【ミステリ】死の泉|第2次世界大戦下のドイツ。私生児を身ごもったマルガレーテは、我が子のために、医師クラウスの求婚を受けるが…。美しい歌声に執着するクラウスの狂気によって、彼女と子どもたちは、恐ろしい運命へ!美と愛と狂気の渦巻く、吉川英治文学賞受賞作。

作者名:皆川 博子   ハヤカワ文庫JA

第二次大戦下のドイツ。私生児をみごもりナチの施設「レーベンスボルン」の産院に身をおくマルガレーテは、不老不死を研究し芸術を偏愛する医師クラウスの求婚を承諾した。が、激化する戦火のなか、次第に狂気をおびていくクラウスの言動に怯えながら、やがて、この世の地獄を見ることに…。双頭の去勢歌手、古城に眠る名画、人体実験など、さまざまな題材が織りなす美と悪と愛の黙示録。吉川英治文学賞受賞の奇跡の大作。

戦時中から戦後にかけての、耽美でおぞましい、戦慄の物語。

驚愕のクライマックス…そして、最後の最後に…?

スポンサーリンク

心臓に悪い展開度:★★★★

第2次世界大戦中のドイツが舞台で、第1部の主人公マルガレーテは、

19歳の若く美しい、未婚の妊婦。

出産のために、私生児を身ごもった母親のための、ナチが運営する施設、

レーベンスボルンに身を置いています。

厳しい状況で、施設の仕事を手伝いながら、無事に男の子を出産したマルガレーテは、

突然、施設で力をもつ医師・クラウスに求婚されます。

美しい少年の歌声に、異常な執着を示す彼は、ポーランドから連れてこられた、

素晴らしい声を持つ、2人の少年を引き取りたいのですが、

独身であることが、問題に。

クラウスは、歌声のために、

マルガレーテは、我が子との安全な暮らしのために、結婚します。

しかし、次第に戦況が悪くなるとともに、

マルガレーテを取り巻く状況も、クラウスの偏執的な言動も、

子どもたちの苦しみも、悪化していき…ついに、事件が!

第2部では、第1部の結末がはっきりしないまま、

15年たった戦後に舞台が移ります。

語り手も変わり、マルガレーテのその後は?となりますが、

第1部の登場人物が現れ始め…因縁が繋がっていき、ああやっぱり不穏な雰囲気!

各々が胸に思いを秘めたまま、第3部に突入し、

一気に驚愕のクライマックスへ。

戦時中の、危うい空気に満ちていて、

語り手も含め、誰もかれもが不安定な立場にいる、第1部がもう心臓に悪い!

第2部・第3部もどんどん不穏に展開し、最後までハラハラハラハラ…。

ひえ~と思いながらも、とにかく気になって、読むのが止まりませんでした。

美と愛と狂気度:★★★★★

第2次世界大戦中の、ナチスドイツの思想や、

巻き込まれた人間の、生き残るための行動、

その後のドイツに生きる人々の姿、などまで丁寧に描かれている大作ですが…。

内容で際立っているのが、

芸術にのめり込んだ人間の、愛ゆえに罪を犯した人間の、

信じていたものを捨てられない人間の、裏切りを許せなかった人間の、

狂おしいまでの執念!

退廃的で美しい、妖しい雰囲気の作品の中で、

歴史と狂気に翻弄される人々の姿に、引き込まれてしまいます。

何というか、いかにも皆川博子作品です!という小説。

世界大戦中のヨーロッパが舞台の「薔薇密室」もおすすめです。

ラスト、そういうことなの⁉度:★★★

ついに火薬が爆発し、恐ろしい事態に発展した、第1部のラスト。

とんでもないところで戦後の第2部に移り、

一体あのとき、何があったの?とやきもきしますが、

第3部のクライマックスで、謎が明らかになり、驚きつつもスッキリします。

なるほどそういうことだったのね~と、納得し、

さすがは皆川さんだなぁと、余韻に浸っていたら…あらあらあら?

丁寧な美しい文章の、どっしりした作品ですが、

新しさを感じる仕掛けもあって、楽しめました。

この世界…覗き込むのが怖いけれども、読み始めたら止まらない。

妖しい魅力に満ちた、歴史ミステリの傑作です。

死の泉 (ハヤカワ文庫) [ 皆川博子 ]
楽天ブックス
¥ 1,188(2021/07/11 15:22時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました