【SF】接触|主人公は、愛を求め体を乗り移るゴースト!時代を超えてさまよう魂に、謎の追手が…彼らは、許されない存在なのか?切なく壮大な旅路の果てに、たどり着く結末とは!圧巻のSF長編。

作者名:クレア・ノース   角川文庫

私はケプラーと呼ばれる“ゴースト”――他人に触れると、その身体に乗り移ることができる。
ある時、身体を借りていた女性が、地下鉄の人混みで狙撃された。
私は咄嗟に近くの人へ飛び移り、やがて狙撃犯の身体を乗っ取った。
この男は何者で、なぜ私を狙う?
答えの鍵は、かつての宿主達にあるらしい。
私は、長い長い人生を思い返しながら手がかりを辿ってゆく――。
全世界、あらゆる時代を舞台にした、切なさ極まるSFサスペンス!

時代をめぐる、人の想いがめぐる。

特殊設定の妙手、クレア・ノースはいかが?

スポンサーリンク

時代をめぐるスケール感:★★★★★

ケプラーと呼ばれるゴーストは、ある時代で男に殺されます。

その瞬間に男に「接触」し、乗り移り、

人間からゴーストという存在になってしまったのです!

ゴーストになったのがいつかは、はっきり書かれていません。

1792年のカイロのエピソードがあり、何百年も存在していることは間違いないようです。

長い長い時間を、さまざまな体に乗り移りながら、さまよい続けたある日、

明らかに宿主ではなくゴーストとしての‟私”を狙う、謎の組織に狙われることに。

すべてのゴーストを殺そうとする謎の組織に追われる間、

色々な過去のエピソードが出てきます。

ロマノフ王朝のロシアの令嬢、カイロの権力者…

さまざまな時代で本人になりきり、関わった人たちとの‟愛″ が語られるのですが…。

1つ1つのエピソードが、印象深く、波乱に満ちています。

たまに、”げっ!”となる恐ろしいエピソードも。

「長く生きていれば色んな事がある」とは言いますが、

何百年も存在するゴーストの経験談は、半端ないです!

存在の切なさ度:★★★★★

主人公ケプラー以外のゴーストも、何人か登場します。

ケプラーは昔、乗り移るのに理想的な人間の「不動産エージェント」をやっており、

他のゴーストとも関わるのですが、おのおのに美学とこだわりがあるみたい。

お尻がしまってないと乗り移りたくないとか…わがままなのもいるし。おいおい。

ケプラーは短期間でどんどん体を変えて、

なるべくその人の人生が悪くならないようにするのですが、

長期間居座って人生乗っ取るゴーストもいるから、たまったもんじゃないです(汗)

ゴーストに感情移入するけど、

滅ぼそうとする組織の人間の気持ちも、分かるんですよね。

はた迷惑なのは、間違いないし、私は絶対乗り移られたくないですもん!

その間、自分の人生が消えるし!

でも、ゴーストは、とにかく‟自分”を愛してほしいんです。

美しい人間に、どんどん乗り換えるのも、愛が満たされないから。

ある残虐なゴーストも、求めるのは愛してもらうこと。

さすがに、これはただの悪霊だろ!と言いたくなるくらい暴走していますが。

ゴーストたちも、どう存在したらいいのか分からないんですよね。

そこが、切ない。

世界を旅する度:★★★★

過去のゴーストの旅、現在の逃亡劇。

ゴーストは、いろいろな国を訪れます。

数々の国の都市をめぐり、いろいろな人間に関わる、ゴーストの行動を読んでいくと、

ありえない視点から、世界を旅している気分に

長~く存在するゴースト目線の街の描写は、ちょっとひねくれてますが…。

「時間」と「移動範囲」、どちらも壮大な、長い長い痛切な物語になっています。

ゴーストの存在も、関わる人々も切ない!

ラストも切なく、美しい…。

接触 (角川文庫) [ クレア・ノース ]
楽天ブックス
¥ 1,364(2021/06/28 17:42時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました