【SF】パプリカ|天才美人サイコセラピストの裏の顔は、「夢探偵パプリカ」!夢からの精神疾患治療を可能とする、驚異の発明‟DCミニ”をめぐり、研究所内で陰謀が。パプリカは仲間とともに戦うも、夢は現実まであふれだし…アニメ映画化された、特殊な世界観に引き込まれるSF作品!

作者名:筒井 康隆   新潮文庫

精神医学研究所に勤める千葉敦子はノーベル賞級の研究者/サイコセラピスト。だが、彼女にはもうひとつの秘密の顔があった。他人の夢とシンクロして無意識界に侵入する夢探偵パプリカ。人格の破壊も可能なほど強力な最新型精神治療テクノロジー「DCミニ」をめぐる争奪戦が刻一刻とテンションを増し、現実と夢が極限まで交錯したその瞬間、物語世界は驚愕の未体験ゾーンに突入する!

美しく、キュートで、聡明なパプリカ。

患者の苦しみを夢から探し出す彼女ですら、DCミニに翻弄され…⁉

スポンサーリンク

第1部と第2部で違う楽しみ度:★★★★★

物語の舞台は、PT(サイコセラピー)機器によって、

精神疾患を患う患者の夢を、画像や動画としてチェックし、

そこから精神分析を行う、という治療が行われている近未来。

精神医学研究所に勤める美貌の女性・千葉敦子は、

同僚の時田とともに、ノーベル医学生理学賞候補とされるほど、優秀なセラピストです。

しかし、彼女にはPT機械を用いて患者の夢にジャック・インし、

夢の中の登場人物となりながら、治療を行う「夢探偵パプリカ」であった、

という秘密の過去があるのでした。

ある事情で再びパプリカとなった彼女と、時を同じくして、

パートナー的存在である時田は、超小型PT機器「DCミニ」を開発するのですが、

これには、開発者の予想を超えるポテンシャルがあり、

現実の世界を大混乱に陥れることになってしまうのです。

研究所内には、敦子と時田の活躍を快く思っていない人間がいて、

DCミニが盗まれるから大変!

この最新機器を付けた人間は、他人の夢に同調して侵入したりできるのですが、

思いもよらぬ作用があったため、

盗んだ側も盗まれた側も、挙句の果てには関係がない一般市民も、

混沌の世界に突入する羽目に!

第1部では、夢探偵として治療に臨むパプリカの活躍が、

第2部では、DCミニをめぐる、夢と現実が混ざり合う混沌の事態を楽しめます!

パプリカの‟治療”が気になる!度:★★★★

第1部で千葉敦子は頼み込まれて、しばらく行っていなかった夢探偵の活動を再開。

突然、不安の発作に襲われるけれど、原因にはっきり心当たりがない男性の、

夢に潜入して治療に臨みます。

最初は夢を映像で見て、簡単な分析を行い、

その後は患者の夢にジャックインし、患者に夢で語り掛け本人に必要なことを意識させて、

原因を探り、本人に気づかせます。

いかにも夢、という感じの意味不明な状況で、パプリカの冷静な観察が行われ、

謎が明らかになっていくのは、探偵小説めいた面白さがありました!

第2部は、DCミニを奪った敵との、摩訶不思議な戦いという印象なので、

近未来SF推理ものといった第1部と、どっちが好きか悩むところです…。

妖しい魅力度:★★★

夢分析と謎解きと、研究所内のトラブルにドキドキする第1部に比べ、

DCミニによって、ありえない現象が巻き起こる第2部は、

緊迫の戦いの連続ながら、どこか退廃的で妖しい雰囲気。

パプリカと、彼女のために戦う男性たちとの関係もあるんですけど、

敵側もなかなか濃い…。

というか、黒幕初老男性と腹心の部下美青年が、ある意味パプリカよりすごい?

DCミニ何に使っとんねん!(笑)

いろいろな人の夢が混ざり合って、怪物が出るわ妖怪が出るわで、

第2部からは、より刺激的な内容となっております~。

「夢」をめぐって、陰謀が加速する!

夢探偵の、現実離れしまくりの活躍を、お楽しみください!

パプリカ (新潮文庫) [ 筒井 康隆 ]
楽天ブックス
¥ 825(2021/06/17 22:12時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました