【短編集】うどん キツネつきの|⁇⁇に満ちた、日本SF大賞候補作。犬みたいな生き物を育てる三姉妹・可笑しなアパートの住民の日常・15人姉妹の超人っぷり…などなど、奇妙でシュールでユーモラスな人々を描く、SF短編集!「ゆる~い魅力」で、いつの間にか心に入ってくる、個性派SFを5篇収録!

作者名:高山 羽根子   創元SF文庫

犬そっくりの生き物を育てる三人姉妹の人生をユーモラスに描き、第1回創元SF短編賞佳作となった表題作、郊外のぼろアパートで暮らす人々の可笑しな日常「シキ零レイ零 ミドリ荘」、15人姉妹の家が建つ孤島をある日見舞った異常事態「母のいる島」、ねぶたの街・青森を舞台に時を超えて紡がれる幻想譚「巨きなものの還る場所」など、全5編を収録。第36回日本SF大賞候補作。

シュール路線を突っ走る、妙に印象に残る物語たち!

「な~んだそりゃ」といいつつ、結構好き…!

スポンサーリンク

まったりゆるく異常事態度:★★★★★

5つの話すべて、謎の部分があり、一読してすんなり入ってくる内容ではないです。

ただ共通して言えるのは、‟何だかシュールでゆるくて好きになっちゃうかも?”という、

不可解な魅力があるということ。

とくに、3つ目までの話は、脱力系と言えばいいのか、

‟何か○○なんだけど、結局面白くて好きよ”みたいな…

このふわふわしたとらえどころのない魅力、ぜひ味わってみてください。

最初に収録されている表題作「うどん キツネつきの」に至っては、

最初の一行「今、あのゴリラ啼かなかった?」という珍妙な台詞から始まりますし、

第1回創元SF短編賞佳作に選ばれただけあって、インパクトと個性がすごい!

三姉妹が、犬みたいな生き物・うどんを拾うことから始まる物語ですが、

うどんの描写より、ちょっと変わった三姉妹の日常と月日の流れを中心に描く、

ところどころ笑える、ほっこりストーリーです。

しかし、ラストにSFが駆け込んできて、読後感が…表現しづらいな~(汗)

いちばん好きなのが、3つ目の「母のいる島」。

16人目(⁉)の子どもの出産で、危険な状態にある母を心配しつつも、

島で個性的な生活を送る、15人姉妹。

彼女たちの賑やかな会話を楽しんでいたら、島に怪しい男の影が見え始め、

ついに姉妹に牙をむくのです!…が、ここからが驚きの展開。

人数以外のことでも、ぶっ飛んでいる姉妹と、テンポのいい展開、

最後に明かされる母の秘密と、家族の絆が相まって、

とても印象に残る作品になっていました!

言葉の使い方が面白い!度:★★★★

言葉の使い方が面白い作品集でした。

特に際立っているのが、2つ目の「シキ零レイ零 ミドリ荘」。

敷金0礼金0の、かなりおんぼろなアパート・ミドリ荘の奇妙な住民たちの、

可笑しな生活を、冷静な女の子・ミドリの目線で語る、

最もコメディ色の強い作品です。

入居する外国人の片言な日本語よりもおかしいのが、

ネット環境整っていないし、ほとんど引きこもりなのに、

なぜか通販で必要物資をゲットする男性・エノキ氏の発言。

なんと、顔文字でしゃべる!斬新…斬新すぎる…!

しかも、これが妙にしっくりくる特異なキャラクターというか世界観。

住民もおかしいし、SF的事件が起きても軽くスルーするし、

もう途中から、ツボにはまってはまって(笑)

各話の表紙に、外国語のタイトルがついてるんですけれど、

これも凝っていて、解説読んでなるほど~となります。

もっと読みたい個性度:★★★

このように3つ目の作品までは、ほっこりコメディ色が強いです。

すべてこの路線なのかな?と思っていたら、後半は変化あり

4つ目「おやすみラジオ」では様相が変わり、幻想的な雰囲気が入り始め、

何らかのメッセージを送る作品に感じるような…。

「おやすみラジオ」は、子どもが奇妙なラジオを見つけるブログを見た大人たちが、

徐々にブログの謎にのめり込んでいき…SF色が強く、読んでいてどうなるか分からない、

いちばん不安感の強い作品でした。

最後の「巨きなものの還る場所」は、最も重厚な作品というか、

時代を超えてあるべきところに帰ってくる者たちと、その場所に宿る力を描いた、

幻想的なSF作品になっています。

コミカルからシュールまで、色々書ける作家さん!

表紙イラストに偽りなく、まさにこんな感じの本(笑)

コミカルでシュール、かつ意味深な物語…変わったSFを読みたい人は、ぜひ!

うどん キツネつきの (創元SF文庫) [ 高山羽根子 ]
楽天ブックス
¥ 1,034(2021/06/21 11:38時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました