【ホラー・幻想】禁じられた楽園|大学生の捷に近づいてきたのは、若き天才美術家の烏山響一。彼に招待され、山奥にひそかに造られた野外美術館に赴くが…。そこで待ち受けていたのは、悪夢のような作品と、恐怖の体験!響一の目的とは、一体何なのか?恩田陸の幻想ホラー大作。

作者名:恩田 陸   徳間文庫

建築学部に通う大学生の平口捷は、姉と二人暮らしの平凡な生活を送っていた。そんな彼の前に若き天才美術家・烏山響一が同級生として現れる。カリスマ的な雰囲気があり取り巻きが絶えないが、なぜか響一の方から捷に近づいてくる。そして、届いた招待状。訪れた熊野の山奥には、密かに作られた野外美術館が…。奇怪な芸術作品は、見る者を悪夢に引きずり込む。幻想ホラー大作。

美しい文章でつづられる、悪夢の楽園。

迷い込んだ若者たちが、深奥で目撃するものとは?

スポンサーリンク

引き込まれる不気味さ度:★★★★★

語り手となる人物は何人かいて、視点が切り替わりますが、

メインの登場人物の一人が、建築学部に通う大学生・平口捷(さとし)。

母亡きあと、完璧な主婦となったしっかり者の姉・香織と比べると、

美術好きで、のんびりした感じのある青年で、自分を平凡と称しています。

しかし、あるとき同じ大学の、すでに若手天才美術家として有名な烏山響一に話しかけられ、

とまどい、少しおびえつつも、彼に興味を持つように。

その後、大して親しくもないのに、彼に特別な野外美術館ツアーに招待され、

悩みながらも赴くのですが…。

そこで、恐ろしい体験をすることに。

このツアーには、美大生の香月律子も招待されており、

響一をいまいち信用しきれない彼女も、捷とともに事態に巻き込まれます。

そのほか、行方不明になった友人・黒瀬淳を、

彼の婚約者と探す、星野和繁も、物語に合流。

謎多き美術家・烏山響一と、彼の関係者たちは、

一体何を企んでいるのか…。

徐々に不気味さを増す物語に、引き込まれていきます。

美しいのに恐ろしい度:★★★★

作中、アートにかかわる人間が何人か出てきますし、

野外美術館で、捷たちを待っていたのは、

誰も見たことがないような、奇抜かつ巨額のお金がかけられた、

インスタレーション(室内や屋外にオブジェなどを置いて、

空間を変化させ、場所や空間そのものを作品として表現するもの、だそうです。)

美しい芸術の世界に踏み込み、

繊細な感性の登場人物たちが出てきて、

上品な文章で綴られるのに、

作品全体に漂うのは、不安感と不気味さ。

この独特なおどろおどろしさは、恩田作品らしくていいなぁと思います。

後半加速する混乱度:★★★

物語は、大きく分けて、それぞれの人物の背景を描く前半パートと、

実際に「禁じられた楽園」に赴く後半パートに分かれます。

現実離れした体験を、より読んでいて楽しめるのは後半ですが、

じわじわと、不吉な影が忍び寄るかのような前半も、

不思議で意味深なエピソードがあり、

幻想的な恐怖感を味わえて、なかなか…。

丁寧に繊細に描かれたストーリーですが、後半は加速し、

クライマックスでは、ある人物が活躍…そして、意外な結末!

山奥の芸術作品は、恐ろしいダンジョンのようで…。

じわじわ来る、幻想的なホラーが読みたい人におすすめです。

禁じられた楽園 新装版 (徳間文庫) [ 恩田陸 ]
楽天ブックス
¥ 935(2021/09/15 16:47時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました