【ホラー】恐怖小説キリカ|「ぼぎわんが、来る」でホラー大賞を受賞した作者は、突如悪質な嫌がらせを始めた友人に悩まされることに。エスカレートする行為に、妻キリカの秘密が隠しきれなくなり、恐怖が暴走する!作者自身をモデルにした、フィクションじゃなかったら恐ろしすぎる物語…。

作者名:澤村 伊智(いち)  講談社文庫

宮部みゆき、綾辻行人、貴志祐介、錚々たる作家が選考委員を務める新人文学賞を獲得した「僕」。隣には最愛の妻・キリカ。作家デビューは順風満帆かと思われたが、友人が作品を曲解して執拗な嫌がらせをはじめる。しかしその結果、僕は妻のとんでもない秘密を隠し切れなくなり…これぞ最恐のサイコ・ホラー!

もちろん、これは創作ですよね(汗)

書評レビューを書くときは、よく考えた方がいいかも…?

スポンサーリンク

意外な設定度:★★★★

澤村作品と言えば、ホラー大賞をとって映画化された「ぼぎわんが、来る」がまず浮かぶかと。

今作は、「ぼぎわん」受賞の舞台裏の話ということになっています。

妻と離婚し、働きながら小説を書き、ついにホラー大賞を受賞した作者。

小説を書く仲間4人にも祝福され、

周りに内緒で再婚していた妻・キリカも、とても喜んでくれます。

しかし、小説仲間の一人が、異様な考え方で作者に嫌がらせをするようになり、

作者とキリカは、徐々に追い詰められていきます。

そして、決定的な事件が起きた後、物語はとんでもない方向に動き出して、

「うわっ…。」とひいてしまう混沌とした事態に!

迫る物の怪の恐怖を描いた「ぼぎわん」シリーズでも、

人間の怖さ醜さが描かれていたので、

サイコホラーも面白いでしょう!と手を出したんですけど、

面白いけど、わーお、こういうシーンも書くんだ…という驚きの方が強いかも?

作者の苦悩がリアルに分かる度:★★★

ホラー大賞を受賞し、出版に向けて準備をするシーンがあるのですが、

改稿・入稿・初校ゲラを校正・著者校正・再校ゲラをまた校正して…などなど。

た、大変…(汗)

多くの人がチェックして、ちょっとでもおかしい部分があったら、徹底的に直すんだなぁ。

こんな大変な時に、友人がストーカー化したら、たまらないですね。

作者も、「いよいよ本を出版する」というプレッシャーを感じるうえに、

嫌がらせされて神経ボロボロ。

支えようと妻キリカは頑張りますが、ついに第1章の終りに事件が!

キリカさん、恐ろしい秘密うんぬん書かれていますが、いいお嫁さんなんですよね。

この人に、一体どんな真実が隠されているのか、ぜひ、確かめてみてください。

嫌がらせ行為がエスカレートし、事件が起きた後、物語は予想外の展開に向かい…

序盤のストーカーに対するイライラ何だったっけ?という感じになります。

序盤のイライラを我慢したら、後はひたすら恐怖とご対面!

サイコホラーも怖い度:★★★

「ぼぎわん」シリーズは、現在4作目まで読みましたが、どれも怖く面白かったです。

どの怪異も不気味で、人間に対して容赦がない…。

個人的には、やっぱり「ぼぎわん」シリーズの方が怖いし、作品としても好き。

でも、サイコホラーのこちらも楽しめました。

「ぼぎわん」シリーズは、どの作品にも、人としてどうなの?という人物が何人か登場しますが、

今回は、こういう人たちがメインだから!という勢いで出てきます。

怪異の恐怖を描く「ぼぎわん」に対し、人間の暴走の恐怖に重きを置いたのが本作。

痛い目にあいたくなかったら、気を付けて生きていかないとね…と思わせる作品でした。

文庫コーナーにあった澤村作品しかチェックしていなかったんですけど、

単行本もチェックしてみたら、ホラーミステリやホラーSF集など、

色々なタイプの‟怖い”小説を書いてみえるんですね。

どれも怖面白そうで、そのうち読みたい…!

「ぼぎわんが、来る」を読んだ方、

全く異なる視点で楽しめるかもしれません。

恐怖小説キリカ (講談社文庫) [ 澤村 伊智 ]
楽天ブックス
¥ 836(2021/06/30 16:15時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました