【ホラー】庵堂三兄弟の聖職|残された遺族のため、故人の人体から‟製品”を作る、それが遺工師。遺工師を継いだ長男・都会に疲れた次男・粗暴な三男の、庵堂家三兄弟が集うとき、とんでもない依頼が!人間の愛が狂おしいほどに、悲しく愛しい…。奇妙で強烈な日本ホラー小説大賞受賞作です。

作者名:真藤 順丈   角川ホラー文庫

死者の弔いのため、遺体を解体し様々な製品を創り出す「遺工」を家業とする庵堂家。父の七回忌を機に、当代の遺工師である長男・正太郎のもと久々に三兄弟が集まる。再会を喜ぶ正太郎だが、次男の久就は都会生活に倦み、三男の毅巳も自分の中の暴力的な衝動を持て余していた。さらに彼らに、かつてなく難しい「依頼」が舞い込んで―。ホラー小説の最前線がここに!第15回日本ホラー小説大賞受賞作。

奇妙な職業を通じて、家族の、遺族の愛を描く!

まさに異色のホラー作品は、読後に深い余韻を残します。

スポンサーリンク

驚きの家業のインパクト!度:★★★★

何といってもインパクトがあるのは、三兄弟の家業である「遺工師」。

遺体をこっそり回収し、遺族の依頼によって、

さまざまな生活用品や装飾品に加工します。

骨を使ったお箸や櫛だったり、髪を使った筆や刷毛であったり…。

とんでもない仕事内容ですが、遺族心理を考えると…

う~ん、真っ向から完全否定もしにくい…。

まだ身近にいてほしい!という思いが何とも切実です。

この異常な家業に従事しているのは、三兄弟の長男と三男。

長男・正太郎は、大柄で優秀な職人。弟大好きブラコンさんです。

三男・毅巳は、粗暴で口が悪い、かつての問題児。

現在は少し落ち着いて、家業を手伝っていますが、女性関係で問題を起こしやすく、

かなり厄介な‟症状”を抱えています。

唯一家を出て会社員をしているのが、次男・久就。いちばん常識人。

しかし、都会のブラック企業勤務に疲れ切っており、

今回は父親の七回忌で久々の帰省です。

三兄弟が久しぶりに揃い、喜ぶ正太郎でしたが、さっそく三男が問題を起こすわ、

次男は兄弟に言いづらい悩みを抱えているわ、

とんでもなく難易度の高い、正太郎にとっても初めての依頼が入ってしまうわで、

大変なことに!

個性的な三兄弟の、絆と葛藤という、それだけだと普通の物語が、

人間の死体を加工するという仕事のせいで、読んだことのないものへと変化!

仕事をする‟工房”の描写は、うげっ!と言いたくなるようなもので、

兄弟の、ときにほのぼのとしたやりとりとの、ギャップがすごい。

常人には考えられない仕事ですが、鮮やかな職人技や超えられない壁といった描写があり、

この職業が実際に存在するもの、と錯覚させられそうに!

読んでいるうちに、遺工師の仕事と、家族と依頼人のドラマに、

引き込まれてしまいました。

ホラー×人間ドラマ×ミステリ度:★★★★★

前述のように、幽霊や物の怪が出たり、異常な殺人鬼に追われて、怖い怖い!

というホラー小説ではありません。

遺工師の作業はグロテスクで恐ろしいし、残酷で凄惨な描写も多々ありますが、

やはり‟異色のホラー”と言える物語です。

ホラー小説的な設定で、異常な環境での人間ドラマと、

歪だけれども悲しいくらい真摯な、最期の愛の形を描いた作品かと。

それゆえにか、個人的にとても印象に残りました。

好きな人は好きな作品ですし、真藤順丈が好きな人は、

ぜひぜひ手を出してほしいです。

唯一のホラー小説をどうぞ!度:★★★

ダ・ヴィンチ文学賞をとったデビュー作「地図男」、

直木賞&山田風太郎賞W受賞の青春・歴史小説「宝島」、

ポプラ社小説大賞特別賞をとったディストピアもの「RANK」、

アウトロー小説「墓頭」に、異色の警察小説「夜の淵をひと廻り」、

特殊な体をもつ青年とヤクザとの戦い「しるしなきもの」、

不思議な幻想冒険もの「黄昏旅団」などなど。

実に、さまざまなタイプの作品を書かれる、個性派の作家さんですが、

長編ホラー小説として書かれているのは、この作品だけのようです。

それで、ホラー大賞受賞しちゃうのが、本当にすごいわ…。

色々なジャンルが混ざった作品が多い中でも、ホラー文庫は珍しいので、ぜひ!

異常なのに、どこか魅力的な家族。

意外な読後感をもたらす、ちょっと変わったホラー小説大賞受賞作!

庵堂三兄弟の聖職 (角川ホラー文庫) [ 真藤 順丈 ]
楽天ブックス
¥ 704(2021/04/24 14:21時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました