【ミステリ】屍人荘の殺人|脅迫状が届いた映画研究部。探偵コンビと探偵少女が向かった先で、待っていたのは、ミステリ史上類を見ない危機的状況!中も外も危険だらけの、非常に特殊なクローズドサークルミステリ!鮎川哲也賞受賞の話題作。

作者名:今村 昌弘   創元推理文庫

神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。
合宿一日目の夜、映研のメンバーたちは肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。
緊張と混乱の一夜が明け――。部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった……!!
究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り謎を解き明かせるか?!
奇想と本格ミステリが見事に融合する第27回鮎川哲也賞受賞作

デビュー作で、ミステリランキング3冠。鮎川哲也賞受賞。映画化。

読んで納得の面白さです!

スポンサーリンク

そりゃ大変だ度:★★★★★

ミステリ愛好会の、ホームズ役・明智(クセあり)とワトソン役・葉村(苦労性)のコンビ。

警察では有名な、美しい探偵少女・剣崎。

脅迫状が届いた、映画研究部と演劇部の面々。

癖がありそうな、OBたち。

彼らが、ペンションの管理人とともに、籠城を余儀なくされるクローズドサークルものです。

これだけ聞くと、何だかよくある設定ですが…。

なぜペンションに籠城する羽目になったのかが、大問題!

そう来たか~という斬新な設定。

そりゃ、外出れないわな…。

あげく、立てこもったペンション内で殺人事件が起きるし、

今までの常識では対応できない状況に追い込まれるし、

逃げ場なしの四面楚歌!

この設定を非常に活かした秀逸なミステリになっていて、面白いんです。

〇〇〇ものと、ミステリの、よいコラボレーションでした!

意外な展開が容赦ない度:★★★★

3分の1ほど読み進んで、なるほどこういう危機的状況になるのね!と納得したあとにすぐ、

意外な人物が犠牲に!

いやー、ダブルでびっくりしました。

その後も次から次へと、血なまぐさい出来事が!

事態が事態だから、ハラハラハラハラ。

設定が奇抜なので、そちらのインパクトばかりが残りそうですが、

合間に登場人物たちの背景の描写もしっかり描かれています。

捜査する側も、捜査される側も、いろいろ抱えているようで…。

斬新な部分を取り入れながら、

悲しさ・ほろ苦さが残るミステリとして、しっかり面白いです。

あとは好みの問題度:★★★

通常では考えられない、特殊な状況下での推理ですが、

それを踏まえたうえで、なるほど!と言わせる真相になっています。

この作品は、第27回鮎川哲也賞受賞作です。

その前の第26回受賞作が、こちらも話題になった「ジェリーフィッシュは凍らない」。

どちらも面白い作品ですが、

より正統派で、とにかく騙されるのが好き!という人は「ジェリーフィッシュ」、

変わり種の設定でアクションシーンがあるけど、推理もがっつりという人は「屍人荘」が好きかな、と感じました。

両方読んで、どっちが好きか比べるのも、楽しい!

今後が気になるシリーズ1作目。

他と違うミステリが読みたい人に、おすすめです!

屍人荘の殺人 (創元推理文庫) [ 今村 昌弘 ]
楽天ブックス
¥ 814(2021/06/27 21:14時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました