【SF】悪夢狩り|若者の手に渡ってしまったのは、人間を化け物に変えるドラッグ!事態を収拾させるために呼ばれた男を襲うのは、まさに悪夢の事態だった…壮絶な戦いが始まる!

作者名:大沢 在昌   角川文庫

機関銃の咆哮がダンスフロアを一瞬で血の海に変えた。米国が極秘に開発した新薬、『ナイトメア90』の奪回を企てる工作員による襲撃だった。その薬は、大脳を刺激し人間の戦闘能力を極限まで高めるが、使用した者を人ならざる姿に変えてしまうという。この一部が新種のドラッグとして日本の若者に流れたのだ。フリーランスの軍事顧問・牧原は、秘密裡に事態を収拾するべく当局より依頼を受け、高校に教師として潜入。しかし、「悪夢」はもう始まっていた!

東京で、変異した人間が跋扈する…。

SFホラーアクション映画好きにはたまらない!

スポンサーリンク

ワクワクする設定度:★★★★

盗まれた悪夢のような新薬が、東京の売人に流れ、

それを買った5人の若者に、恐ろしい変化が訪れる。

事態を収拾するために呼ばれたのは、冷静沈着な軍事顧問・牧原。

新薬「ナイトメア90」による変異を止めるけれども服用者を殺してしまう、

「ウェイカー」という薬を使い、

国が強硬手段に出る前に、混乱をしずめようとします。

さらには、未知の「ナイトメア100」まで出てきて…!

ハリウッド映画でよく見ますけど、こういう話好きです。

いや~、怖いけど、何だか見たくなるんですよね!

怖い+アクションって、ドキドキを求めてるときに魅力的…。

変異体とのアクションに興奮度:★★★★★

「ナイトメア90」を使用した者は、遺伝子情報が変化して、人ならざる姿に変異します。

他の生き物に似た、巨大な謎の生物に変わってしまうのです。

本人の攻撃性や性格に左右されるらしく、

怯え混乱して、人間の姿に戻れずに、暴れてしまう者や、

本来の凶悪な性格で適応して、変異をコントロールできるようになる者がいます。

いずれにせよ、銃弾が効かなかったり、ありえないリーチの長さだったり、

攻撃用触手がいっぱいあったり。

人間のルールが通用しない、恐ろしい対決になります!

こういう話は、バトルシーンに突入したら止まらないなぁ。

牧原が強い、かっこいい!

百戦錬磨の兵士という感じです。

続編出てほしい度:★★★

ナイトメア変異体との戦いにより、牧原も思いもよらぬ事態に陥ります。

新薬の開発が完全に終わるとは限らないし、

謎を残したまま消えた人物もいるし、

何だか、続編が出てもいい雰囲気かも…!

ちなみに「ナイトメア」を開発したゾレゴン社、他の作品でも、ろくでもないです。

どっかの作品で、いつかガツンとやられるのかな…。

ヤクザも警察も自衛隊も巻き込まれ、街中で戦闘が!

テンポよく展開するアクションで、さくさく読める作品です。

悪夢狩り 新装版 (角川文庫) [ 大沢 在昌 ]
楽天ブックス
¥ 638(2021/06/27 13:24時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました