【ミステリ】猿の罰|四猿3部作、ついに完結!連続殺人鬼・四猿を追い続けてきた、刑事サム。彼と四猿に深い関係があるという疑いに、追い詰められていく。ウイルステロ、大物の失踪…四猿の罠がどんどん発動する中、ついに過去の真実が明らかに!ノンストップのサスペンスミステリ、怒涛のラストです。

作者名:J・D・バーカー   ハーパーbooks

シカゴの街を震撼させる連続殺人鬼“四猿”と、事件を追う刑事ポーター。ふたりが昔知り合いだったと匂わす写真が発見され、捜査本部は騒然となる。訳がわからぬまま勾留され追いつめられるポーターをよそに、各地で次々と見つかる「父よ、お許しください」と懴悔の句が添えられた“祈る死体”。それは四猿による最後の裁きの始まりだった―すべての謎が解けるとき、その結末に驚愕する。怒涛の完結編!

サムに執着する、四猿の目的とは?

過去のカギは、日記の中に…サム・ポーター刑事、最後の戦いへ!

スポンサーリンク

最初から止まらない!度:★★★★★

前作「嗤う猿」で、とんでもないところで終わった本シリーズ。

待望の、最終巻です。待ってました!

少女誘拐殺人犯の捜査をする中、問題行為で外されてしまったサム・ポーター刑事は、

四猿殺人鬼に導かれ、彼のルーツを暴き、捕まえようと単独行動。

その結果、四猿に逃げられた挙句、彼とサムの間には、

ただならぬ関係があるのでは?と思わせる証拠が、見つかってしまいます。

救出された少女たちのいる病院では、四猿が仕込んだらしきウイルスのせいで、

仲間の刑事と、病院関係者たちが閉じ込められてしまい、

相棒ナッシュとFBI捜査官プールも、難しい立場に。

サムは四猿事件に関係しているのでは?と疑いが迫る中、

四猿は誰も予想しなかった行動に出て、更なる混乱が!

各地で見つかる異様な死体が、隔離された病院内でも見つかるわ、

市の役人サイドでも、警察署でも、刑務所でも、トラブルが発生するわで、

誰も休む暇がないくらい、ノンストップで進行する事態。

これらは、いずれも四猿の罠で…。

追い詰められたサムは、四猿の過去の真実を暴くため、最後の戦いへ。

序盤から、どの登場人物の語りでも、予期せぬ事態続きで、

最終巻にふさわしい、怒涛の展開を見せ続けます。

四猿の本気度:★★★★

今までも、裏を突く行動で、さんざん警察を翻弄してきた、

天才的犯罪者・四猿殺人鬼ことアンソン・ビショップ。

「悪の猿」「嗤う猿」と、捜査陣も読者も、

その予期せぬ行動に、ひたすら混乱させられてきました。

そして、最終巻となる本作では、どう動くかというと…。

今までの集大成です!と言わんばかりの、トラップトラップトラップ攻撃!

各地で発見される異様な死体、警官に直接電話してくる無茶な行動、

あちこちで発生する監視装置の不具合、

サムについて発覚する、本人に覚えのない事実、

挙句の果てには、アンソン自身が自首してきたうえで、あっけにとられる発言&行動。

その天才的な頭脳と、謎めいた仲間たちを駆使して

最後の攻勢とばかりに、大胆不敵な策を弄してきます

と、止まらない…。

半端ないハラハラ展開と、怒涛のスピーディな事件ラッシュで、

前作までと変わらず、読み始めたら止まらない作品になっています。

ついに驚愕のラスト度:★★★★

記憶にあやふやな時期があるために、

狂気の一歩手前へと追い詰められていく、サム・ポーター刑事。

読者も、次第に主人公サムすら信頼できなくなる、

混沌とした悪夢的展開へと、進んでいきます。

ついに、明らかになる真実は…う、うわ~。

最後のシーンがこうなるとは、予想していなかった!

何となく面白そうだな、と1作目を買い、2作目からハマりだし、

思っていたよりも、濃厚な読書体験をすることに。

誰が最も邪悪な猿であったのか…ぜひ、読んで確認してみてください。

過去を暴こうとするほど、サムに身に覚えのない証拠が!

四猿アンソンとサムの物語、その衝撃的な終着点とは…。

猿の罰 (ハーパーBOOKS 144) [ J・D・バーカー ]
楽天ブックス
¥ 1,310(2021/04/22 01:43時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました