【ホラー】のぞきめ|「ミステリ要素のあるホラー」の傑作!貸別荘地を訪れた学生たちを襲う恐怖を描く、背筋が凍る前編。呪われた村に赴いた青年が、戦慄の真実を知る後編。ゾ~っとする正統派ジャパニーズホラーミステリです!夜読むと、何かに覗かれている気がするかも…?

作者名:三津田 信三   角川ホラー文庫

何かに覗かれている──そんな気がする時は、一旦本書を閉じてください。禁じられた廃村に紛れ込み恐怖の体験をしたあげく、次々怪異に襲われる若者たち。そこは「弔い村」の異名をもち「のぞきめ」という化物の伝承が残る、曰くつきの村だった──。ミステリとホラーの絶妙な融合!

映画「のぞきめ」原作。

恐るべき2つの怪異譚からなる、戦慄の物語の結末とは?

スポンサーリンク

どっちも怖い度:★★★★

作者本人と思われる作家は、あるライターに興味深い怪異の話を聞きます。

‟のぞきね”‟のぞきめ”などと語られ、

しかし詳細はよく分からない謎めく怪異。

これについて詳しいらしい、老年の民俗学者・四十澤(あいざわ)は、沈黙を守っています。

しばらくして、妙な成り行きで、

四十澤が‟のぞきめ”について書いたノートを入手した作者ですが、

そのノートを読んだことがあるライターは、

「‟あれ”が覗きにくるから、絶対に読まない方がいい」と意味深な発言をし…。

迷いつつも、作者はこの謎を突き止めることを決心。

2つの怪異譚をまとめ、語りだす…

そして、第1部・第2部と恐怖の物語が綴られるという作品です。

2つの怪異譚のタイトルは、第1部が「覗き屋敷の怪」。

第2部が「終い屋敷の凶」。

う~ん、おどろおどろしそう…。

第1部「覗き屋敷の怪」は、辺鄙な貸別荘地でバイトをする4人の若者を襲う怪異の話です。

女性のうち1人が、巡礼する母娘を目撃し、

村を訪ねるという彼女たちが気になったのか、

空き時間にその村にみんなで行ってみよう!と提案。

ハイキング感覚で楽しんでいた彼らは、恐怖の事態に直面し逃げ帰りますが、

これはまだまだ序の口で…。

第2部「終い屋敷の凶」は、四十澤が若かれしころに、ある青年と親しくなったことで、

山奥の村に赴き、とんでもない事件に出くわしてしまう、という話です。

この2つは、違う時代の同じ場所の話で、前半の恐怖の正体が、後半明かされる構成。

いやー、怖い。

そうそう、ジャパニーズホラーってこういう怖さだよね!という感じ(汗)

前半はそうでもないかなと思ったんですけど、バイトの子たちがとんでもない目にあい、

じわじわ怖くなる。最後ひぃってなります。

後半も怖いんですけど、こっちはクライマックスに、

そういう話だったの⁉と驚く展開が!

まさに、ジャパニーズホラーかつミステリで楽しめました。

ミステリとの融合度:★★★★★

呪われた村の、閉鎖的な人々と外部からの訪問者。

いわくつきの屋敷の怪異、過去のおぞましい伝承。

まさに日本の、正統派ホラーという感じなんですが…。

クライマックスに、怒涛の勢いで悲劇が起き、予想もしなかった真実が明かされます。

今まで、騙されていた!

後半は、読み返して‟なるほど~”と納得しました。

ホラーだけでなく、ミステリ要素も欲しい人におすすめの作品。

同じ作者の「黒面の狐」も、怖面白いミステリだったし、そういうのが得意な人なんですね。

澤村伊智「ぼぎわんが、来る」の2作目「ずうのめ人形」も、

ホラーミステリとして面白かったので、おすすめです。

怪談と民俗学度:★★★

日本には、数多くの怪談話があります。

元ネタというか、昔の不幸な事故や事件があって、お話がつくられるという感じですよね。

昔話からの派生だから、民俗学になるんですかね。

過去に何かがあって、人々がある行動をし、恐れや罪悪感から怪談を作り上げる。

怪談が生まれる流れがよくわかって、そういう意味でも面白かったです。

怖い、怖いんですけど…。

それだけではないホラーを読んでみたい人は、ぜひ!

のぞきめ (角川ホラー文庫) [ 三津田 信三 ]
楽天ブックス
¥ 748(2021/03/25 14:41時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました