【ホラー】秋の牢獄|ひたすら同じ1日を繰り返す女子大生、移動する神の家から出られなくなった青年、幻術を使えるがために監禁状態にある女性。抜け出すことは出来るのか…牢獄のような状況に閉じ込められた人間の、恐ろしくも美しい世界!

作者名:恒川 光太郎   角川ホラー文庫

十一月七日水曜日。女子大生の藍は秋のその一日を何度も繰り返している。何をしても、どこに行っても、朝になれば全てがリセットされ、再び十一月七日が始まる。悪夢のような日々の中、藍は自分と同じ「リプレイヤー」の隆一に出会うが…。世界は確実に変質した。この繰り返しに終わりは来るのか。表題作他二編を収録。名作『夜市』の著者が新たに紡ぐ、圧倒的に美しく切なく恐ろしい物語。

どの牢獄が、一番恐ろしいのか…。

逃げ場がない状況のはずなのに、幻想的に綴られた美しい物語。

スポンサーリンク

閉じ込められる耽美さ:★★★★★

3つの、ホラーかつややファンタジー的作品が収録された、恒川ワールドの短編集です。

1つ目の表題作「秋の牢獄」は、若干無気力な雰囲気が漂うけれども平凡な女子大生が、

11月7日の秋の一日を繰り返すという物語。

北村薫の「ターン」や西澤保彦の「七回死んだ男」など、

SF小説の題材としては、けっこう見られるパターンの話です。

しかし、同じ日を楽しむ人々ならではの歪な楽しみと、

謎の白い毛布をかぶったかのような存在‟北風伯爵”に捕まるかもしれないという恐怖、

終りのない繰り返しの日々で生じる焦燥が入り混じり、

殺伐とした雰囲気と、神秘的で幻想性の強い文章が同居するのが、恒川作品ならでは!

2つ目の「神家没落」は、飲み会帰りの青年が、

立ち寄った藁ぶき屋根の素朴な日本家屋に閉じ込められる話。

どことなく神性な家から出られなくなり慄く彼ですが、更なる異常事態が!

‟こんな暮らしもありかも?”という思いと、

‟いやいや、やはり普通に生きるのがいちばんだ!という思いが、混然とする物語で、

人間のエゴも描かれており、最も恒川作品らしいと思いました。

3つ目の「幻は夜に成長する」は、妖しさと深い暗黒を感じさせる作品。

幻術を使う少女の、奇妙な人生譚という強烈な設定のせいか、

何となくいちばん現実感がなく、幻想的な物語でした。

このように、三者三様の話ですが、共通点は‟ある状況に閉じ込められる、

おぞましくも美しい作品である”ということ。

そのせいか、どの物語も、どこか退廃的で耽美な魅力があります。

じっとりした怖さ度:★★★★

その他の共通点は、‟直接的にがっつりはっきり怖いわけではない”ということ。

読んで、主人公が置かれた立場を想像して、背筋がゾ~っとしてくる、そんな作品でした。

「秋の牢獄」では、同じ日を繰り返す人々の、あまりにも不安定で平和な日々に。

「神家没落」では、受け入れてしまえば、ある意味理想的な生活に。

「幻は夜に成長する」では、少女ならではの残酷な適応力に。

はっきりとしない、得体のしれない恐怖を、じわじわ感じます。

他の作品もそうですけど、こういう、よく考えたら怖っ!という物語を、

美しく幻想的に描くのが、上手いったらないです。

自分で想像する楽しみ度:★★★

この作品に出てくる、いかなる状況にも陥りたくはないですが、

ちょっと想像する分には楽しいかも?

もし同じ一日を繰り返して、新しい人間関係が出来たら?

もし謎の日本家屋に閉じ込められて、異常な現象に直面したら?

もし幻術が使えて、次第にパワーアップしたら?

何だか想像が膨らんじゃう短編集でした。

そんなに長くない話が3つの本なので、気軽に手を出しやすいかと思います。

不思議で怖いけれど、がっつり恐怖のホラーではない…

そんな作品が読みたい時にどうぞ。

どことなく感傷的な雰囲気も合わせて、秋の夜長にゆっくり読むのにちょうどいい作品。

がっつりホラー<幻想ホラーの気分のときには、恒川作品がおすすめです。

秋の牢獄 (角川ホラー文庫) [ 恒川 光太郎 ]
楽天ブックス
¥ 638(2021/09/08 21:14時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました