【短編集】夜よ鼠たちのために|白衣を着せられ、首に針金を巻きつけられ殺された医師。自宅で殺した妻が、ホテルでも死んでいた事実に混乱する夫。妻殺害のため、自分そっくりな男を利用する有名俳優…などなど、9つの短編はどれも傑作!『このミステリーがすごい!2014年版』の「復刊希望!幻の名作ベストテン」にて1位に輝いた名作。

作者名:連城 三紀彦   宝島社文庫

脅迫電話に呼び出された医師とその娘婿が、白衣を着せられ、首に針金を巻きつけられた奇妙な姿で遺体となって発見された。なぜこんな姿で殺されたのか、犯人の目的は一体何なのか…?深い情念と、超絶技巧。意外な真相が胸を打つ、サスペンス・ミステリーの傑作9編を収録。『このミステリーがすごい!2014年版』の「復刊希望!幻の名作ベストテン」にて1位に輝いた、幻の名作がついに復刊!

どの短編も、驚きの完成度!

ミステリファンを満足させるクオリティの短編集です。

スポンサーリンク

レベルの高さに驚愕度:★★★★★

とにかく、収録されている9つのサスペンス・ミステリの、

どれもがレベルが高い、傑作短編集でした!

ときには犯人目線で、ときには巻き込まれた者の目線で、

親子の、男女の、愛憎が絡み合った末の犯罪が描かれています。

「夜よ鼠たちのために」は、表題作だけあって、

この本の中でも、やはり1・2を争うインパクトと意外な真相のミステリ。

権威のある医師2人が、白衣を着せられ、首に針金がまかれた状態で、

殺害されるという恐ろしい事件。

何らかの医療ミスによって、脅されていたようですが…。

冒頭から、深く暗い情念を感じさせる犯人の独白で、

おぞましい真相が待っているだろうな、とは思ったんですけど、

予想を超えていました!

ミステリ史上、かなりおぞましい動機なんじゃ…。

おぞましさと悲しさと意外性で、忘れられないインパクトがある作品です。

1つ1つが濃厚なミステリ度:★★★★

表題作以外も、緻密に考え抜かれた短編ばかり。

どの作品も、50ページくらいのボリュームなんですが、

何だかもっと読んだ気がするくらい、とにかく濃厚なミステリ!

「二つの顔」では、自宅で妻を殺害したはずなのに、

ホテルで奥さんが殺されている、との連絡が警察から入り、

犯人の夫が混乱します。

しかも同じ殺され方で、妻の指輪も2つあり…読者も大混乱。

狂気の悪夢的展開の末に、なるほどね~となる真相が待っています。

「過去からの声」は、幼児誘拐事件から1年たち、警察を辞めた若い刑事が、

彼だけが気づいた真相を語る話。

意外な真相と、登場人物の心理描写が冴える作品でした。

エゴと犯罪を描く巧みさ度:★★★★

犯行を行おうとするもの目線、という作品も多く、

人間の醜い心情がしっかりと描かれた、ドロドロ愛憎劇がたっぷり。

「奇妙な依頼」では、妻の不倫について調べてくれ、

と依頼された興信所スタッフの男が、

妻に尾行がばれ、逆に妻に依頼を受けます。

さらに夫にも失敗がばれ、夫からもまた依頼され…という状態に。

そんな中、ある勘違いから、男と関係のあった女性が殺されてしまうのですが…。

奇妙な依頼の真相は、実に奇妙なものだった!という話です。

「二重生活」では、夫と妻、それぞれの不倫相手が、

泥仕合の末に、最悪の結末に向かって、ひた走る話ですが、

よくあるサスペンスかと思いきや、とんでもないラストが!

「代役」では、人気俳優が、関係が冷え切った妻を殺害しようと、

自分そっくりの男を利用するのですが、

クライマックスに一気に明らかにされる真相の、手の込み方がすごい!

あれもこれも伏線だったのか…と愕然。

どれも、登場人物のエゴと憎しみが伝わってきて、うわ~と思うのですが、

自分の予想の斜め上を行く真相が、待っているのが分かるので、

ドキドキして、読むのが止まらないです。

個人的に、「夜よ鼠たちのために」「奇妙な依頼」「二重生活」「代役」が、

特にええ~⁉となりましたが、他の短編も面白いです本当に。

まさに超絶技巧の、最後のひねりが素晴らしい短編揃いです。

ミステリ好きは、ぜひぜひお読みください!

夜よ鼠たちのために (宝島社文庫) [ 連城三紀彦 ]
楽天ブックス
¥ 803(2021/04/27 08:23時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました