【ミステリ】連続殺人鬼カエル男|「きょう、かえるをつかまえたよ…。」稚拙な声明文が添えられた、凄惨極まりない死体!カエル男の連続殺人が、町を恐怖に陥れる!傷を抱える刑事・古手川は犯人を捕まえることが出来るのか?「さよならドビュッシー」と、このミス大賞を争った、サイコサスペンスの傑作。

作者名:中山 七里   宝島社文庫

史上初! 最終候補にダブルエントリーされ、「こっちを読みたい!」という声が続出した話題作。『このミス』ファン待望の作品が、満を持して登場!
マンションの13階からフックでぶら下げられた女性の全裸死体。傍らには子供が書いたような稚拙な犯行声明文。これが近隣住民を恐怖と混乱の渦に陥れる殺人鬼「カエル男」による最初の凶行だった。警察の捜査が進展しないなか、第二、第三と殺人事件が発生し、街中はパニックに……。無秩序に猟奇的な殺人を続けるカエル男の正体とは? どんでん返しにつぐどんでん返し。最後の一行まで目が離せない。

2作読み比べも楽しい!

大賞受賞作「さよならドビュッシー」と、最後まで争った作品!

「ドビュッシー」とは、違う中山さんの魅力が味わえます。

スポンサーリンク

同一作者で違うタイプ度:★★★★★

第8回このミステリーがすごい!では、同一著者の作品が選考を上がってくる異例の事態に。

それが、「さよならドビュッシー」と「連続殺人鬼カエル男」。

一作でも大変なのに、本当にすごいですよね!

両方読みましたが、どっちも面白い!

大賞を受賞したのは「さよならドビュッシー」ですが、

私が何回も読み返したのは、「連続殺人鬼カエル男」の方。

もはや、好みの問題ではないかというレベルの高さです。

共通するのは、‟音楽の力”。

「ドビュッシー」は、辛い境遇に置かれながらも、音楽の力に導かれる少女の話。

「カエル男」は、トラウマを抱える若い刑事が、音楽によって癒されます。

こう聞くと、サイコサスペンスだけどいい話?という気もしますが、

ところがどっこい、こちらは心をえぐってきますよ~。

同じように‟音楽による癒し”を描いていても、方向性が違うのです。

でも熱い作品で、一気読みしてしまいました!これは止まらない!

社会派サイコサスペンスの傑作度:★★★★

事件は、口にフックをかけられ、

マンションの13階から吊るされた女性の遺体が見つかったことから始まります。

その犯行現場には、子どもの日記のような幼い文章の不気味な犯行声明文が。

その後も、「カエル男」の文章が添えられた、凄惨な遺体が見つかり、

犯行の残虐さと、被害者に接点が見つからないという事実が、人々の心を恐怖で蝕みます。

ベテラン刑事と組む主人公の若い刑事・古手川は、必死で捜査をしますが、

犯人は捜査陣をあざ笑うように、つぎつぎと殺人を犯し、町中がパニックに。

そんなとき、捜査中に、ある青年の保護司を務めるピアノ教師・有働さゆりと知り合い、

彼女の力強い演奏に、癒されていきます。

古手川には、悔やんでも悔やみきれない過去の出来事があり…。

残酷極まりない死体、子どもの日記みたいな犯行声明文、

まるでバラバラな被害者の選び方の謎、司法と精神疾患の闇、

合間に挿入される、犯人の救われない幼少期。

緊迫のシーンと、ハラハラする描写が続きます。

不気味で凄惨な事件によって、町が恐怖のどん底に突き落とされたとき、

警察への不信が爆発してあわやの事態に!

後半の波乱から、一気に驚愕の真実&恐ろしい一騎打ちかと思いきや、

まだその先にも、驚きが用意されていて…

すごい話だったと思ったら、そこでもまだ終わりじゃないんですよ~という、

もう、お腹いっぱいです状態になる作品でした。

古手川刑事の成長に期待度:★★★

主人公の古手川和也刑事、他の作品にも、結構出ます。

中山さんのシリーズに出るキャラって、他作品への出張率が高い気が。

ファンにはうれしいですね。

古手川刑事、最初は好きな性格ではなかったんですが、読み終わるころには、

これから頑張って成長するんだよ~と応援したくなりました。

ただ者じゃなさすぎる上司に、今後も鍛えられるでしょう!

続編「カエル男ふたたび」も、ぜひ一気にどうぞ。

ドラマ化もされた、社会派サイコサスペンスの傑作!

心臓に悪~い刑事小説が読みたい人に、おすすめです。

連続殺人鬼カエル男 (宝島社文庫) [ 中山七里 ]
楽天ブックス
¥ 660(2021/09/04 02:15時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました