【短編集】オーブランの少女|「戦場のコックたち」で直木賞候補になった若手作家のデビュー作!美しい庭園に隠された、凄惨な過去。ヴィクトリア朝での犯罪譚。恐るべき北国の姫君の企み。異なる時代の少女をめぐる、美しくも残酷な珠玉のミステリ!表題作のインパクトが、すさまじい…!

作者名:深緑 野分   創元推理文庫

美しい庭園オーブランの管理人姉妹が相次いで死んだ。姉は謎の老婆に殺され、妹は首を吊ってその後を追った。妹の遺した日記に綴られていたのは、オーブランが秘める恐るべき過去だった―楽園崩壊にまつわる驚愕の真相を描いた第七回ミステリーズ!新人賞佳作入選作ほか、異なる時代、異なる場所を舞台に生きる少女を巡る五つの謎を収めた、全読書人を驚嘆させるデビュー短編集。

ときにたくましく、ときに残酷。少女にはいろいろな顔がある。

異なるシチュエーションで、必死に生きようとする少女たちを描く傑作短編集!

スポンサーリンク

インパクトのある短編度:★★★★★

最初に収録されているのが、

表題作でミステリーズ!新人賞佳作入選作「オーブランの少女」。

しょっぱなから、とんでもないインパクトの作品でした!

美しい庭園を管理していた老姉妹が死亡した後、彼女たちが幼い少女であったとき、

オーブランで一体何があったのかが、明らかにされるのですが、

予想を超える凄惨な過去に、ひいいっとなりながら読むのが止まらず。

え、えぐい…。

花が咲き乱れる様子が、とても美しい描写だから、落差にびっくり。

2番目の「仮面」は、ヴィクトリア朝で、醜い姉と美しい妹と関わった医師が、

殺人を犯す犯罪譚。

正統派の騙されるミステリ。

3番目「大雨とトマト」では、雰囲気ががらりと変わります。

レストランの店主が、謎めいた客の少女は、

自分が一度不倫をしたときにできた子じゃ…と疑いだして、大混乱。

あらま!と驚く、何気にパンチが効いたライトなミステリです。

4番目「片思い」は、昭和の女学校での可愛い女の子をめぐる青春ミステリ。

第5話「氷の皇国」は、再び「オーブラン」なみのインパクト!

これが最もボリュームがあり、細部の設定がつくりこまれた、

残酷なおとぎ話のような物語でした。

がつん!と心に刺さる強烈な話も、

ライトなミステリだけれど、しっかり騙される話もあり、

非常に楽しめる短編集でした!

質の高いミステリ度:★★★★

どの話も、予想外の展開と結末でした。

「オーブランの少女」では、一見穏やかで美しいサナトリウムで、

まさかそんな事態が進行していたとは!と驚愕。

全員がつけるリボンの色の意味や、教師たちの言動に隠された真相などが、

一気に明かされるクライマックスは、圧巻の迫力でした。

いちばん怖くて、いちばん面白かった…!

「仮面」では、このまま無事に済む訳ないなぁと思っていたら、案の定…。

黒幕の正体は意外な人物で、言われてみればああ!という感じ。

「大雨とトマト」が一番短い話なんですけど、ひねりが効いていて面白かったです。

「片思い」は、少女たちの心の動きを楽しむミステリでした。

「氷の皇国」は、冷静沈着な犯人の計算と、

それを上回る鮮やかな推理を見せる探偵役の不思議な魅力を、

緊迫の空気とともに堪能できます。

恐ろしいけれど、何だか切ない物語だったなぁ…。

醜くも美しい度:★★★

どの話でも共通するのは、

過酷な時代でも、辛い境遇でも、悩みがあっても、

何とか生き延びよう幸せになろう、とあがく少女が描かれていることです。

ひどく醜かったり、パッとしなかったり、恐ろしいほどの美貌であったりと、

容貌はそれぞれですが、

物語の中で見せる姿は、醜くもあり美しくもあり…。

一筋縄ではいかない存在を丁寧に描き、

彼女たちならではのミステリとして作られており、

読後、は~っと息をつくような、印象深い短編集でした。

重厚なミステリも、ライトなミステリも素晴らしい!

長編作品もおすすめですが、こちらも絶対読んで損なしです。

オーブランの少女 (創元推理文庫) [ 深緑野分 ]
楽天ブックス
¥ 814(2021/06/26 18:35時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました