【ミステリ】殺人者たちの王|「ゲームへようこそ、ジャスパー」ニューヨークを恐怖に陥れる殺人鬼ハット・ドッグ・キラーからの挑戦!予測不能の殺人ゲームに、脱獄した父も関わっているようで…⁉全米を沸かせたYA×ミステリの人気シリーズ、緊迫の第2作目!

作者名:バリー・ライガ   創元推理文庫

ものまね師事件が解決して二カ月、ジャズのもとをニューヨーク市警の刑事が訪れた。21世紀最悪の連続殺人犯である父ビリーに施された殺人者としての英才教育を生かし、ニューヨークで起きている連続殺人の捜査を手伝ってほしいというのだ。渋々同行するジャズ。だが、新たに発見された被害者の遺体には“ゲームへようこそ、ジャスパー”のメッセージが!大好評シリーズ第二弾。

運命が加速する!

まさかの事態が頻発する、波乱の第2作目!

スポンサーリンク

スケールアップ度:★★★★

前作「さよなら、シリアルキラー」の舞台は、ジャズの地元のロボズ・ノッド。

そこで、‟ものまね師”なる連続殺人鬼と対決し、ラストで父ビリーが脱獄しました。

今回の舞台は、ニューヨーク!

行動パターンや人物像がちぐはぐで、得体が知れず、

街を恐怖に陥れている殺人鬼‟ハット・ドッグ・キラー”の謎を解くために赴きます。

ジャズを手伝うよう説得した、ニューヨーク市警刑事・ヒューズとともに、

今まで起きた事件のプロファイリングを行いますが、新たな事件がつぎつぎに…。

途中から、FBI特別捜査官・モラレスも捜査に加わり、事態は緊迫していきます。

そして、ニューヨークには、父ビリー・デントが!

何やら、殺人者と連絡を取り、謎のメッセージを伝えている様子。

いやー、2作目はスケールアップしました。

各キャラの見せ場も増えていて、謎のキーワードがたくさん出て、事態はますます迷走!

各キャラ活躍度:★★★★★

ジャズは、事件現場に残されたヒントから、鋭いプロファイリングを披露。

前作に引き続き、その恐るべきポテンシャルを見せつけてきます。

警察がジャズの実力に驚くシーンが、快感かも(笑)

なんとか犯人を捕まえようとし、また、恋人コニーとの関係や自分の今後についても悩み続けます。

コニーは今回、驚きの行動力と決断力を発揮。

ジャズと付き合えるのは、やっぱりこの子しかいないと思う…。

地元でも、ニューヨークでも活躍!

親友ハウイーは、変わらぬユーモアが素晴らしい。

この人がいなかったら、もっと暗い作品になるかも?

ハウイーは今回、地元でジャズとコニーを支えるサポート役。

高校生3人組の活躍が、見どころの2作目です。

みんなピンチ度:★★★

今回、みんなが大ピンチ!

捜査陣は追い詰められていくし、ジャズはビリーと殺人鬼に翻弄されるし、

コニーは両親との口論にトラブル、あっちこっちへ大忙し、

ハウイーは、ジャズの家でてんてこまい。

どんどんどんどん、物事が加速していきます。

この勢いで、3作目完結編まで、ノンストップ進行!

読むのが止まらなくなります~。

ラスト、とんでもない展開になるし!

ジャズ、コニー、ハウイー、ビリー、登場人物の魅力もアップ!

大都会で、恐怖のゲームにハラハラしてください!

殺人者たちの王 (創元推理文庫) [ バリー・ライガ ]
楽天ブックス
¥ 1,474(2021/06/28 11:07時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました