【ホラー】二階の王|二階に引きこもる兄に悩む妹、世界の滅亡を防ぐため行動する集団…2つの物語が混じり合うとき、黙示録的戦いが始まる!現代社会の悩みと、特殊能力者たちの使命が融合する、スペクタクルホラー!第22回日本ホラー小説大賞優秀賞受賞作。

作者名:名梁(なばり)和泉   角川ホラー文庫

30歳過ぎのひきこもりの兄を抱える妹の苦悩の日常と、世界の命運を握る“悪因”を探索する特殊能力者たちの大闘争が見事に融合する、空前のスケールのスペクタクル・ホラー!二階の自室にひきこもる兄に悩む朋子。その頃、元警察官と6人の男女たちは、変死した考古学者の予言を元に“悪因研”を作り調査を続けていた。ある日、メンバーの一人が急死して…。第22回日本ホラー小説大賞優秀賞受賞作。文庫書き下ろし「屋根裏」も併録。

家庭の悩みと、世界の命運を握る戦いが、クロスして…?

予測不能な黙示録的ストーリー!

スポンサーリンク

予想と違う度:★★★★★

物語は、引きこもりの兄を抱え、自身も恵まれた状況とは言えない女性・朋子の視点と、

特殊な能力を持つ「悪因研」のメンバーである男性・掛井の視点で語られます。

兄の今後と、それに影響を受ける自分の将来について悩みながら、

地元のショッピングモールでアルバイトをする朋子。

ある男性といい雰囲気になり、家族問題を何とかしようと一念発起、

両親とも話し合い、NPOの人に依頼をし助けてもらおうとします。

しかし、このころから、彼女はおかしな出来事に遭遇するように…。

一方、訳ありの人間が多い「悪因研」のメンバーたちにも、

不気味な出来事やアクシデントが降りかかり、

ついに、‟敵”に牙をむかれ、戦争状態に陥ってしまう…!

朋子の家族と「悪因研」のメンバーは、全く交わらない存在に思えますが、

能力のせいで生きづらく、引きこもりがちなメンバーたちは、

実はそんなに遠い存在ではないのです。

この2つのパートが、どうシンクロしてくるのかが見どころかと。

紹介文と序盤を読み、

2階に引きこもっている兄が、「悪因研」のメンバーと同じ能力を持ち、

朋子と掛井たちが協力して、世界を救おうとする…

そういう感じの話なのかな?と思ったんですけど、

そう簡単な話ではなかった!

思っていたよりもアクションがあるし、神話的要素があるし、

クライマックスに、今までの認識が違っていたと驚かされるし…。

読後まず思ったのが、何だかいろいろ予想と違ったなぁ、でした。

羨ましくない能力度:★★★★

「悪因研」のメンバーは、ある学者が遺した「悪因」と「悪果」についての予言をもとに、

調査活動をしています。

世界を滅ぼす「悪因」を探し出すのが目的で、

彼らには「悪因」に感染した「悪果」と呼ばれる存在を認識する能力が。

「悪果」は人間ですが、彼らはそれぞれ、

視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚・体調の変化で判別することができます。

視覚で認識できる人には、「悪果」は昆虫みたいな頭部をした人間に見えたりするし、

嗅覚で認識できる人には、硫黄みたいなひどい匂いが感じられます。

どのメンバーも、この能力のせいで、社会生活に支障をきたしており、苦労している様子。

危険は察知できるかもしれないけど、こんな能力は正直いらないですね…。

独特な世界観度:★★★

現代社会の引きこもりという、生々しい問題を扱う一方、

信じられないような予言と、異形と能力者の戦いという要素もあり、

神話のような、悪夢のような、不可思議な世界が関与し、

すべてが絡み合って、独特の世界観で描かれる作品でした。

正直、1回目は一気に読んだせいか、ふ~ん?という感じだったんですけど、

2回目を読んでみたら理解が深まり、世界観も分かってきて、なるほど面白い!

書き下ろしの「屋根裏」も楽しめました。

まさか、こんな壮大な物語だったとは!

何も考えず、とにかく読んでみて、意外な展開を楽しんではいかがでしょう?

二階の王 (角川ホラー文庫) [ 名梁 和泉 ]
楽天ブックス
¥ 836(2021/06/29 17:11時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました