼博士の巻」。

昔好きだった漫画。ところどころおかしなところがあって、調べ始めた‟私”。

そして、彼がとった行動と、意外過ぎる真実に驚愕!

幻に終わった、映画の企画「青髭城殺人事件 映画化関係綴」。

ある少女を目撃したことにより、

一気に恐怖へと突き落とされた男が迎える結末とは?

ある人物の人生が描かれた大河ロマン「時の劇場・前後篇」。

‟私”はその本を手にしてしまったために、

どうしても行動を起こさなくてはならない羽目に。

古書店主の自費出版物と思われる謎の本「奇譚を売る店」。

古書を愛する人間の、狂おしい執念が恐ろしい!いままでのシメとなる話。

以上、6つの古書の内容と、それぞれの本に出会った人が遭遇する、

現実とは思えない出来事が描かれています。

物語の展開も、もちろん面白いのですが、

登場する古書が、すべて掘り出し物というわけでもないのに、

何だかとっても読みたくなってしまう…!

読んではいけないものを読んでみたいような、不思議な魅力がありました。

悪夢の展開は予想できない!度:★★★★★

古書に出会った人間が迷い込むのは、悪夢的な不可思議極まりない世界。

その幻想怪奇が入り混じった物語の展開は、まるで予想できません。

個人的に、特に好きなのは「帝都脳病院」と「こちらX探偵局」です。

「帝都脳病院」は、美しい病院と壮絶な治療内容の対比に引き込まれ、

ラスト1ページで意外な結末。

「こちらX探偵局」では、予想外…というか斬新なラストに、唖然としました。

「這い寄る影」には、暗い笑いと恐ろしさがあり、

「青髭城殺人事件」では、ミステリと怪奇が絡み合い、

「時の劇場」は、世にも奇妙な物語みたいな感じがあります。

そして、「奇譚を売る店」で、この作品の真実の姿が!

あと、各話表紙イラストが素敵です。

奇々怪々な雰囲気にピッタリ合っていて、世界観にマッチしすぎ!

たまに読みたくなる中毒性度:★★★

文筆業に携わり、古書店でつい衝動買いをしては後悔する…そんな男性が、

だんだん本にはまり込んでいき、気が付けば日常を逸脱している…。

「たまたま手にした本から始まる物語」には、

もともとすごく惹かれるタイプなんですけど、

この作品に待っているのは、ワクワクするファンタジーではなく、めくるめく悪夢の世界。

これが、何だか癖になってしまい、何回か読み返しています。

好きな人は、とことん好きになっちゃう作品かも。

推理作家が描く、古書怪異譚!

妖しい世界から、帰ってこれないかも…?

奇譚を売る店 (光文社文庫) [ 芦辺拓 ]
楽天ブックス
¥ 726(2021/09/03 17:16時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました