【短編集】動物たちのまーまー|面白い。面白いけど…どこから突っ込んだらいいんですか?異才が放つ、奇妙な奇妙な物語!絶賛暴走中!

作者名:一條 次郎   新潮文庫

耳を澄ませ。何かが聞こえる――。テノリネコが膨らむ音が。徘徊するネコビトたちの呟きが。貝殻プールのラッコの水音が。盗んだトウモロコシをゆでる熊のご機嫌な鼻歌が。そして、吸血鬼の奏でる陽気なラグタイムピアノが……。混沌と不条理の中に、世界の裏側へと読者を誘う魅惑的な企みが潜む。新潮ミステリー大賞を受賞したデビュー作『レプリカたちの夜』で大ブレイクした鬼才による、異彩を放つ傑作オリジナル短篇集。

「レプリカたちの夜」で、インパクト大のデビューをした作家さん。

こちらは、より読みやすい作品になっていて、おすすめです!

スポンサーリンク

表紙につられた度:★★★

デビュー作「レプリカたちの夜」は、珍妙な設定にも惹かれましたが、

表紙のシュールなシロクマに惚れたのもあり、購入しました。

これが、なかなか難解。

何回か読まないと、自分なりの解釈が出ない作品かと。

世界観は好きだし、シロクマの暴れっぷりがツボにはまったので、また読もうと思ったのですが、

新作を買うかどうかは、正直迷っていました。

で実際は、店頭で表紙を見て、速攻購入。

またしてもシュール!ピザ持った猫なんて(笑)

このキャラクターが、実際に出てくるのか、気になって気になって…。

でも面白かったので、一目惚れして買って、良かったです!

謎の生き物の魅力度:★★★★★

全編、奇妙な生き物が出てきますが、これが魅力的。

テノリネコが、可愛くて可愛くて、一番好きです。

欲しい、欲しいけど…この習性は困る!

困った習性ゆえに(人間サイドにも問題がいろいろある気がしますが)、

どんな結末やねん!という事態に。

他にも、結構ゴーイングマイウェイなネコビトや、本当に美味しいのか気になるアンラクギョ、

突っ込む気すら失せる謎のラッコ、相棒になってほしいとは思えない人間みたいな犬、

食欲暴走気味の熊(?)、何でもありすぎる仙人、もはや同情する吸血鬼がご出演。

カオスですね(笑)

習性が個性的なのはもちろん、性格も個性的だから、どの物語も予測不能です。

世にも奇妙で面白い度:★★★★★

奇妙な生き物が出てくるから、面白いというよりは、

奇妙な生き物と人間がやらかしてくれるから、面白いという感じです。

人間たちも、負けていないんですよ(笑)

いちばん緊迫感があるのは、「アンラクギョ」ですかね。

SF要素が強いのが、「テノリネコ」「貝殻プールでまちあわせ」で、

「まぼろしの地球音楽」は、何とも分類しにくい物語。

「採って穫って盗りまくれ」「ヘルメット・オブ・アイアン」は、もうどこから突っ込めばいいのか。

「ベイシー伯爵のキラー入れ歯」は、タイトルからして面白いだろうと思ったら、

やっぱり面白かったです。

混乱と、不条理と、謎のユーモアと、驚愕と…。

とにかく日常からかけ離れた物語が読みたい人に、おすすめ!

動物たちのまーまー (新潮文庫) [ 一條 次郎 ]
楽天ブックス
¥ 693(2021/06/27 15:49時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました