【ミステリ】荊の城(上・下)|貧しい少女・スウが持ちかけられたのは、令嬢の財産を奪う詐欺計画!しかし、令嬢とスウの間には、徐々に絆が…そして事態は急変し、読者を驚愕させる展開に!二転三転する状況に翻弄される、2人の少女を描き映画化された、CWA最優秀歴史ミステリ長編賞受賞作!

作者名:サラ・ウォーターズ   創元推理文庫

19世紀半ばのロンドン。17歳になる孤児スウは、故買屋の一家とともに暮らしていた。そんな彼女に顔見知りの詐欺師がある計画を持ちかける。とある令嬢をたぶらかして結婚し、その財産をそっくり奪い取ろうというのだ。スウの役割は令嬢の新しい侍女。スウはためらいながらも、話にのることにするのだが……。

スウが侍女として入ったのは、俗世間とは隔絶した辺鄙な地に建つ城館。そこに住むのは、スウが世話をする令嬢、モード。それに、彼女の伯父と使用人たち。訪ねてくる者と言えば、伯父の年老いた友人たちだけという屋敷で、同い年のスウとモードが親しくなっていくのは当然だった。たとえその背後で、冷酷な計画を進めていようとも。計画の行方は? 二人を待ち受ける運命とは?

CWA最優秀歴史ミステリ長編賞(ヒストリカル・ダガー)受賞作。

韓国映画「お嬢さん」の原作。

面白さは、保証付きです!

スポンサーリンク

ノンストップでハラハラ度:★★★★★

物語は、19世紀のロンドンから始まります。

主人公の少女・スーザン(スウ)は、17歳の孤児。

しかし故買屋の一家とともに暮らし、貧しいながらも、育ての母を慕い暮らしていました。

ある日、顔見知りの詐欺師が、ある田舎の城館に引きこもって伯父と暮らす、

大人しく世間知らずな令嬢・モードに対する詐欺計画を持ちかけてきます。

モードは、詐欺師・通称「紳士」に好意を持っているので、

結婚し彼女が相続する財産を奪ってしまおう…という話、ひどい男だなぁ!

モードを結婚までうまく誘導できるよう、スウに侍女として接近してもらいたいとのことで、

ためらいつつも、スウは計画の片棒を担ぐことにするのですが…。

主人公スウが、詐欺事件を仕掛ける側なので、最初から不穏でハラハラです。

計画はどんどん進行していき、上下巻で長いのに、あれあれどうなるの?

と思っていたら、第1部のラストで、とんでもないことに!

まさか、こういう話だったとは~!

あまりのことに止まらなくなり…週末に時間確保しといてよかった~。

第2部で語られるのは、今までとは違う物語です。

あらら何てこと、と思っていたら、第3部で、恐怖の事態に!

どうするのこれ、収拾つくの?なんて心配してしまった(汗)

第3部はひたすら恐ろしいですが、語り手の‟彼女”は、すさまじいガッツを見せます。

付き合わされる男の子が、かなり不憫ですけど…(泣)

2人から目を離せない度:★★★★

スウと紳士が騙すのは、お城で伯父の仕事を手伝いながら、

それ以外はひたすら粛々と暮らす、籠の中の鳥状態のお嬢様・モード。

モードは最初から、新入り侍女のスウに優しく接し、

もともと面倒見が悪くないスウは、大人しいモードを何かと気にかけるように。

そして、友情以上の感情を、次第に抱くようになります。

「半身」しかり「黄昏の彼女たち」しかり、ウォーターズ作品、あるあるです。

何だか、このまま仲良く城で暮らせないものかな?と思うんですけど、

そうはならないんですよね。

予想以上に、すごい事態になるので、びっくりするけれども(汗)

2人の少女から目を離せませんが、彼女と関わる大人たち…こちらも曲者!

展開に仰天度:★★★★★

第2部から、驚きの事実が明かされますが、第3部では更なる驚きが。

予想以上に、考え抜かれた計画だったと分かります。

上下巻の大作ですが、えっ?えっ?という感じで進んでいくので、

あまり長いと感じませんでした。

会話が多くテンポも良く、女性が語り手の読みやすい文章ですし。

登場人物たちには、たくさんの秘密がありましたが、

ある人物が、最後まで隠していた秘密が、これまたすごい。

しかし個人的に、いちばんびっくりしたのは、ある人物がとんでもない変態であったこと!

ドン引きレベルです。もう本当にひくわ~!

いや、欲求としては人間的かもしれないけど、やってることがちょっと…。

うわ~ってなった人が多いと思いますよ…。

全体的に、え~?ってなるシーンが多い作品でした!

ハラハラしすぎて、止まらない!

心臓に悪い…一気に読みたくなる、傑作ミステリです!

荊の城(上) (創元推理文庫) [ サラ・ウォーターズ ]
楽天ブックス
¥ 1,320(2021/08/11 05:30時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました