【ハードボイルド・アクション】影絵の騎士|「B.D.T~掟の街~」の10年後…元アウトローの私立探偵・ヨヨギケンが復活!人工島で発展した映画産業と、拡大するテレビ組織。水面下で進行する、巨大な陰謀とは?ハードボイルドの傑作が、熱くスケールアップして帰ってきました!

作者名:大沢 在昌  集英社文庫(角川文庫:新装版もあり)

ムービーアイランドと称される人工島を拠点に映画産業が隆盛を誇り、一方で「ネットワーク」と呼ばれるテレビ産業が人々の生活を支配する近未来、新東京。報道を牛耳るネットワークで視聴率のために殺人予告が横行するなか、引退した私立探偵のヨヨギ・ケンはかつての友人の依頼を受け、新東京に舞いもどる。予告された殺人は仕組まれた陰謀なのか? 調査を進めるケンが行き着いたのは、人工島・ムービーアイランドだった――。パンドラの匣を開けたケンに容赦の無い運命が迫る。深まる謎、鮮烈なアクション。一気読み冒険エンターテインメント! 『B・D・T [掟の街] 』続編。

今度の舞台は、映画産業に沸く人工島。

戦いに戻った探偵ケンを待つのは、巨大な闇!

スポンサーリンク

さらに舞台が変化度:★★★★★

前作は、近未来の、一部がスラム化した東京で、

ならず者や背後の巨大組織と戦う物語でした。

今作は10年後の、さらに変化した新東京が舞台です。

ホープレスチャイルドといわれた混血児の待遇も、多少は改善し、

東京の街も見た感じは穏やかで清潔。

ケンと一時、タッグを組むのは、何とホープレスチャイルド出身の警官。

まぁ平和になりましたね…と思ったら、いやいや、やっぱり色々あるのが東京でした。

ケンは小笠原に移住し、静かに暮らしていたのですが、

愛する女性が病死し、失意の日々。

そこへ、前作の依頼人、人気作家の美青年ヨシオ・石丸がやってきて、

危険が迫っている、妻の世界的女優アマンダ・李を守ってほしいと依頼してきます。

迷ったケンですが、戦いへと赴くことを決意。

アマンダがいるムービー・アイランドについての情報を得るために、再び東京へ。

そこで、前作で活躍した刑事・池谷に再会し、

テレビ業界を騒がせる、‟双子座キラー”を追うことになります。

現在の日本では、テレビ業界と映画産業が強い力をもっているのですが、

業界の暗部では、とんでもない事態が進行しているようで…。

途中から、ムービーアイランドと呼ばれる映画産業の聖地である、

原発施設のある人工島へ潜入します。

東京でも激しい展開でしたが、こちらも負けじと陰謀&アクション!

前作も近未来ですが、荒廃したエリアでのハードボイルド探偵小説、

というのがメインでした。

今作は、ちょっとディストピアものの雰囲気が…。

見た目は優雅な人工島とか、放送ネットワークの変化とか、未来感が増したからかな?

テレビ業界では、恐ろしいやらせが行われており、

隠遁していたケンも、復帰して今の状況にびっくり。

前作よりも、ボリュームも事件の規模もアップし、

読むのが止まらない、ハードボイルドアクション大作となっています。

「B・D・T」も傑作だけど…個人的には、本作の方が面白かった…!

ケンはまだ30代だし、もっとシリーズ出たらいいのにと思います。

変わらずアクション度:★★★

舞台が変わっても、ケンがある事情で一時期探偵をやめていても、

アクションは変わらないです!

今作も、銃撃戦に爆弾に、またしてもロケットランチャーが…!

日本ですよね?という暴れっぷりは、健在でした。

つぎつぎ襲われるせいで、ブランクがあったケンは、

あっという間に昔の勘を取り戻すのですが(苦笑)

戻さないと死んじゃう事態ばかりだし…。

けっこう大作ですが、スピード感があるし、ハラハラし通しなので、

読み終わるのは、意外と早いかも。

隠された狂気度:★★★★

途方もないお金が動く、映画産業。

映画とテレビネットワークとのパワーバランス。

原発のある島に、封じ込められた諍いの種。

マフィアのビジネス、映画界の帝王、大女優。

巨大な富を生む世界だからこそ、水面下でとんでもないことになってるみたいです!

火種が一気に爆発する、クライマックスは圧巻。

最後に暴き出される、ある人物の狂気にはゾッとしました。

前作のメンバーが活躍するのも、嬉しい!

壮大なスケールの、ハードボイルドアクション作品です!

影絵の騎士 (集英社文庫) [ 大沢在昌 ]
楽天ブックス
¥ 942(2021/05/07 15:40時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました