【ミステリ】追想五断章|大学を休学中の芳光に、舞い込んだ依頼。それは、父が遺した5つの結末のない物語を、探してほしいというものだった…しかしこの調査が、20年以上前の未解決事件「アントワープの銃声」の秘密を暴くことに!5つの物語に引き込まれ、驚愕の真相へ導かれる、洗練されたミステリ!

作者名:米澤 穂信   集英社文庫

大学を休学し、伯父の古書店に居候する菅生芳光(すごう よしみつ)は、ある女性から、死んだ父親が書いた五つの「結末のない物語(リドルストーリー)」を探して欲しい、と依頼を受ける。調査を進めるうちに、故人が20年以上前の未解決事件「アントワープの銃声」の容疑者だったことがわかり――。五つの物語に秘められた真実とは? 青春去りし後の人間の光と陰を描き出す、米澤穂信の新境地。精緻きわまる大人の本格ミステリ。

苦境を脱するために受けた、父の痕跡を探す娘の依頼。

残酷な物語に隠された意味が解るとき、過去の真実が一気に押し寄せる!

スポンサーリンク

構成にうなる度:★★★

経済的な事情により、大学を休学せざるを得なくなった、菅生芳光。

東京に留まるために、伯父の古書店に居候をしており、

ままならない状況に無気力になった彼は、店を積極的に手伝うこともなく、

失意の日々を送っています。

そんなとき、長野から来たという若い女性・北里可南子から、

ある依頼を受けてくれないか、という相談が。

少し前に病死した父・参吾が昔書いたという、

5つの結末のない物語:リドルストーリーを、探し出してほしいというのです。

復学資金のために、彼女の依頼を受けることにした芳光は、

叶黒白という筆名で書かれた、やや残酷で奇妙な短い小説を、

必死で捜索し始めるのですが…。

叶黒白こと北里参吾は、20年以上前にベルギーで起きた未解決事件、

「アントワープの銃声」で、多くを失ったことが判明。

このころ、幼かった可南子は、ほとんど何も覚えていなかったのですが、

実は5つのリドルストーリーに、事件の真相が隠されていて…。

1章ごとに見つかる遺された物語、進むほど謎めく父の過去、

合間に、妙に印象に残るリドルストーリーがそのまま挿入され、

クライマックスで、一気に暴かれる真相に驚く…精緻なミステリ!

大作というほどのボリュームはありませんが、

無駄なく構成されているな~と感じる、洗練された作品です。

5つのリドルストーリーの魅力度:★★★★★

ルーマニアの町で、おかしな様子の母親に出会ったことから始まる「奇蹟の娘」。

インドの、転生について独特の考えを持つ場所で、

前代未聞の裁判が行われる「転生の地」。

中国・南宋時代の、勇猛果敢な武将に伝わる話「小碑伝来」。

南米ボリビアに住む男が、ある事情で、

山を越えようとした妻と娘を案じる「暗い隧道」。

スウェーデンで、雪に埋もれた若い女の遺体が発見され、

20年ほど前の、ある出来事の記憶が呼び起こされる「雪の花」。

結末のないリドルストーリーですが、作中に、

実は用意されていた、最後の一文が出てきます。

どれも、10ページ前後の短い作品ですが、

何だか意味ありげで、ときには残酷な展開を迎え、印象に残る物語ばかり。

「追想五断章」という作品を構成するための話ですが、

単独で読んでも、けっこう面白い…。

そして、すべての断片が合わさって、最後に謎が解かれたときのインパクト!

まさに大人のミステリ度:★★★★

米澤作品では、「古典部」「小市民」シリーズや、「さよなら妖精」のように、

たとえ主人公が高校生でも、甘くない部分まで、しっかり描かれます。

もちろん、大人が主人公のミステリは、

「犬はどこだ」「儚き羊たちの祝宴」などなど、更にしっかりビター。

そして本作も、ハッキリ言って、苦み渋み強めの、大人ミステリです。

主人公も、他の登場人物も、うまくいかない事情を抱え、

たどり着く真相も、事件が事件だけに、解けてスッキリ!だけで終わらないもの。

読んでいるときに、不安感がまとわりつく作品ですが、

それでも、ついつい読み進めてしまう魅力がありますし、

最後の仕掛けは、さすが米澤さん!なのです。

追想五断章 (集英社文庫) [ 米澤穂信 ]
楽天ブックス
¥ 544(2021/04/24 15:06時点)
ランキングに参加しています。いいね!と思ったら↓クリックをお願いします!
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
タイトルとURLをコピーしました