【ミステリ】黒面の狐|敗戦で多くを失った若者・波矢多は、陰のある美青年に助けられ、炭鉱夫となったが…。炭鉱に「黒い狐面の女」が現れるとき、殺人事件が!炭鉱を恐怖に陥れる、黒い狐面の正体とは?じわじわゾ~っとしてくる、まさにジャパニーズ・ホラーミステリ!

作者名:三津田 信三   文春文庫

敗戦に志を折られた物理波矢多は、九州で炭坑夫となる道を選ぶ。意気投合して共に働く美青年・合里光範もまた、朝鮮人の友を過酷な労働に従事させた過去に罪悪感を負っていた。親交を深める二人だが、相次ぐ変死体と“黒い狐面の女”の出現で炭鉱は恐怖に覆われる。ホラーミステリーの名手、新シリーズ開幕!

ミステリ要素の強いホラーといえば、この人

本格推理シリーズも、もちろん面白いです!

スポンサーリンク

主人公が魅力的度:★★★★

主人公・物理(もとろい)波矢多(はやた)は、満州の建国大学の学生でした。

この大学は、選ばれた優秀な若者しか行けない、超エリート校。

生徒たちは、より良い世界をつくることに情熱を燃やしていましたが、

地元民とはうまくいかず、戦争がはじまり徴兵され、

生徒も教師も、激動の時代に飲み込まれてしまいます。

波矢多も、当初は熱い思いを抱いていましたが、民族が争い合う姿を見るにつれて、

自分の夢を見失っていってしまうのです…。

しかし、炭鉱の暮らしを体験し、いろいろな角度から敗戦後の国と人々を見て、

自分の目指す道を探そうと決意。

めげない姿勢と、普段の好青年っぷりに、応援したくなります!

もともと明晰な頭脳が、事件でも活躍。

今後、名探偵になっていく予感を感じさせました!

戦後の描写がリアル度:★★★

戦後の暮らしの辛さ、脱走者がでるような炭鉱の厳しさ。

戦争中の行動に対する、深い後悔。

たくましく生きていこうとする人々。

などなど、考えさせられる部分が多かったです。

生々しい話も、いっぱいで…平和な時代に生まれるって、本当にありがたい…。

炭鉱で働く女性が、明るく気丈で、魅力的でした。

好青年である主人公を意識した言動は、いじらしくて可愛い!

全体的におどろおどろしい雰囲気の本作で、リフレッシュさせてくれる存在かも。

怪談とミステリの融合度:★★★★★

炭鉱にまつわる、恐ろしい黒い狐面の女の話が、おどろおどろしい…。

冒頭の、‟ある老炭鉱夫の話”は、本当に怖い!

最初読んだとき、ひ~!ってなりました。

この本で、一番怖い部分じゃなかろうか…(汗)

炭坑での事故の後、黒面の狐が目撃され、つぎつぎ殺人が起こります。

炭鉱という過酷な空間と、怪談の不気味さが融合し、

何とも言えない、恐ろしい雰囲気の作品に。

確かに、炭鉱の暗闇って、慣れないうちはメチャクチャ怖そう…。

秀逸なミステリで、最後の最後まで、騙されました!

恐ろしい怪談と奇怪な殺人!

まどわされず、真相が当てられるでしょうか?

黒面の狐 (文春文庫) [ 三津田 信三 ]
楽天ブックス
¥ 1,155(2021/06/28 07:55時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました