【ミステリ】嗤う猿|「悪の猿」の続編!サム・ポーター刑事と四猿の戦いは、まだまだ終わっていなかった…凍った少女の不可解な死体・家族にも忍び寄る魔の手・サムを誘う謎のメッセージ。サムに執着する四猿の目的とは何なのか?急展開、そして衝撃のラスト!

作者名:J・D・バーカー   ハーパーBOOKS

「見ざる、聞かざる、言わざる」になぞらえ猟奇殺人を繰り返した“四猿”が忽然と姿をくらましてから4カ月――シカゴを震撼させる新たな事件が発生した。公園の池で凍った少女の死体が発見されたのだが、体には拷問の形跡や不可解な点が多々見られ、その奇怪な手口に世間は“四猿の再来”と騒ぎ立てる。一方、四猿を長年追う刑事ポーターは独自の捜査を進めていくなか、ある違和感に気づき……。
ジェフリー・ディーヴァーやジャック・ケッチャムら大御所作家がこぞって絶賛する、スリラー界の新星。『悪の猿』に続くシリーズ第2弾!

謎が増え、それを追う人物も増え、舞台も拡大しスケールアップ!

「悪の猿」を超える闇が襲い掛かる、ノンストップの2作目!

秋に出る完結編が、待ち遠しすぎる~。

スポンサーリンク

待ったなしの事件度:★★★★

真冬の公園で発見された、凍り付いた少女の死体。

調べると、非常に手間がかかった細工がされていて、

その異常性から「四猿」が帰ってきたのでは?と、慄く人々と違和感を感じる捜査陣。

つぎつぎ少女が行方不明になるばかりか、

少女の親族までがターゲットとなり、ますます四猿の関与が疑われます。

四猿事件に執着するあまり、問題を起こしたサムは停職になってしまい、

残されたサムのチームたちは、必死に捜査。

FBI捜査官のプールも、サムの言動が正しいのではないかと疑い、

捜査にのめり込んでいきます。

そんな中、停職中のサムのもとに、四猿からメッセージが!

サムは単独行動で、四猿を追うことを決心するのですが、

こっそり単独捜査をするサムのパートも、

翻弄されながらも犯人に近づいていく捜査陣のパートも、

疑問を抱き謎に踏み込んでいくプールのパートも、

犯人と被害者のハラハラのやり取りシーンも、

もうとにかく全部、スピーディーに急展開を迎えるものだから、

結構分厚いのに、一気読み…止まらなかったですね~(汗)

新キャラもたくさん!度:★★★

捜査に協力するスタッフや、FBIのメンバー、弁護士サラに、

ついに登場する四猿の○○!

新しい登場人物が増えて、みんながみんな巻き込まれ四猿に翻弄され、

目が離せない感が増しました。

四猿、前作から相当でしたけれど、恐るべき知能と行動力が増しています…。

それこそ、サムと四猿が、クラリスとレクター博士みたいな関係になってきたような?

FBI捜査官のプールも、高いポテンシャルと嫌みのなさが魅力!

ひたすら犯行をとめようと奮闘する姿勢を、応援したくなります。

サムの同僚たちも、変わらず頑張る頑張る。

今回、IT担当が大活躍。ユーモアの面でも(笑)

ああ、完結編では、誰が報われるのか、気になる!

一体どういうことなの?度:★★★★★

前作では、四猿の過去についての謎が残りました。

だから、続くのかな~くらいだったんですけど、

今作は、読み進めるうちに、「えっ?えっ?どういうこと?」と、

謎が増える増える!

しかも何だか、あの人とあの人の間に関係があるの⁉という事態に発展。

言ってしまいますと、すごい面白くなってきて、

メチャクチャ気になるところで終わります!

2020年秋に、完結編となる3作目が発売予定だそうな。

夏が終わるくらいに、速攻刊行されることを祈るばかり!早く早く読みたいよう~!

2作目からのノンストップ度では、「さよなら、シリアルキラー」シリーズに負けていません。

ああ気になる気になる、早く続きが読みたい!

大御所作家絶賛も納得の、傑作サスペンスミステリ!

嗤う猿 (ハーパーBOOKS 133) [ J・D・バーカー ]
楽天ブックス
¥ 1,359(2021/06/26 20:17時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました