【ホラー・ミステリ】強欲な羊|美しい姉妹の悲劇、妻への疑惑、殺された恋敵、城にやってきた魔女…羊の皮をかぶった狼は誰なのか!ミステリーズ❕新人賞を受賞した「強欲な羊」を収録した、恐るべき女たちの5つの物語!

作者名:三輪 和音   創元推理文庫

美しい姉妹が暮らすとある屋敷にやってきた「わたくし」が見たのは、対照的な性格の二人の間に起きた陰湿で邪悪な事件の数々。年々エスカレートし、ついには妹が姉を殺害してしまうが―。その物語を滔々と語る「わたくし」の驚きの真意とは?圧倒的な筆力で第7回ミステリーズ!新人賞を受賞した「強欲な羊」に始まる“羊”たちの饗宴。企みと悪意に満ちた、五編収録の連作集。

読み進めるにつれて、可愛い羊の下から狼の姿が見えてくる…!

どの話も、読み始めたら最後…ああ止まらない!

スポンサーリンク

止まらないイヤミス度:★★★★

とりあえず、第7回ミステリーズ!新人賞を受賞した第1話「強欲な羊」を読んでみようと開いたら、

止まらなくなって、一気読みしました。

どの話も、作りこまれていて面白い~!

作者は、ホラー映画「着信アリ」の脚本を手掛けた方らしく、

あれも怖くて面白いホラーだったからなぁ、と納得。

まさにイヤミスという後味の悪さながらも、そのクオリティに感心してしまうミステリや、

ミステリに加え、ホラー要素がじわじわ効いてくる話、

最後に物語の様相が一変するパターンや、

ホラーサスペンス全開の展開もあって、

どの話も、それぞれ違う意味で「怖い」ストーリーでした。

怖い女たち度:★★★★★

どの話にも出てくるのは、世にも恐ろしい女…羊の皮をかぶった狼です。

第1話「強欲な羊」が、怖い女度・恐ろしい展開度・妖しい雰囲気度、どれもトップだと思います。

ある資産家の、美しい姉妹に使えることになった、使用人の女性視点で、

幼いころからの姉妹の確執と、ドロドロの愛憎劇、

悲惨な最期を迎える屋敷の住民たちが、描かれます。

わーお…となる展開は、ぜひ読んでいただきたい。

第2話「背徳の羊」では、男女のドロドロに特化。

自分の子どもと友人の子どもがそっくりって、下手なホラーより怖いかも(汗)

第3話「眠れぬ夜の羊」は、個人的に後味の悪さトップ。

「強欲な羊」は、後味うんぬんより、インパクトがすごかったので。

ホラー要素があるけれど、ミステリとしても面白い作品。

不眠症の女性の、不安定さが際立つ、悪夢のような物語でした。

第4話「ストックホルムの羊」も、心地よい読後感とは無縁。

ちょっと変化球みたいな感じで、タイプの違うミステリになっていて楽しめます。

第5話「生贄の羊」は、いちばんホラーでしたね。

前述の話の登場人物たちが、意外なリンクを見せます。

ねっとりじっとり度:★★★

全体的に耽美で、何というか陰湿な雰囲気。

どの話も、爽やかさは皆無。

まさに‟ねっとり”というか、ジメジメした粘着質な文体で描かれた物語でした。

ただ、これが何だか癖になってくる!

次はどんな、背筋がゾ~っとする、羊の素顔を覗けるんだろうと思うと、

ワクワクしてしまいました(汗)

続編「暗黒の羊」が出たので買わなきゃ…これも、心臓に悪そう~。

羊たちの、邪悪な事件と、予想外の真相!

背筋がゾクゾクする読書体験がしたい人に、おすすめです。

強欲な羊 (創元推理文庫) [ 美輪和音 ]
楽天ブックス
¥ 836(2021/06/25 13:44時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました