【アクション】ショットガン・ロード|ここって日本ですよね?信じられないバイオレンスと、熱い男の戦いが、あなたを襲う…殺し屋VS警察VSヤクザのぶっとびアクション小説!

作者名:深町 秋生   朝日文庫

日本で最大級の勢力を誇る暴力団組織・巽会のナンバー2が、殺人集団「忍足チーム」によって暗殺される。メンツにかけて忍足チームを潰そうとする巽会は、元メンバーの汐見に処刑を命じただけでなく、殺されたナンバー2のドラ息子と相棒を組めという・・・・・・。

殺し屋チームが、強すぎる!

日本国内だろうと、爆弾・ライフル・グレネードランチャー!

熱い男の戦いと、ぶっとんだバイオレンスを読みたい人に、おすすめです。

スポンサーリンク

クールに渋い、だが熱い男度:★★★★★

主人公・汐見は、元伝説の殺し屋ですが、ある事件がきっかけで引退。

いやいや参戦するのですが、さすが!という強さクールさです。

殺し屋集団のツワモノ玄羽兄弟や、目的が謎のリーダー忍足。

くえない狸のヤクザ。などなど…

裏社会の男たちの、生き様がシブいです!アツいです!

個人的には、人でなしだけど、玄羽兄弟が好きです。

毒を使う兄と、斧を使う弟とか… 恐ろしいけど魅力的!

解説の人も書いてたけど、いつか、映画化しないかな。

クライマックスでは、戦いでしか生きられない男たちが、切なくて切なくて(泣)

最後は感動しました!

どんどん相棒度:★★★★ 

主人公の相棒・伊吹は、粗野で落ち着きなく、何かと食って掛かってくる困ったちゃん。

最初は、正直うっとうしいなと思いました。

汐見は、クールでかっこいいのに。

でも、だんだん、実は頑張り屋なことが分かってきます。

父親がバイオレンスなヤクザの家に生まれ、苦労してるな~と、途中から好きなキャラに。

中盤、汐見が伊吹のためにおこすアクションに、‟兄貴!”と言いたくなりました。

殺し屋とのバトルだけが描かれる作品ではなく、

それぞれの生き様・葛藤・成長も描かれていました。

過酷な世界に生きる男たちの、魂の物語なのです!

一気読みの、殺し屋アクション度:★★★★★

殺し屋たちの特殊スキル、翻弄されるヤクザと警察。

誰が何を企み、黒幕は誰なのか、どんどん事態が動いてノンストップ!

一気読みしてしまいました。

最終決戦の盛り上がりが、半端ない。

こっちが解決したら、あっちがピンチだし、まさに手に汗握るアクションエンタメ小説です。

このミス大賞をとって映画化された「果てしなき渇き」も、面白かったですが、

私はショットガン・ロードの方が楽しめました。

この作品が好きな人は、「地獄の犬たち」(単行本)もおすすめ。

ハリウッドのアクション映画が好きな人は、ぜひ。

週末に、一気読みしたい本!

文庫 ショットガン・ロード [ 深町秋生 ]
楽天ブックス
¥ 880(2021/06/27 15:05時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました