【青春】宝島|沖縄地元民の英雄であった青年・オンちゃん。しかし彼は突然消えてしまい、残された弟・親友・恋人は、激動の時代を全力で駆け抜ける!そして3人の運命が収束するとき、ついに謎が解けて…。沖縄の最も熱い夏を描いた、のめり込む面白さの大傑作!直木賞&山田風太郎賞、W受賞作。

作者名:真藤 順丈(しんどう じゅんじょう)   講談社

3冠達成★第9回山田風太郎賞&160回直木賞受賞!&第5回沖縄書店大賞受賞!

希望を祈るな。立ち上がり、掴み取れ。愛は囁くな。大声で叫び、歌い上げろ。信じよう。仲間との絆を、美しい海を、熱を、人間の力を。

英雄を失った島に新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染みーーグスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少年少女は警官になり、教師になり、テロリストになり、同じ夢に向かった。

沖縄の戦後復興時代を描いた、超大作!

真藤さんにしか書けない、熱い青春物語です!

スポンサーリンク

とにかく面白い度:★★★★★

米軍基地から物資を盗む‟戦果アギヤー”の英雄、「オンちゃん」。

仲間と基地に潜入した夜、突然消えてしまいます。

残された親友グスク、弟レイ、恋人ヤマコは、オンちゃんを探そうとしますが難航。

それぞれ、時代の波に翻弄されながら、選んだ道を歩もうとします。

オンちゃん失踪の謎、3人の激動の人生、沖縄の米軍基地との闘い。

これらが熱く、テンポよく語られます。

レイは戦いを続けようとし、グスクは刑事になりさまざまな事件に巻き込まれ、

ヤマコは強く生きようと、周りが驚く道へ。

この3人が、なかなか魅力的!

ヤマコさんも素晴らしいけど、個人的にグスクと友達になりたい。

3人のまわりでは、つぎつぎ事件が起きて、ハラハラハラハラ…

読むのが止まらなくなります。

青春小説かつミステリ小説で、成長物語で歴史小説でもある…

総合小説とでもいうんでしょうか。

もう、とにかく、いろいろなジャンルが混ざった傑作!

テーマは重く、語りは軽快!度:★★★★★

沖縄と米軍基地の問題、本土と沖縄の関係。

重く難しいテーマですよね。

ひどい事件が、たくさん起きていますし。

読んでいくと、こんなに悲惨なことがあったのか…!と愕然とするほど。

そりゃ、沖縄の人も怒るわな…。

しかし、この作品では問題について考えさせられつつも、

そんなに暗くならずに読めるんです。

何といっても、テンポのいい軽妙な語り口と、

頻繁にはさまれる沖縄方言(うちなーぐち)。

このテーマをこのテンションで読ませるなんて!

「あきさみよう!」「カフー!」などなど、癖になりそうです。

謎と歴史と成長と…度:★★★★

オンちゃん失踪の謎以外では、登場人物が何を画策しているのかも気になります。

密貿易団、活動家、アメリカ政府の諜報員…。

みんなの思惑が重なって、クライマックスは緊迫!

オンちゃんの謎が解けるときには、感動と、沖縄の神秘を感じます。

子どもから大人へ、沖縄の民として生きていく3人の成長も、見どころ。

「そろそろほんとうに生きるときがきた」

読んだ後、この言葉に込められていたものを考えさせられます。

最後のページで、じ~んときた!

「うちなーぐち」満載で語られる、魅力的な文章。

読後に希望が湧いてくる!余韻が素敵な感動小説!

宝島 [ 真藤 順丈 ]
楽天ブックス
¥ 2,035(2021/06/27 15:49時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました