【ミステリ・アクション】グレイヴディッガー|骨髄ドナーとなり、他人を救おうとする、元悪党の八神。しかし、謎の殺人鬼・墓堀人の連続殺人に巻き込まれ、決死の逃走劇を繰り広げることに!見えない炎を操る処刑人、八神を追う謎の男たち、警察の包囲網…すべてを切り抜けて、患者のもとへたどり着けるのか?熱い傑作スリラー!

作者名:高野 和明   講談社文庫

改心した悪党・八神は、骨髄ドナーとなって他人の命を救おうとしていた。だが移植を目前にして連続猟奇殺人事件が発生、巻き込まれた八神は白血病患者を救うべく、命がけの逃走を開始した。首都全域で繰り広げられる決死の追跡劇。謎の殺戮者、墓掘人(グレイヴディッガー)の正体は?圧倒的なスピードで展開する傑作スリラー巨編!

息つく間もない、スピード感に満ちた、生き様を賭けた戦い!

映画化してほしい、アクション満載のサスペンス!

スポンサーリンク

スピードとアクション度:★★★★★

事の始まりは、薬物中毒の中年男性が殺された事件。

その後、発見された遺体は盗まれてしまいます。

盗難から少しして、とんでもなく不可解な事件が起き、

首都全域が、大混乱に陥る事態に!

黒ずくめの謎の男が、つぎつぎ連続殺人を犯していくのですが、

その拷問のような手法と、不思議な現象は、現実離れしていて…。

知らぬ間に事件に巻き込まれるのが、主人公・八神。

八神は、昔から不良少年で、過去に詐欺事件も起こした悪党ですが、

真人間に生まれ変わろうと、骨髄ドナーに登録。

明日は、いよいよ人のために提供を…というときに、殺人事件の最重要被疑者になってしまいます。

このまま捕まってしまっては、しばらく解放されず、

移植を待つ患者の命が…。

八神は、持ち前の逃げ足を活かして、警察から逃げきることを決意します。

逃亡中、驚きの新事実が、どんどん明らかになっていき、事態は迷走。

犯人逮捕のために力を尽くす捜査陣と、

白血病患者のために、死に物狂いで病院にたどり着こうとする八神の、

熱いドラマが、アクション満載、スピード感たっぷりで描かれています。

これは、なかなか読むのが止まらないです!

主人公も犯人も…度:★★★★

主人公・八神は、不幸な境遇から悪党になってしまいましたが、

反省して、骨髄ドナーをきっかけに、真人間に生まれ変わろうと奮闘します。

教養はないけれども、逃げ足の速さと、いざというときの機転は、なかなかのもの。

犯人・グレイヴディッガー(墓堀人)は、全身黒ずくめの、まさに処刑人といういでたちで、

中世魔女狩りの時代の、墓堀人伝説に忠実な、残酷な方法で処刑を行っていきます。

見えない炎やボウガンを操り、本当に魔物のような恐ろしさ。

主人公も、犯人も、非常に個性的な設定になっていて、

ストーリーと上手いこと絡み合っていて、面白い!

八神を襲う謎の集団の正体や黒幕、被害者たちの共通点、過去の事件なども、

思いもよらない真相で、ミステリとしても楽しめました。

まぁ、いちばん印象に残るのは、

八神の逃げっぷりと、グレイヴディッガーの暴れっぷりでしたが(汗)

そういえば、死傷者数けっこうすごいな…。

印象の変化度:★★★

最初は、怪物じみた格好の犯人が、ひどい方法で連続殺人を行う、

恐怖の殺人劇!といった印象が強かったのですが、

読み進めるうちに、何だか考えていたのと、別の方向に…。

伏線が張り巡らされた、緻密な警察小説でもありました。

最後まできっちりと驚きが用意されていて、

る人物が迎える結末には、思わずおおっと慄き…。

でもこの作品はこの終わり方だな!とスッキリ。

ハラハラのアクションと、

生き様を変えようとあがく八神、警察の誇りをかける捜査陣などなど、

登場人物の熱いドラマがあり、

スピード感満載で、楽しめました。

どんどん展開する、緊迫のドラマ!

刑事ドラマ好きにも、アクション映画好きにも、おすすめです。

グレイヴディッガー (角川文庫) [ 高野 和明 ]
楽天ブックス
¥ 748(2021/05/24 09:25時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました